2017年04月08日

私に春は訪れるのか



デイサービスの管理者になるということで、会社と雇用契約を結びなおした。4週8休で、基本給が少し上がり、管理者手当などがついて全体的に給与は上がったが、競合する市場で介護事業をしないという契約のおまけもあった。競合する市場で介護事業をしないという(ある一定期間を設けている)文言を見た時は署名するかを躊躇った。年齢も37歳であること、新しいことに挑戦することで失敗するリスクを考えると、この会社に骨を埋めるのも悪くはないかと考えた。


施設の介護職などで転職活動をすれば、今でも転職する自信はあります。でも、自分の年齢が40歳に刻々と近づいてくるとなると、20代の時みたいに安易に転職を考えて退職するとドツボに嵌まるような気がするのです。特に私みたいな人間が起業なんかすると、借金をこさえてにっちもさっちもいかなくなる可能性だってある。



0I9A093815030132ryouude-thumb-1000xauto-19187.jpg



サービス提供責任者の給与は妻が始末してカツカツの生活でした。妻の遣り繰りのおかげでなんとか借金せずに生活はできましたけど、子供がどんどん大きくなると私の給与だけでは足らず、妻がパートに出て助けてもらわないといけない。


デイの管理者として新たに契約した待遇は、始末しなくても普通にやってればなんとか私の給料だけでやっていけそうな金額。そして私が通勤時間を我慢すれば、妻の収入は丸々貯蓄に回せる。パート代は年100万ぐらいは稼ぎそうだから年間100万ペースでの貯蓄。こうなってくると、将来の見通しも少し明るくなる。


施設長の仕事から逃げて転職したり、病気になったりと、不安定な生活が続きました。不安定な生活の期間は自分の人生の中でもこんなにうまくいかなかった期間は初めてで、歯がゆい思いもした。一からデイサービスを立ち上げることは生易しいものではないと思っていますが、長かった冬の時代が終わろうとしている。デイサービスを軌道に乗せて春を迎えたいです。




貧乏日記 ブログランキングへ





posted by トモ at 00:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

生涯未婚率が上昇中



 50歳まで一度も結婚したことがない人が2015年に男性で4人に1人、女性で7人に1人いたことが、国立社会保障・人口問題研究所の調査で分かった。こうした人の割合を示す「生涯未婚率」は、10年の前回調査から男女とも3ポイント以上増えて過去最高を更新した。




施設勤務時代に20代の男の子らと一緒に仕事をしていた。自分より年が離れれば離れる年下ほど、女性と付き合うことに興味がない子が多かった。中には結婚なんかせず、一人で生きていくということを決断して生涯独身宣言をするものまでいた。


介護という仕事柄、独り身は高齢になった時に困ることは理解している筈。しかし、自分の稼いだお金で他人を養うことより今が楽しければいいと考えているのだろう。誰が言い出した知らないが、「結婚は人生の墓場」という名言もあるので、結婚に対して否定的になる。


考え方はひとそれぞれですが、訪問介護で独居老人、生涯未婚の老人と接する機会がある私から言わせると、「結婚はしたほうがいい」のアドバイスしかできない。




貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 23:11| Comment(6) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

闇を突いた代償



昨年の入院中にYouTubeばかり見ていた。たまたま、ユーチューバーのヒカルの動画を見て面白かったので、チャンネル登録してそれ以来は毎日見ている。ヒカルはどんな人物なのか説明すると、普通の人ができないぐらいのお金を遣いまくる動画を制作しているユーチューバー。ヒカルチャンネルは登録者100万人を超える人気チャンネル。


kjkdasjdjkjdka



そんなユーチューバー・ヒカルが昨日、屋台のくじ引きを買い占めて当たりくじがあるのかの真相を確かめるという動画をアップした。その動画は神動画と称賛され1日経過した現在で440万回も再生されている。


動画の内容は、金持ちユーチューバー・ヒカルが300万円を用意して屋台のくじに突撃。15万円遣ったが当たりくじがでなかったという動画。


ヒカルが次々とくじを買い占めると、香具師の兄ちゃんの動揺して、店主、輩のオッサンが出てきて言い合いするという光景が生々しくて警視庁密着24時を見ているような感覚だった。


店主が言うには、当たりは出たかも分らんからくじの中に当たりがあるか分からないという言い訳をして「屋台のくじには当たりはありませんよ」と言っているようなもだった。当たりの景品を並べている時点で、当たりくじがあるか分からないというのは筋が通らない話であるが、屋台のくじなんてそんなもの。


小学生の頃、親と住吉大社に初詣に行った時、ゲームボーイの箱が30台ぐらい並んでいる屋台のくじがあった。1回500円ぐらいだったと思うが、ゲームボーイを目の前にして1回だけくじ引きをしようとしたらしたら親父が「当たらんからやめとけ」と制止された記憶を思い出した。止めてくれた親父に感謝している。


この動画見て、屋台のくじ引きをする人は減ると思う。なんせ440万回も再生されており、これからも再生数は増えていき拡散される。


そうなると、当たり前の話だが、テキヤの商売は上がったりになる。







一説によると、テキヤは「七割商人、三割ヤクザ」であるというぐらい、テキヤとヤクザは近い関係にある。今回の屋台のくじはどんな関係かは分からないが、もしヤクザが絡んでいるとなると、面目丸つぶれになる。


面白い動画取りたいというヒカルの行動に称賛を送るが、その後のことを考えると裏社会の闇を突くような動画をアップしないほうがよかったのでは。


今のところ、ヒカルチャンネルには新しい動画がアップされているので、ヒカルの身に危険は及んでいないと思われる。


例えがあっているかどうか分からないが、触らぬ神に祟りなしです。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 23:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

介護福祉士の価値



先日、介護福祉士の発表があり、うちの登録ヘルパーさんも合格した。普通であれば「おめでとう」と一緒に喜んであげれるのだろうけど、今回の合格は素直に喜べない。なぜかというと、合格した登録ヘルパーさんはオムツ交換ができないというよりオムツ交換の介助を数回しかしたことがない。排泄介助に入ったのは腰が上がる人で体位変換の必要のない人。風呂介助については、やったことがない。


休日に実務者研修を受けて頑張ったとは思いますが、介護技術のない人が介護福祉士を取得することに疑問に思います。専門的な知識は確かに必要ではありますが、それは一定の介護技術があって成り立つこと。登録ヘルパーさんみたいに身体介護が不得意で、筆記試験のみで取得できる資格に価値があるのでしょうか?


合格したと喜ぶヘルパーさんには、水をさすようで悪いですが、今回は素直に喜べませんでした。



貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 20:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ、妻は働くのか



先月から次男を保育園に預けて、妻は登録ヘルパーとして働いてくれている。稼ぎの少ない私としては、大変有難く感謝している。今のご時世、共働きは普通で感謝されることではないと、妻は言っているが、私の稼ぎが多ければ、家でゆっくり子育てできたのに。


次男を保育所に預けてまで働きに出る理由は昨年の入院が大きく影響している。傷病手当などがあったのですが、後先考えずに大手有料老人ホームを退職し、数週間ではありますが、無職状態になった。妻はもちろん専業主婦なので私が無職だった数週間は収入が0になる。


健康だけが取り柄の人間でした。介護職に転職して安月給だった頃は、夜勤明けと休みを利用してコールセンターで働くぐらいだったので、入院するなんて頭になかった。


その私が入院する羽目になった。


2人の子供がいる妻としては、このまま死んだらどうしようと考えたと言います。いつ何時、私が入院してしまう。もしくは死んでしまうということを考えると働きに行かないといけないという気持ちが駆りたてられたのかもしれない。


妻は家計の足しになることよりも収入が二つあるということに精神が安定するという。世帯年収が増えることは有難いことですが、妻に心配かけないように健康で仕事を続けていきたい。




貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 17:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする