2019年10月27日

生活費8万円はせこすぎるよ小室さん




小室哲哉とKEIKOが離婚調停中で、今年に入り5回も調停が行われている。二人は婚姻関係にあって、別居中の生活費である婚姻費用が月8万円とのこと。なんだかんだで推定年収1億円はある男からすると、8万円しか渡さないのはせこすぎる。


せめて20万円ぐらい渡しても罰が当たらない。


小室は家賃100万円の高級マンションで生活しているらしい。庶民の感覚で言うと、50万円のとこに住んで節約すれば50万円の生活費を渡せる。



たぶん、これ以上生活水準を下げれないんだろう。



小室の全盛期は、高級車数台とか海外に別荘を保有してたりとか、飛行機のファーストクラスを貸し切るとか、尋常じゃないお金の遣い方をしていた。家賃100万円が彼の最低ラインなのかも。










小室は3回結婚している。初婚はアイドルのキララとウララの大谷香奈子と結婚するが4年で離婚。2回目はdosの吉田麻美で1年足らずで離婚。そして3回目がKEIKOというわけだ。



3回も結婚できるのは、小室哲哉に魅力があるんだろうけど、結婚に向かない男ですね。



知り合いにバツ2の男性がいますが、一緒に住むと嫌なところが見えてきて一緒に住むのが嫌になってくると言っていた。その人も高身長でビジュアル的にイケメンと呼ばれる部類に入ると思うけど、典型的な結婚に向かない男。そういや両方に子供がいるけど、養育費なんか渡していないと言っていた。



それなりに稼いでいるので、月3万ずつぐらい渡せるけど、別れた女房にはびた一文渡したくないのだろう。



私は離婚経験がないし、する気もない。強いて言えば、不倫されたり男を作って出て行かれた時は、ビタ一文払いたくないかもしれない。






貧乏日記 ブログランキングへ








posted by トモ at 10:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月26日

アルバイト先で老害にだけはなりたくない



飲食店で週2回アルバイトをしている。2万円に満たないアルバイト代なので、辞めようかと思ったりしたこともあったけど続けている。最初は要領が分からなかったので時間に追われていたが、今はだいぶ掴んできた。アルバイト中に暇になる時間もできてきたので、それなりに働いてる。



学生やフリーターのアルバイトからは、冴えない中年サラリーマンだと思われていたみたいだけど、要領良く仕事をしていると、不思議と仕事ができるように見られてくる。今は何故、アルバイトに来ているのかと聞かれる。私は先輩風ふかすつもりは毛頭ない。自分の小遣い欲しさにやっていることを正直に伝える。むかし、アルバイト先で年食っているだけの奴がいて先輩風を吹かされた経験があるので気をつけている。










アルバイト先は粉物商売。1日の売上から月商を計算する。タイムカードを見て人件費、家賃、原価を考えるとこれくらいの利益はでるだろうなと想像できる。実際のところ、オーナーに聞くと税理士や税金の支払いなどを払うと手元に残るお金は屋とわれに毛が生えた程度らしい。それを聞いて個人事業主を厳しさを知った。



チュートリアルの徳井の脱税話をしたところ、あいつはアホだと言っていた。



オーナーも脱税しているのですかと聞くと人聞き悪い。節税はしているけどなと返ってきました。



オーナーが言うには節税しないと、税金に殺されるかもしれないぐらい税金を支払わないといけないらしい。








貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 15:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月17日

自分の能力が衰えた時にどういう対応をするか




介護の現場から完全に離れて半年が経ちました。今は2店舗の人、物、お金のマネジメントをしています。課長になった時はやることがそんなになくて暇していましたが、今はなんだかんだでやることが多く、仕事って与えられるではなく自分で探すものなんだなと思います。



現場で働いていた最後の方は能力の衰えを感じていました。単純なミスをするし。例えば、あってはならないミスで担当者会議があることを忘れてたりしてすっぽかしてしまったこともあった。


一つのことをやると、他のことを忘れてしまうことが多かったです。要は同時進行ができない、複数の仕事を処理できなかったです。その上、自分のスケジュールさえ管理できなくなりました。



一度のケアレスミスは謝って許してもらえますが、それが続くと信用をなくします。









20代の頃ではなかったようなケアレスミスをしてしまう。能力の低下を実感して自信を喪失することもありました。自信がなくなってくると、ミスしないようにということばかり考えるので、次の手が打てないこともあったり、ミスしないようにしていて小さなミスがあったら、ミスがミスを読んで連発してしまうこともありました。



自分の能力が衰えた時は能力の高い人を配置することが最善策なんだと実感しています。そして私は得意な事だけに集中して全体を伸ばすと。



良いタイミングで現場から抜けれたと思います



なんだかんだで、あと20年は働かないといけません。40代になると、もっと能力の衰えがあるでしょう。50代になると顕著に出ると思います。



自分の能力が衰えた時にどういう対応をするかが大事ですね。





貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 23:20| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月16日

会社ごっこの未来は




私の働く会社は中小企業です。役員をガッツリ身内で固めた構成で、同族経営丸出しな組織になっています。



転職が多い私でも雇ってもらえて、短期間である程度のポジションまで出世できる。中小企業の魅力ではありますが、若くてそれなりの能力がある人には魅力はない。



妻は、結婚前も結婚後も転職する私に対して、この人は一生転職をし続けるんだろう。ワーキングプアから抜け出せないと諦めていた。そんな夫が、なんだかんだで課長になったことは、かなりの驚きらしい。



課長とかではなく、一つの会社で10年勤めることができない人間だと思われていた。



ここだけを聞くと、なんて好き勝手言う嫁と思う人もいるかもしれませんが、10年以上一緒に暮らして間近で私をまたいる人間からすると、そりゃそうだってなります。



やっていることが無茶苦茶でしたから。よく、私に付いてきたなと思います。



何が言いたいかって言うと、私みたいな転職回数が多くて社会からドロップアウトしかけている人でも出世できるのがズブズブの同族経営で、未来ある若者からすれば会社ごっこをしながら運良く生き残った会社として映るでしょう。



役職ついたら、まず降格することはない。故意でなかったとしても、数百万の損害を会社に与えて注意されただけで済む。



人がいないので能力がなくても、ある程度の年数在籍しているだけで役職がつける。



たまにいい人材が入社しても、こんな人間の下では働きたくないと、見切りをつけて辞めてしまう。



社長一族に気に入られてしまえば、この会社で生きていくのは安泰。能力がなくても係長くらいまでは上がれる。



2025年問題で需要があるから、いますぐ倒産って話はありませんが、会社が成長するのは想像できない。





貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 22:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっぱり容姿が大事だわ




以前に書いてたテレビ出演の話ですが、バッチリ放送されました。家族で映ったので嫁も子供も喜んでいました。



カメラの前で1分ぐらいトークしましたが、トーク場面は使われませんでした。



トークは使われなくて残念だなと思い、録画していた番組を巻き戻しして見返すことにしました。トークが使われなかったことよりちょっと、ショッキングな出来事を発見してしまいました。



どう見ても、隣で黙っていた妻の方がメインで映り、私はオマケ的な扱いで映っていました。あと、私より長男の方が映ってた。妻は世間一般では美人の部類に入り、私なんか不細工です。やはり、テレビですよね。見栄えが良い方を映したんでしょう。



放送を確認して、なんだかんだで容姿って大事なんだなと思いました。











人は見た目が9割という本があります。100万部以上売れたベストセラーの本です。私は読んだことがありませんが、多分、見た目で決まる的なことを書いているのでしょう。私が読んでも「やかましいわ」「そんなこと言われんでも、分かっているわ」とツッコミを入れるだけです。



なんだかんだで、容姿で損をしてきた人間です。学生時代に技術家庭科という授業があり、男子生徒はオルゴールを作りました。かっこいい男の子は女子生徒から「ちょうだい」ってねだられていましたが、私には声一つかからず。



卒業式のボタンとかもそうです。そこまでイケてない人間でも一個くらい女性に取られていました。モテている奴なんか、学生服のボタンを全部取られていました。私は一個も取られることがなかったので、自分で一個引きちぎって捨てました。



帰宅後、母親から「誰かにあげたんや」と声かけられ「まあな」と返事したことはかなりトラウマとして残っています。










福山雅治みたいになりたいとは言いません。ただ、もう少し、かっこよかったらなあとは思います。テレビを見る方ではないですが、竹内涼真や福士蒼汰なんかを見ると、こんな顔に生まれてたら最強だなって、二児の父親になっているけど、思います。



ある程度の顔だったら、そんなことは思わない。



顔に関して言えば、コンプレックスの塊なんだろう。でも痩せたら今よりはマシだと思う。



テレビで自分の醜さを改めて確認して痩せようって誓いました。




貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 22:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする