2018年07月11日

介護業界の人材不足が加速している



 2018年上半期(1-6月)の「老人福祉・介護事業」倒産は45件と前年同期の40件を上回り、年上半期での最多記録を更新した。このペースで推移すると、介護保険法が施行された2000年以降で年間最多だった2017年の111件を上回る可能性が高まった。
 2018年度の介護報酬改定は、0.54%のプラス改定になったが、過当競争が続く中で小規模事業者を中心に厳しい経営状況を反映した。
 倒産した介護事業者は、従業員5人未満が全体の約6割(構成比57.7%)、設立5年以内が28.8%を占め、小規模で設立間もない事業者が倒産を押し上げている。
 高齢化社会の成長市場と期待されている「老人福祉・介護事業」だが、介護職員の深刻な人手不足を抱えながら業界内での淘汰が加速している。





競争激化と人手不足が影響
 

2018年上半期の「老人福祉・介護事業」倒産の四半期別では、2018年1-3月が18件(前年同期比28.5%増、前年同期14件)、4-6月が27件(同3.8%増、同26件)とそれぞれ増加。件数は上半期の前半と後半の単純比較で1.5倍(18→27件)に増加している。
 倒産の増加要因は、同業他社との競争激化で経営力、資金力が劣る業者の淘汰が加速していることや、介護職員不足の中で離職を防ぐための人件費上昇などが挙げられる。
 特に、介護業界の人手不足は「国内景気が悪い時の採用は順調だが、好況になると人材が他業種へ流出する」など、景気と逆行する傾向が強い。とりわけ小規模事業者は業績低迷に、資金的な制約も抱えており、深刻な状況から抜け出すことが難しくなっている。





私が勤めている会社も直近の決算では減収。高齢化が進んで仕事は増えるはずだけど、担い手がいないのが減収の理由の一つです。うちの場合は資本力が弱いので、大手と賃金競争になると負けてしまい人材獲得に苦戦している。



今はなんとか利益が出ているが、人材獲得に勝てなければ生き残ることはできない。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 23:05| Comment(2) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

看護師による異物混入事件




 おととし、横浜市の病院で点滴の薬剤などに異物が混入され入院患者2人が中毒死した事件で、警察は当時、勤務していた31歳の元看護師の女が点滴に消毒液を入れたと認めたことなどから、死亡した2人のうち1人に対する殺人の疑いで逮捕しました。警察は動機や詳しいいきさつを調べることにしています。

逮捕されたのは横浜市の元看護師、久保木愛弓容疑者(31)です。横浜市神奈川区の旧「大口病院」では、おととし9月、同じ病室に入院していた西川惣藏さん(88)と八巻信雄さん(88)が相次いで中毒死しました。

2人の遺体などから、消毒液などに含まれる「界面活性剤」が検出されたたため、警察は、何者かが点滴の薬剤などに消毒液を混入させた殺人事件として捜査していました。

その結果、当時、看護師として勤務していた久保木容疑者が点滴に消毒液を入れたと話したことなどから、2人のうち西川さんに対する殺人の疑いで逮捕しました。

警察は7日夜7時半ごろから記者会見を開き、このなかで久保木容疑者が調べに対し容疑を認めた上で、「申し訳ないことをしてしまった」などと謝罪の言葉を述べていることを明らかにしました。

警察は、同じように点滴に異物を混入され殺害された患者がいるとみて、ほかにも中毒死したケースがないか捜査を進めるとともに、動機や詳しいいきさつを調べることにしています。






和歌山毒物カレー事件の林真須美死刑囚を思い出した。林真須美死刑囚の場合、近所との付き合いが悪く、カレーにヒ素を入れたと思われるが、久保木愛弓容疑者の動機は全く分からないかった。



犯行の動機について、「自分の勤務中に患者が亡くなると、遺族への説明をしなければならず苦痛だった。勤務を交代する看護師との引き継ぎの時間帯に混入させていた」などと話していたことが捜査関係者への取材で分かっている。



遺族への説明をしなければならず苦痛で異物混入に走るなんて人間として異常。久保木愛弓容疑者が看護師の資格とった目的はいったい何だろうと疑問に思う。









貧乏日記 ブログランキングへ







posted by トモ at 15:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月08日

身の丈に合った生活が身に染みる




 
巨人は7日、柿沢貴裕外野手(23)が同僚選手の野球用具を盗み、中古ブランド品買い取り専門店に売却する不正を行ったとして、同日付で契約解除したと発表した。消費者金融からの借金があり生活費に困窮。5〜6月に12回にわたり、川崎市のジャイアンツ球場の選手ロッカー室から阿部らのバット、菅野らのグラブなど約110点を盗み出して売却し、約100万円の収入を得ていた。





野球選手が窃盗で解雇。窃盗の理由は、年俸500万円だけど、高級外車の維持などにお金を費やし、巨人移籍後も結婚して家賃や食費など出費がかさみ借金返済に追われて生活が困窮。楽天時代から消費者金融から借金を重ねていたようだ。



昨年に比べて月給が少しばかり増えているが、住んでいるには62000円の賃貸。近隣で今の家より綺麗な3LDKのマンションに引っ越しても生活ができなくはないが、今の家で住み続けている。


妻なんかはもう少し綺麗な家で住みたいようだけど、私がブレーキをかけている。




いつ何時、人生が転落するか分からないから。



介護の仕事をしてお金のある人とない人の人生を見ている。できるだけ後者になりたくはない。



飛躍的に収入が上がらない限り、引っ越しはしないと思う。





貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 13:23| Comment(0) | ワーキングプア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月05日

弟の懐事情



弟が住宅ローンを組んで家を買うらしいの記事を書いた。父親に住宅ローンを組むことを反対されて私に相談してきた。



いろんな話をしたんですが、弟の収入を聞いた弟は起業して従業員4名ほど雇っている経営している。役員報酬は1000万円で設定して手取りは64万円。専業主婦の奥さんだけの子供なし。



30歳そこそこで年収1000万円取れていることは凄いこと。うろ覚えだけど、年収1000万円取れるのは労働人口の4%ぐらいだた気がする。これだけを聞けば、4000万円の住宅ローンなんて屁のカッパでしょうが、このまま年収1000万円を取り続けることができるのか?



会社の経営って甘くない。企業生存率でググると、経営の厳しさが分かる。



弟の場合、個人偉業主として開業して株式会社に組織変更している。親父が出資したお金も返さないで、私からするとかなり贅沢な暮らしをしている。



変に波に乗れたことで壁にぶち当たることなくとんとん拍子で経営している。



やっとこさ年収300万円台から脱出する私が言うのもなんですが、足元を掬われるような気がしてならない。



諭すような話をしたが、言葉の節々に負け組代表の兄貴の言葉なんか聞けないというのがヒシヒシと感じる。



住宅ローンを組むのは勝手だけど、親父出資したお金は返すようには言っておいた。





貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 23:52| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

成功者を真似るのが成功の近道




私が勤める会社は、年商10億円に満たない中小企業。訪問介護事業をメインにしており、直近の決算では右肩下がりの業績になります。昨年、何のノウハウもないのにデイサービス事業に参入しました。介護業界のことを熟知している幹部からすると「何で今更?」という感じっだようだ。


誰もやりたがる人間がおらず、ある意味、捨て駒として私はデイサービスの管理者に抜擢された。



デイサービスの出店した地域は大手企業の子会社や介護事業で上場している会社がひしめき合う地域。自社のケアマネがいるとはいえ、何の武器(知識、ノウハウ)持たない吹けば吹き飛べそうな会社が戦えるのか疑問ではあったが、若干給料が上がることに釣られて管理者を引き受けた。



10年以上、その地域に根を張ってデイサービス事業を行っていると戦うことになった。



私が愚直に実行したのは、「利益の出てるデイサービスを真似る」だった。



同じ規模で利益がでてるデイサービスを見学させてもらった。人が集まるデイサービスは何かしらの特徴がある。恥も外聞捨ててデイサービスでのプログラムをそのまま真似ることにした。



「真似し漫才、米屋の丁稚」という言葉がある。人の真似ばかりしていると、米屋の使用人にしかなれずに大成できないという意味含まれているが、私はそうは思わない。



成功しているものの本質的な部分を理解して、良い部分を真似れば成功に近付く。





貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 21:00| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする