2018年04月23日

第1271回 ロト6当選結果





本数字 01 11 14 27 39 42
ボーナス数字 (32)




1等一口出て当選金は6億円。748,766,205円はキャリーオーバー中です。



私はと言いますと、15口購入しましたが5等さえ当たらずでした。



投資  3000円
回収     0円




累計  -15800円




日本のどこかに6億円当たった人がいるかと思うと、夢がありますね。





貧乏日記 ブログランキングへ





posted by トモ at 22:28| Comment(4) | ロト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

ロト6のキャリーオーバーが9億円以上




ロト6が9億円以上のキャリーオーバーでロト7が3億弱のキャリーオーバー中。1等がなかなかでないのでキャリーオーバーの額が膨れ上がっている。



数字6個や7個を一致させるのは至難の業。



そう簡単に1等はでない。



至難の業と言いながらもロト6を15口(3000円分)ロト7を10口(3000円分)の6000円分購入した。



夢を買うのだ。



最近、友人と会った時に家族でUSJに行った話を聞いた。私は久しくUSJに行っていないが、USJには入場料と別に並ばなくてもいいチケットが存在するようだ。もちろん有料で入場料と合わせると高額になる。



友人は家族でUSJに行き、並ばなくてもいいチケットを購入して楽しんだことを話していた。私が「勿体なくない?」と聞くと、「時間を金で買う」と誇らしげに言っていたが、介護士の低収入のくせに無理しやがってと思ったが口には出さなかった。



友人は「時間を金で買う」と誇らしげに言っていたが、私は「ロトで夢を買う」





貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 10:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

劣悪な環境でも働き続けたら経営者の思うツボ




転職を繰り返して低収入のままアラフォーを迎えた自分を戒める為にこのような記事を書きました。



石にかじりついてでも仕事を続ける




安易な転職でワーキングプアになり、気づけばアラフォー。転職しても今以上の待遇で雇ってもらえるところがないからです。




でも、劣悪な環境で働いて我慢している人には転職を勧めたい。我慢して続けるのはブラック企業の経営者の思うツボです。



知り合いに小規模デイサービスの管理者がいます。送迎も風呂介助もすべて管理者がこなして、1日10時間労働で休みは週1。そんなに働いてもボーナスなしの有給休暇なしで手取り20万いかない。



会社に対してかなり不満があるようです。



私からすると、そんな環境で働き続けるのか理解できません。私と違って責任感が強いと言えばそれまでなんですけど、我慢して劣悪な環境で働き続けているようにしか見えない。




石にかじりついてでも仕事を続けるに書いたことは、ある程度、まともな会社で働いているアラフォーに向けての記事になります。



20代で劣悪な環境で働いている人はさっさと辞めましょう。



我慢して働くのはブラック企業の経営者の思うツボです。






貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 23:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

我が家の貯金残高(2018年4月20日時点)




4カ月ぶりに貯金残高の公開をします。給料日前ということもあって貯金残高27万円。前回は我が家の貯金残高(2017年12月18日時点)を見ると39万円だったので12万円のダウン。



貯金残高が減った理由としまして夫婦で個人年金に入りました。公的年金だけでは不安な時代なので、老後の足しになればと考えています。



ブログ始めた5年前に比べて多少の余裕は出てきました。5年前は長男の学資保険を支払うのに精一杯でで個人年金に加入することなんて考えもしませんでした。なんせ日々の生活でいっぱいいっぱいでしたからそんなことを考える余裕がないのは当然です。



多少の余裕はあると言いても生活レベルが上がったとかではなく、個人年金に加入できたってレベルですけど。貧乏生活は続きますが、5年後に5年前より余裕がでてきたとかの報告を記事にできたらと思っている。








貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 23:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

デイサービスのハイエナ




株式会社エムグラントフードサービスは、会社設立から6年で総店舗数260店舗以上、売上高で225億円の会社に成長した。創業者である井戸実は大手外食チェーン店などが手放した幹線道路沿いの居抜き物件に手を加えて出店する方式を取り、自らの糧にしていく姿をハイエナに例え、ロードサイドのハイエナと呼ばれた。



ファミレスを出店しようとすると5000万円ほどのお金がかかるが、居抜き物件を利用することで、出店費用を5分の1に抑え、低価格でステーキやハンバーグを提供し、さらにカレーライス、サラダの食べ放題が付いてくるというのが受けた。小資本でも研ぎ澄まされたアイデアがあれば大手に対抗できることを世に知らしめた。



現在は大手の競合他社がステーキのけんと同じような業態で出店。出店場所もステーキのけんを狙い撃ちするように近隣に出店し、大手の資本にやられて現在は半分以上が撤退している。








短期間で飛躍的に成長した株式会社エムグラントフードサービスのやり方をマネできないかと井戸実関連の書籍や動画を研究していた。




そうだ、デイサービスのハイエナになろう




前期の決算で売上減だったので、デイサービスの2号店に関しては慎重になりつつあり話が頓挫しかけていた。出店にそれなりのお金をかけるわけだから私の方も頓挫してくれて有難いと思っていたところ、近隣のデイサービスが次々閉鎖している。



居抜きで借りれたら1店舗目の5分の1の資金で出店できるかも・・・・・



勝算はある。デイサービスの売上が好調で、ほぼ定員に近いとこで稼働できている。定員いっぱいの曜日にケアマネージャーから新規の依頼が来ても定員オーバーになるので断らざる得ないことが多々ある。



人気のあるデイサービスである印象を持ってもらうことはいいこだけど、定員の関係で売上を棒に振るのは機会損失。ちなみに今月に入り5件も依頼を断っている。



1人当たりの客単価が約64000円。定員の関係で約32万円の売り上げを逃している。




居抜きで2号店を出店して、2号店で新規をとりつつ、1号店で溢れた客を2号店に流す。



1号店は手探りで始めたから仕組みを作り上げるのに正直、時間がかかった。でも、手探りで始めたわりに1年でそれなりにものになったし、マニュアルは完成している。1号店のマニュアルを2号店に持っていき、コピーを作ってしまえばいい。



デイサービスのハイエナ




意外と行ける気がする。





貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 22:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする