2017年09月16日

最後まで足掻きます



ケアマネの受験票が届いた。ケアマネの試験まで1か月を切っているというのに、全く勉強をしていない。


ブログを更新している場合ではないのだけど・・・・


今年はデイサービスの立ち上げと管理者になったということで、なかなか忙しかった。


私なんかより忙しい人はたくさんいると思いますが、二つのことを同時にやるという器用さを持ち合わせていないので、ケアマネの勉強は後回しになりました。


来年から受験資格が変わるというのに・・・・


介護福祉士の試験と違って難易度が高い。一夜漬けで合格など無理です。


最後の最後まで足掻きますが、間違って合格とかにならないかな?




貧乏日記 ブログランキングへ




ラベル:試験 ケアマネ
posted by トモ at 21:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人間の寂しさにつけこんでお金を奪うケアマネ



 
介護を担当した80代の高齢女性の預金や自宅を不当に取得したなどとして、神戸市は15日、同市東灘区住吉南町2の居宅介護支援事業所「オネスト」を指定取り消し処分とした。取り消しは10月1日付。

 同市によると、同事業所の管理者兼ケアマネジャーの女性(56)は2004年から、市内で別々に住む姉妹の介護を担当。女性は10年に姉が介護保険施設に入所後、預金1千万円以上を引き出し、姉の自宅を女性名義に変更した。姉は13年に死亡。女性はその後、妹と養子縁組して生命保険金の受取人になったほか、預金3千万円を引き出すなどしたという。

 市は、女性が手にした金額が介護サービスの適正な対価を上回り、姉が重度の認知症だったため同意はなかったと判断。妹についても「同意があったとしても社会通念に照らして不当」とし、経済的な虐待行為に当たると判断した。

 妹は今年4月、民事訴訟を経て女性との養子縁組を解消。妹の親族が市に連絡して発覚した。女性と事業所を運営する夫(63)は市の聞き取りに「姉妹と公正証書を交わし、同意も得た」と説明しているという。




ケアマネが担当の利用者の預貯金を勝手に引き下ろして、不審に思った親族が調べて逮捕される事件がありますが、この事件は公正証書を交わして養子縁組に入るという計画的な犯行。子供のいない高齢者は寂しい。子供がいたとしても子供が滅多に会いに来ない人もいる。優しくされると心も許すもの。


そういった寂しさにつけこんで、不当にお金を奪うのは許されない。


子供と離れて暮らす高齢者が、毎月100万単位で預金を下ろして遣っていた。離れて暮らす子供が問いただしても「ほっといてくれ」の一点張り。子供が調べたところ、40歳以上も年の離れた女性が高齢者の自宅に出入りしており、高齢者が会うたびにお金を渡していたことが判明。渡した金額の総額は2000万円。


怒り狂った子供は民事訴訟を起こすも父親に怒られて、訴訟を取り下げ。その高齢者は、血の繋がった子供より2000万円を渡した女性の方が大切だったということ。


結果、子供は渡した2000万円は諦めて、その高齢者を引き取った。


核家族の急増に結婚をしない人が増えてくる日本では、こういった人間の心理をついてお金を得ようとする人は増えていくでしょう。




貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 21:35| Comment(2) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

東京地裁の判決に胸をなでおろす



朝鮮学校を高校授業料無償化の対象から除外したのは違法だとして、東京朝鮮中高級学校高級部の卒業生が国に損害賠償を求めた訴訟で13日、東京地裁が原告側の請求を棄却した判決を受け、文部科学省内には安堵感が広がった。



7月28日の大阪地裁判決が国に無償化適用を命じた判決が出たので、どうなるかと見守っていましたが、東京地裁の裁判官は正しい判決を下した。


この判決に対して、大学4年の男子学生(21)は「民族教育が否定され日本で朝鮮人として堂々と生きる権利も奪われた。これから朝鮮人として育つ子供の未来や笑顔を全て奪った判決に憤りを隠せない」と述べた。女子学生(22)は「当然勝てると思って楽しみにしていた。悔しい思いでいっぱい。絶対にここで終わらない」と語り、目に涙を浮かべた。


私には在日韓国人、在日朝鮮人の知人がいる。ちなみに従妹のお姉ちゃんは在日韓国人の家に嫁いでおり、1年に1回は従妹のお姉ちゃんに招いてもらい韓国料理をご馳走になる。人種差別などしない人間であることを踏まえて発言させていただく。


「日本で朝鮮人として堂々と生きる権利も奪われた。これから朝鮮人として育つ子供の未来や笑顔を全て奪った判決」と語る大学生に言いたい。


脱北した人は、北朝鮮には人間としての権利、自由はないとテレビで語っている。そういった現状を理解していないのか? 


脱北者がテレビで顔出しをして北朝鮮の現状を話すのはリスクがある。いつ、どこで何時、危ない目に合うか分からない。それを覚悟してテレビで発言している。 


北朝鮮で住んだことがない人間が、朝鮮人として生きる権利を奪われたなどよく言える。



北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会は14日の声明で、日本列島を核兵器で「沈める」と警告するとともに、最近の核実験に対する追加制裁決議を行った国連を破壊して「廃墟と暗黒」にすると威嚇した。国営の朝鮮中央通信(KCNA)が報じた。



日本については「4つの列島でできた国は、主体(チュチェ)思想の核爆弾で海に沈めるべきだ。日本はもはや、わが国の近くに存在する必要がない」と発言している。


このことについて、大学4年の男子学生はどう考えるのか? 日本を海に沈めようと威嚇している国の思想を教える学校に税金を投入することはできない。


それでも朝鮮人としての権利や誇りを主張したいのであれば、自由や権利のない北朝鮮に帰国することを勧める。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 23:13| Comment(4) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

年金の支給開始年齢を75歳に引き上げたら生活保護受給者だらけになる



政府が年金の支給開始年齢を75歳に引き上げようと検討している。60歳で定年退職したら15年間、65歳で定年退職すれば、10年間は無収入で貯金を切り崩さないといけません。70歳まで働けということでしょうか? 年金の支給開始年齢を75歳に引き上げると、今より生活保護を受給する人は確実に増える。


高度成長期の時代は現役世代10人ぐらいが1人の高齢者を支えていましたが、そう遠くない未来に現役世代1人が1人の高齢者を支えるという時代が来る。


現役世代が高齢者を支えるシステムは破綻の方向に向かう。膨張する社会保障費、年金の財政が枯渇。借金を借金で返済し続ける自転車操業。ペダルを漕ぐのを止めると破綻コースへまっしぐら。


私の両親ぐらいの世代は、年金を貰って悠悠自適に生活している。家のローンもなく払うのは固定資産税ぐらい。父親の話では、それなりの生活をしてもお金が余ってしまうぐらいの年金を貰っているとのこと。


現在、年金を貰っている人達は破綻する前に逃げ切ることはできるが、30年後の日本はどうなっているのだろう。現在37歳の私は、30年後は67歳で非正規社員として働いており、今より貧しい生活をしているのが想像できる。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 21:30| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

一人夜勤中で虐待は起こる



 北海道旭川市の有料老人ホームで入所者の80代の女性に殴るなど暴行を加え、けがをさせた疑いで介護職員の27歳の男が逮捕されました。男は「介護の仕事をしていただけ」と容疑を否認しています。
 
 旭川市末広の有料老人ホーム「大地」の職員で自称・介護士の伊藤純容疑者(27)は先月22日の夜、施設のホールで入所者の80代の女性に対し、顔を殴るなどの暴行を加え、2週間のけがをさせた疑いがもたれています。翌朝、別の職員が、女性がけがをしているのを確認しました。当日の夜、勤務していたのは伊藤容疑者だけだったということです。伊藤容疑者は「介護の仕事をしていただけ」などと容疑を否認していて、警察は裏付け捜査を進めています。




虐待の報道から施設での虐待は夜勤中に行われることが多い。


旭川市末広の有料老人ホーム「大地」は、定員22名の住宅型有料老人ホーム。民間が経営する施設で22名ぐらいであれば、一人夜勤が当たり前。二人夜勤は珍しい。


施設での一人夜勤は他の職員の目がない。そういった他人の目がないことを逆手にとって、介護職員のストレスが弱い立場の人に向けられる。


施設を運営する側からすると、定員22名程度の施設で二人夜勤するのはコストがかかるので、30名以下の施設では、一人夜勤で運営するとこが多い。酷いとこでは、入居者40名で一人夜勤をしている住宅型有料老人ホームもあるぐらい。


営利目的で運営しているのは分かるが、人命を優先させるためにも二人夜勤を推奨したい。



貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 23:32| Comment(2) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする