2019年03月04日

仕事が楽しくない時は小さな目標を立てると良いです




21歳で就職してから仕事が楽しいと感じたことがありませんでした。だから結婚までに転職10回、結婚してからも職を転々としていたのです。労働は嫌い。働くのは生活の為にしょうがなく働くというスタンス。



今は仕事に対して、それなりに充実感を得れている。前みたいに転職を考えることもない。



何故、仕事に充実感を得れるようになったのか?



それは目標に向かって仕事をしているからです。



3年前の入院を経験して、給料が安くても細く長く働ける仕事として訪問介護事業所の門を叩きました。サービス提供責任者として手取り20万円の生活。妻もパートに出て、貯金を切り崩しながらも家族4人でなんとか生活していました。



日々の生活苦から車を手放そうと思ったこともある。



実家に帰って同居を考えたこともある。



そんなギリギリの生活を余儀なくされていた時にひょんなことからデイサービスの管理者に抜擢されました。



組織のトップになる。



有料老人ホームの施設長時代は重圧から逃れる為に転職をしましたが、今回は何があっても逃げないと決めました。



私は小さな目標を二つ立てました。



一つはデイサービスの黒字化。



二つ目は年収400万円です。



ただ、働くのではなくて、この二つの目標に向けた動きをしました。



黒字化は1年以内に達成。



年収400万円は昨年に達成しています。



小さな目標は二つとも達成しています。



小さな目標を立てた理由は、目標が大きすぎた場合、途中で諦めてしまう可能性があったからです。



頑張れば達成できる目標であれば、人間は頑張れます。



例えば、100キロ走ったら100万円が貰えると、10万キロ走ったら10億円貰える。



どちらに挑戦しますか?



10億円貰えたら一生食っていけますけど、10万キロを走ることなんか不可能。



100キロの方が現実的ではないでしょうか。



頑張れば達成できる小さな目標を立てて達成していくことが楽しくなる秘訣になります。





貧乏日記 ブログランキングへ





posted by トモ at 23:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

松屋で660円の夕食



今日は外で食べたい気分だったので松屋で牛丼特盛、生野菜を食べた。ちょうど、ご飯時だったのか、店内は混雑していて出てくるまでに10分くらいかかった。



以前だったら牛丼ごときで10分も待たされると、苛々したものですが、今の私は違います。



何も考えずに周りにいるお客さんを観察しながら待てた。



牛丼を一気に掻き込み、店を出る。ローソンの前でタバコを2本吸って、ゆっくり帰宅。妻は子供とテレビを見ていて「ただいま」「おかえり」だけの会話をしてそそくさと部屋に行く。



特に話すこともないので、部屋に行きました。私の勤めている会社が大手企業であれば、転勤で単身赴任を希望したい心境です。



そういえば、妻とLINEをすることもなくなった。用件と了解だけで済ましている。どんどん溝が深まっている気がする。




貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 23:15| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

離婚ドッキリなんかすると大変なことになる



たまたま、水曜のダウンタウンを見てました。漫才協会のベテラン漫才師にドッキリ解散話を仕掛けるという奴です。



1組目は東 京丸・京平の漫才師。ドッキリを仕掛けるほうが体調が良くないので解散したいと切り出すと、仕掛けられる側は、病院でMRIを受けたらとか、解散したとしても他の人間とコンビを組む気にはなれない、お前と売れたいなどを伝えて必死で説得をしていた。



ナイツがドッキリの看板を持って現れた時は、仕掛けられた方が涙を浮かべていたぐらいです。47年連れ添った漫才コンビには深い絆みたいなものがあるのだなと、ジーンと来るものがありました。



2組目はおぼん・こぼん。この二人は8年くらい話をしていない。漫才の舞台で殴り合いをするくらい仲の悪いコンビ。仕掛け人がドッキリを仕掛けるどころか説教をしてしまい、仕掛けられる側はそれに対して「じゃあ、辞めてスッキリしよう」と、言う始末。仕掛けられる方から解散を告げるという最悪のパターンになってしまった。



ナイツも大慌てで二人に謝っていたが、ドッキリの要素はない。解散こそは回避したけど、後味の悪い結末。VTRの検証後に松ちゃんと小藪が全力でフォローしていた。



そんなドッキリのバラエティーを見て、ふと思いました。妻に離婚ドッキリを仕掛けたらどうなるのかなと。私は芸能人ではないしカメラも回っていないので誰も得しないことはしませんが、仮にやったすると、後者であるおぼんこぼんのような結末になるのは目に見えている。



単なるドッキリ検証の企画でしたが、そんなことを考えてしまいました。





貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 00:09| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

フラリーマンになりつつあります



真っすぐ家に帰らないサラリーマンが急増しています。30代、40代のサラリーマンが多くて「フラリーマン」と呼ばれています。



数年前にNHKで特集されているのを見た時は、そんな人もいるのだなと、思ってはいました。そんな私も立派なフラリーマンになりつつあります。



帰宅恐怖症ではないのですが、極力、自宅での滞在時間を減らせるかの努力しています。帰宅して飯食って風呂入って、すぐに自分の部屋に向かう。接触しなければ、言い合いになることもないので、できるだけ妻と接触しないように心がけている。



自分と同じようにしているお父さん連中はどれくらいいるのか考える時もあります。



19時くらいにスーツを着て結婚指輪している人が、1円パチンコを打っているのを見ると、妙に親近感が湧く。あなたも真っすぐに帰りたくないんだなと、話しかけたくなる。



今のところ、晩御飯は自宅で食べているので、外食するようになったら離婚の危機であると考えて行動します。





貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 23:52| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

夫婦仲に亀裂ができました




最近、妻と言い合いになることが増えました。教育についてやら、子供と過ごす時間をもっと作って欲しいとか、家庭的ではないと言われて、挙句の果てには給料が安いとまで言われて、かなりむかついています。



「給料が安い」は言ってはいけない言葉だと思います。



妻が子育てに専念するために、身を粉にして働いてはいるつもりでしたが、妻には分かってもらえてない感じです。



「誰のおかげで生活できているねん!」と、言いたいところでしたが、転職に関して散々、迷惑をかけているので堪えました。



一方的に言われると、「離婚」の二文字が頭を過ぎります。



仲の良い夫婦が別れるのは、こういう些細なことから離婚に発展するのだろうと思ったり、なんで結婚したんだろうと考えてしまう。



子供が二人いるので離婚することはないですが、次男が成人を迎えてこの状況が続くのであれば、可能性はあるかもしれません。



子供のことを第一に考えて、一方的に言われるのは一時的のことだと解釈します。



妻とはあまり接点を作らずに当たり障りなく生活していこうと思います。





貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 22:56| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする