2017年03月22日

金の亡者は福祉事業から排除せよ



20170320-00000005-kantelev-000-3-view.jpg



兵庫県姫路市の私立認定こども園「わんずまざー保育園」(小幡育子園長)が定員(46人)の約1・5倍の園児を受け入れ、給食を十分与えないなど劣悪な環境で保育していたことがわかった。

おかずがスプーン1杯程度の子もいたといい、県と同市は、認定を今月中にも取り消す検討に入った。市によると、取り消されれば全国初という。

市によると、同園は0〜5歳児68人を常時預かり、定員を超える22人については、1人月額約2万〜4万円の保育料を徴収し簿外でプールし、一時保育も随時、受け入れていた。保育士数は定員46人の場合、13人必要だが、3人分を名義貸しで水増しし、市に報告していた。

市の2月の抜き打ち監査の際は一時保育を含め、73人の子供を預かり、昼食は42人分を分け合っていた。0歳児の食事は「省力化のため」と汁ものやご飯など全てを一つの食器に盛り、2歳児はおかずが大きめのスプーン1杯程度、アレルギーの子への対応食は冷凍していた以前の残り物を出すなどしていたという。

小幡園長は市の調査に、「保護者に頼まれ、受け入れた。残飯が出るのが嫌で給食の発注数を減らした。(独自徴収分は)施設の充実に充てるつもりだった」と説明。市は認定取り消しになった場合、在籍する園児は市内の他の保育施設で受け入れる方針。同園に2歳の子を通わせる女性(39)は「体重が増えず、おかしいと思っていた」と憤っていた。




子供は犬や猫ではない


73人分の食事が必要なのに、42人分しかなければ写真のような給食になる。さらに悪質なのは小さい子供にはおやつを出していなかった。何故、小さい子供におやつを出さなかったというと、小さい子供は帰宅しても親におやつを貰えなかったと訴えることができないから。保育園は仕事の都合で18時、19時と遅い時間まで預けることもある。このご時世、子供がお腹を空かせてひもじい思いをしていたことを想像すると、預けてた親の怒りは底知れない。


小幡園長は姫路市に、「保護者に頼まれ、受け入れた。残飯が出るのが嫌で給食の発注数を減らした。(独自徴収分は)施設の充実に充てるつもりだった」と言い訳をしている。73人に対して42人分の食事量は残飯が出るはずがない。


小幡育子園長は、金の亡者


保育士を水増し請求して保育士が遅刻をしたら罰金1万円を徴収。始業の15分前に来ていないと、遅刻として扱われる。勿論、水増し分は園長の懐に入る仕組み。不正請求に従業員から搾取する金の亡者。給食だけでなく冷暖房は親の送迎時のみだけにつけるということも徹底されていた。



介護業界でも劣悪な施設は存在する


介護業界でも生活保護受給者を集めた施設がある。生活保護の人は、家賃や介護サービスの1割負担分をとりっぱぐれることがないので経営者は率先して生活保護受給者を入居させる。朝ご飯は主食と味噌汁と漬物ぐらいしか出さず、日中でも職員2名とかで現場を回している。緊急コールさえない施設も存在する。


劣悪な環境の施設、保育所をなくすには、行政の抜き打ち監査しかない。超高齢社会、待機児童の問題があるので、行政も簡単に取り消し処分を出すわけにはいかないが、行政の抜き打ち監査は抑制に繋がる。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

介護施設の高齢者虐待が過去最多400件超



介護施設の職員による高齢者への虐待が2015年度中に408件あり、過去最多を更新した。調査を始めた06年度から9年連続の増加。全国の自治体による集計を厚生労働省が21日に発表した。職員の知識不足やストレスが主な要因となっている。

被害の内訳は、暴力や身体拘束などの「身体的虐待」が最も多い478人(61・4%)だった。侮辱的な発言などの「心理的虐待」が215人(27・6%)、食事を与えないなどの「介護等放棄」が100人(12・9%)で続いた。




虐待は知識不足というより、介護職員のストレスが原因。仕事でのストレス、人間関係でのストレスで介護の現場はストレスが溜まりやすい環境。それに施設は閉鎖的な空間なので、外部からは見えないので、虐待が起こりやすい。


今回の虐待件数は、通報義務を定めた高齢者虐待防止法に基づき、相談や通報を受けた自治体が虐待と判断した件数をまとめたもので、実際はもっと、多いはず。現に2ちゃんるの掲示板なので、虐待に関する書き込みを見る。


何度も言ってますが、施設に入居される人は在宅で生活が難しく、ほとんどの人が仕方がなく施設に入居している。誰が自分の親を虐待が横行している施設に入居させたいか。施設の見学だけではそんなことは分からないのでしょうけど。施設見学では良いとこしか見せませんから。


私は訪問介護の仕事をしている。できるだけ慣れ親しんだ自分の家で生活ができるよう、お手伝いをさせていただいている。今、ケアに入っている利用者が少しでも長く在宅で生活できるようにしたい。




貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

孤独死する人は年間約3万人



亡くなっても誰からも発見されず、無残に虫の餌食になる痛ましい孤独死者数は、この10年間で3倍にも増加している。その中でも急速に増えているのが40代からの「団塊ジュニア」世代だ。今なぜ彼らは「孤独に死する」のか? その実態に迫る。




団塊ジュニアが直面する「孤独死大国ニッポン」



 誰にも看取られずに、たった一人でその最期を迎える孤独死――。無数の蛆が部屋中に散らばり、空中をブンブンと飛び交うハエ。業界用語で「人型」と呼ばれる、人が亡くなった部屋の痕跡には髪の毛がベットリと残っている……。


ニッセイ基礎研究所の調査によると、そんな悲惨な人生の末路である孤独死を迎えている人は、年間約3万人だとしている。しかし、’30年には3世帯に1世帯が単身世帯になることから、これからさらにその数は増えるだろうと懸念が広がっている。

 孤独死というと高齢者の問題だと捉えられがちだが、深刻なのはむしろ現役世代のほうだ。孤独死が起こる原因としては、なんといっても、血縁、社縁、地縁、趣味縁など、さまざまな縁から隔絶された末に起こる「社会的孤立」の問題がある。

 この孤立度がOECDの20か国のなかでも日本は圧倒的に高い。同じくニッセイ基礎研究所の調査では、団塊ジュニア世代で105万人が「孤独死予備軍」ともいえる孤立状態だとされ、これは8人に1人という計算になる。その数は、団塊世代の3倍以上にものぼることから、40代こそが「孤独死予備軍」となる。


目下、家族の結びつきは薄まり、生涯未婚率は上昇。地域社会は空洞化し、地縁はもはや形をなさない。就職氷河期のあおりを受けた団塊ジュニアは、非正規雇用によって労働環境も流動的で、何かあったときに訪ねてきてくれるような職場の繋がりも途切れがちだ。

 そんな「縁」難民に待ち受けるのが、孤独死だ。

 事実、孤独死大国へのカウントダウンは、始まりつつある。それは、孤独死の後始末を引き受ける特殊清掃業界の事業者が増加していることからも窺える。現代ニッポンに迫る未来図はどうなるのだろうか。





この記事を見て、特殊清掃員の動画を思い出した。特殊清掃員は、過酷な仕事で、誰かがやらないといけない仕事。慣れるまではご飯もまとも食べれないだろうし、バックレる人も多い。



ザ・ノンフィクション 特殊清掃員を見て



結婚しない人が増えれば、孤独死するケースも増える。現に身寄りのない利用者宅に訪問しているので、「孤独死予備軍」と思われる人とリアルに接している。


未婚でも甥っ子や姪っ子が老後をみてくれるケースを稀に見るが、圧倒的に未婚の人は孤独で親戚付き合いもない人が多い。そんな人は、訪問するヘルパー、担当のケアマネージャーで安否確認をする。


そういう人たちと接していると、家族がいることの有難みを感じる。ワーキングプア予備軍になってもいいが、孤独死予備軍にはなりたくない。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

会社が迷走中



PAK105214618_TP_V.jpg


休みなのに所長から事務所に来てほしいと連絡があった。所長の声から電話で済みそうにない話であることは分かったが、寝起き丸出しで事務所に向かう。そこで所長から想像もつかない話があった。


前にもちょこっと書きましたが、複数の訪問介護事業所が売り上げが減っている。金額にして月商600万円のダウン。そこで打開策としてデイサービスをオープンさせるという案が幹部会議で上がった。


そして驚くことに、そのデイサービスの所長に私を置くという案までも出ているとのこと。


訪問介護事業所で働く正社員は20名ほどで、男性は私含めて2名。もう一人の男性社員と会ったことはないが、訪問介護事業所の所長をしている。だから男性の私にも管理者になって欲しいとの希望があるらしい。


正社員の中では介護歴は長い部類に入るみたいですが、勤続年数1年に満たない上にデイサービスで働いた経験のない私に白羽の矢を立てることは安易です。その前に訪問介護の売上が減っている分をデイサービスを運営したことのない会社がデイサービスで利益をだそうとしていることも浅はか。


そんなにデイサービスの運営は甘くはないと考えています。


所長としてはサ責の私が事業所を抜けるのは痛手になるので、全力で阻止する考えを持ってくれている。最後の切り札として私が抜けるなら退職届を出すとも言ってくれている。妻も同じ事業所でパートとして働きだしたとこで、仕事がやりやすく自宅から会社まで自転車で5分は捨てがたい。どうにか、デイサービスの話がなくなる方向に進んでほしい。





貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 21:42| Comment(12) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私に必要なのは嫁ブロックなのかも



既婚男性が妻に転職を反対されることを「嫁ブロック」と言う。ある転職支援サイトの調査によると、35歳以上の男性ユーザーの4人に1人が「嫁ブロック」を受けた経験があり、その半数近くが「嫁ブロック」を理由に内定を辞退している。


せっかく転職活動をして内定を勝ち取ったのに勿体ない話です。


転職を得意としている私ですが、我が家には「嫁ブロック」は全くない。妻に転職することを反対しないのか、「嫁ブロック」が発動しないのかを聞いてみたところ、借金がないというのが「嫁ブロック」が発動しない一番の理由らしい。


我が家には借金はない。家は賃貸だし、車は新車を父親に一括購入してもらい月々返済していくことで完済している。クレジットカードは5枚くらい持っているけど、大きな買い物を滅多にしないというか、カードは利用しないニコニコ現金払い。カードの請求が来るのは、たまにETCの請求が2000円来るぐらい。


家賃も収入の3分の1以下に収まっているので、一般的に身の丈に合った生活ができている。例え収入が大幅に減っても市営住宅などに引っ越せばいいと考えているし、最悪の場合は実家に帰ることもできる。


考えてないようで、自分なりに最悪のことは想定して生きている。最悪のことが起こらないのが一番いいですけど。


でも、妻にはそろそろ「嫁ブロック」を発動してもいいと私は思っていますけど。




貧乏日記 ブログランキングへ



タグ:嫁ブロック
posted by トモ at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする