2017年08月07日

認知症患者が増えることで起こる問題



 平成28年に認知症が原因とみられる行方不明者は1万5千人を超えたそうです(届け出ベース、警察庁発表資料より)。この統計がとられ始めた平成24年以降、認知症行方不明者数は年々増加しており、行方不明者全体に占める割合は2割近くに上ります。下図は、近年の年代別(50台以上)行方不明者と認知症行方不明者の推移を示したものです。70代、80代の行方不明者数と認知症行方不明者数の増加がリンクしていることが窺えます。



夜中にパジャマ姿のお年寄りが歩いていた。声を掛けるも会話にならないので警察に連絡した。その後はどうなったかは分かりませんが、帰宅できていると思う。



認知症の方の鉄道事故


愛知県大府市で2007年、徘徊中に電車にはねられ死亡した認知症の男性の遺族にJR東海が損害賠償を求めた訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)は1日、妻に約360万円の支払いを命じた二審判決を破棄し、家族の賠償責任を認めない判決を言い渡し、JR側の逆転敗訴が確定した。 上告審で遺族側は「家族に監督責任があるとすると認知症患者に関わりを持たない以外に方法がない」として監督責任を否定し、妻は必要な注意を払っていたので賠償責任もないと訴えた。JR側は「介護の方針を決める立場にあった長男にも監督責任がある」と主張していた。




2016年3月8日早朝、宮城県大崎市のJR東北線で線路内にいた男性(当時79歳)が貨物列車にはねられて死亡した。警察によると男性は認知症で、家族によると前の日の夜から行方が分からなくなっていたとのこと。男性は前日に家族と共に外出し、家族が買い物をしている間ひとりで車に残っていたが、買い物を終えた家族が車に戻ると男性はいなくなっていた。家族は警察に連絡して捜索を依頼したが、翌朝男性は行方不明になった店から20キロほど離れた線路内で列車にはねられて亡くなった。




自宅で認知症の方を介護するのは肉体的にも精神的にも大変です。24時間介護が必要になります。個人差はありますが、重度の認知症になると家族の名前すら忘れてしまう。


施設に入れたくはない。住み慣れた自宅で最後までと、考えて施設の入居を拒む人がいます。老人ホームでの虐待報道があると、入居を躊躇する気持ちも分かります。しかし、認知症の方の安全を一番に考えるのであれば施設へ入居することをお勧めしたい。


認知症の利用者が入居後に、24時間介護をしていた家族が「昨日は久しぶりにゆっくり寝れました」と安堵の表情を見たのは一度や二度ではない。


利用者も安全に暮らせ、家族も安心できる施設が増えればいい。





貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 09:03| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

100万PVを集めるために必要な記事本数



ブログを始めて4年半経過した。あまりアクセス数については書いてませんでしたが、100万PVを集める為には何をすればいいのだろうと考えてみた。



kawamurayukaIMGL0432_TP_V.jpg



昔、コメント欄が炎上したことがあります。その時期は過去最高でアクセス数は、月間10万PVありました。最近は若干アクセスが減って、月6万〜7万PVで推移しています。現在、ブログの総記事数は1070記事。月6万PVとすると1記事あたり56PVほどになる。机上の空論ではありますが、1記事の平均を100PVにすれば月間10万PV。そしてブログの記事本数を1万本にすれば100万PV稼げる計算になる。


休みなく1日3記事更新して年間1095記事をストック。1万本まで8930記事だから1095記事で割ると、8年ちょいかかる計算。そもそも毎日、更新できていない私が1日3記事も更新できない。1日1記事だと3倍の24年。


文章力がない私は記事を書き続けてストックし続けるしかないが、24年と考えるとかなり気が遠くなりますね。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 22:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

物欲がないのではなく、お金がないのです



小遣いは月に1万円貰っています。薄給なので、サラリーマンの平均の小遣いに比べるとかなり格安です。結婚すると自分の遣えるお金はありません。家賃、家族の生活費が優先されるので、小遣いを上げてくれとは言えない。


以前に、最近は物欲はないというような記事を書いた記憶があるのですが、物欲がないのではなくお金がないので買えないのが正しいのかもしれない。


末端の営業社員でありましたが、それなりに名の通った大手企業に勤めていましたので、サラリーマンの平均年収ぐらいは稼いでいました。しかし、介護職に転職したことで、高収入を得るということを放棄したのかもしれない。


手取り30万は無理でも、額面で30万貰えるぐらいになりたい。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 21:43| Comment(2) | ワーキングプア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全国的に特養の介護職員不足が深刻化している



要介護3以上の高齢者らが入所する特別養護老人ホーム(特養)で、介護職員不足が深刻になっている。兵庫県内でも人材が足りず、多くの利用待機者がいるにもかかわらず、入所定員を満たせず空きベッドのある施設が少なくない。各施設は求人や処遇改善に知恵を絞るが「介護職は重労働」といった負のイメージもあり、人材確保の見通しは立っていない。

 厚生労働省の委託を受けた民間シンクタンク「みずほ情報総研」(東京都)が昨年11〜12月、開設後10年以内の全国1151の特養を対象に調査したところ、回答した550施設のうち、「職員不足」や「医療的ケアに対応できない」ことを理由に空きベッドがあると答えたのは13・5%に上った。

 姫路市では今年5月末時点で、特養全42施設中14施設で1〜23床の空きがある。同市内のある特養ではここ数年、新規職員をほとんど採用できない状況が続いている。待機者は多いが、現在のベッド稼働率は約85%。採用担当の職員は「待遇を手厚くし、募集も常にかけているのに」と声を落とす。

 神戸市北区の特養でも定員割れが続き、ここ半年間は4〜7床を空けている。「開所以来、これほど長期間ベッドを空けたことはない。人手不足のため、職員に残業や休日出勤を頼むことが増え、心苦しい」と施設長は打ち明ける。

 兵庫県内の別の施設では、職員の離職率を下げようと、夜勤手当や週休3日制の導入など処遇改善に努めるが「新たな人材の確保にはつながっていない」とする。

 同県内の特養の待機者数は約1万5千人(2016年4月時点)。団塊の世代が75歳以上となる2025年までに、県は特養を3万2千床にする計画で、16年度末で2万5千床まで増やした。介護離職ゼロを目指し目標を20年に前倒ししたい考えだが、人材不足はこの計画にも影を落とす。




特養出身の人が、辞める理由で多いのは人間関係だと言っていた。重労働ではあるけど、それを理由に辞める人は意外と少ない。業務が機械的になるので、それについていけない人はターゲットになっていじめられる。
そして退職して人手不足が続くというわけです。そういった環境の施設は求人を出しても応募が来なくなって人手不足が永遠に続きます。


特養でも人間関係の良い施設は離職率は低いです。求人だしてもすぐに応募が来ます。ずっと、求人を出している特養は要注意です。


特養で3年働くと、特養で働いたことで転職がしやすいと聞きます。特養で3年ぐらい経験積めば、ある程度の介護技術は身に付くので即戦力として期待されます。ただ、仕事が雑や接遇面には難がありますけど。


特養の人手不足からだいぶ話がそれましたが、人間関係の悪い職場だった場合は経験積んで、サッサと辞めるのが一番いいです。



貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 00:51| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

村田諒太がアッサン・エンダムとの再戦が決定



10月22日に東京・両国国技館で、WBA世界ミドル級王者アッサン・エンダムと五輪ミドル級金メダリストでWBA同級1位の村田諒太の再戦が決定した。5月20日に有明コロシアムで行われたWBA世界ミドル級王座決定戦で、不可解な判定との報道が多々あり、WBAのメンドーサ会長が判定を批判する声明文を出して、エンダムの勝利を支持したジャッジ2人を6カ月の資格停止処分にしている。


せっかくWBAミドル級のチャンピオンになったエンダム選手もWBAのトップが声明文を出し、不可解な判定と報道されたら勝った気がしない。私は日本人なので当然、村田選手を応援しますが、あれだけ各方面から叩かれたエンダム選手にも頑張ってもらいたい。


前回の試合では有効打をとるか、手数をとるかで判定が割れてしまった。私は有効打の多い村田選手が優勢に見えましたが、見る人によってはエンダムが優勢と取るのかもしれない。私の見解では、村田選手の手数の少なさは、勝ちを意識し過ぎた為、少なくなったと、考えている。


ダウンも獲ったし、無理に攻めてラッキーパンチを貰い形成が逆転を恐れた安全運転のように見えた。現に詰めるとこで詰め切れていなかった。村田選手はロンドンオリンピックの金メダリスト。KO勝利より、勝つことに拘ったのかもしれない。KO勝利だろうが、判定勝利だろうが世界チャンピオンとして名を刻みたかったのかも。それだけ、ミドル級の世界戦は誰でも挑戦できることではないのです。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 23:05| Comment(0) | ボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする