2018年06月23日

借金は身を滅ぼす




ロッテの大嶺翔太選手が借金が原因で任意引退した。色んな人からお金を借りて金銭トラブルになっていることをコメントしている。




大嶺翔太選手は球団を通じ「今回、自分のプライベートな部分でいろいろな方にお金を借りて返せないという金銭トラブルが発生し、多くの方にご迷惑をおかけしてしまったことを深くおわび申し上げます。こんな自分を応援していただいたファンの皆様、そして期待をかけていただいた井口監督、再三、注意と指導をしてくださった球団の皆様の思いを裏切る形となってしまい大変申し訳ありません。全ては自分のプロ野球選手としての自覚のなさから出たものだと思います。これを受けて、今、自分に出来ることは環境を変え、気持ちを入れ直すことだと決断しました」とコメントを発表した。





26歳で推定年俸1000万円。同年代と比べても収入は多い。




借金の原因はギャンブルにのめり込んで作った可能性が高い。









野球しかしてこなかった若者が野球を辞めて借金を返済していけるのか?



下手すると自己破産の道を辿ることになる。もしかすると自己破産で借りていた人に迷惑がかかるので引退の道を選んだのかもしれない。





貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 23:41| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

車検に78000円




車を車検に出してきた。車検を通すだけなら5万ぐらいでできると言われましたが、何ヵ所か気になるとこあったので、整備してもらったら78000円。これからも長く乗る予定なので、全て整備してもらった。



2年前、ディラーに車検を出したけど、倍近い金額を取られた。私はブログでディスるのが好きではないが、〇産はクソだとだけ言っておく。この車が駄目になったら日〇は絶対に買わない。新車で購入したけど、リコールや純正のカーナビ不具合、エアコンの温度調節のボタンが購入して3か月で壊れるなどがあった。



トラブルだらけのくせに有償とか抜かすので、お客様センターに電話したら対応がクソ悪い。金輪際、〇産は買わないし、横浜Fマリノスが嫌いになった。



こういう感じで、顧客って離れていくのだろう。



デイサービスも利用してもらって終わりではなく、長く通い続けてもらえるような対応をしないと。





貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 23:18| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

理不尽な嫌がらせは相手にしないほうがいい




数日前にある方からコメントを頂いた。コメントを承認しないで欲しいと希望されていたので、詳しくは書かないが、とあるの施設で働居ている方で理不尽な嫌がらせを受けているとのことだった。デイのスタッフにも同じような経験をしている人もいれば、私自身も同じような嫌がらせを受けたことがある。私もデイのスタッフも転職することで回避した。



そういう会社の経営者はアホが多い。現場を問題のある人間に管理者を任せて自分はノータッチ。離職率が高かろうが、募集したらよいという考え方で、何年も同じ規模で経営をしている。そんなとことは早く縁を切って新しい職場を探すのが一番。




私は、ちょうど2年前に退院してから訪問介護事業所のサ責に腰掛のつもりで入社した。トントン拍子に物事が進み入社2年足らずで係長に昇進。現在は2店舗目のデイのオープンを予定している。傍から見れば、順調なサラリーマン生活を歩んでいるように見えるかもしれないが、気苦労が多い。4月から本社で勤務、月末は実績の関係でデイサービスで勤務する。ほとんどが本社勤務なので本社にいる時は気を遣う。ぶっちゃけ、私のことを良く思っている人は少ない。今回の昇進したのも役員の判断。私に近い立場の人間は、私の出世を疎ましく思っているのが伝わる。



でも、妬みなんて余裕で乗り越えれる。介護の現場で理不尽な嫌がらせを受けていた時期と比べると屁とも思わない。数カ月という短い期間だったが、会社に行くのが嫌で嫌で顔を見るだけでも胃が痛かった。



今では、あの経験があったから辛いことを乗り越えれる糧になっているが、あの時は辛かった。



職場で人間関係、理不尽な嫌がらせを受けている人は一刻も早く転職をした方がいい。我慢していると、身体が持ちませんから。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 21:58| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

阪神大震災を思い出すような揺れ



大阪府北部で震度6弱の地震が起きた。私はその時、家を出ようとしていた玄関で強い揺れが起きたので慌てて妻と子供の元に走り、テーブルの下に避難させた。



ぼろい家だけど、被害はなかった。



デイサービスに連絡。本社で勤務する予定だったが、急遽デイサービスに直行。車でデイサービスに向かっている時に阪神大震災を思い出した。



現在、電車は動いていない。電車通勤のパート職員を途中で乗せてデイサービスに到着。8時前の出来事だったので、スタッフは送迎に行く為、車に乗り込もうとしてた時に起きたとのことでケガはなし。



デイサービスも棚が倒れたぐらいで大きな被害はなかった。



本社に連絡して今日はデイサービスで勤務することにする。





貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 09:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

それぞれの第二の人生




元ソフトバンク・森本学さんの第二の人生 介護の道を選んだ理由





ソフトバンクホークス一筋で9年間プレーした森本学さん。一軍通算375試合に出場。打率.234、1本塁打、52打点はプロ野球選手として大成功とはいえない数字ではありますが、プロ野球引退後に介護事業の経営者になっていた。会社名は株式会社フォレストブック。介護・福祉を主な事業としており、デイサービス施設やケアプランセンター、リハビリ特化型デイサービス施設を次々とオープンさせている。



プロ野球選手が引退して野球に携われる人は一握りの人間。ほとんどの人が第二の人生を歩む。株式会社フォレストブックは2012年に設立されている。私が介護業界に転職をした年の翌年。



介護という事業に目をつけたのはよかったのかも知れない。私も介護事業での独立を夢見たことはあった。今は雇われではあるが、デイサービス1店舗を任されて2店舗目を出す準備をしている最中。独立するという夢は絶たれてしまったが、今はデイの事業を伸ばすことだけ考えている。



森本学さんにとってプロ野球選手引退からの第二の人生かもしれない。転職を繰り返して定職につかなかった私にとっても今は第二の人生と考えている。



経営者と雇われでは立場は違うが、同じ地域でデイサービスを開業して戦ってみたい。





貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 21:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする