2018年09月30日

3割打者が一人しかいない阪神タイガース




プロ野球のペナントレースも終盤で阪神は5位。クライマックスシリーズ進出の可能性は限りなくゼロに近い。



シーズン前は韓国でホームラン王を取った最強助っ人が来るという触れ込みがあったが、日本のピッチャーの配球に翻弄され、ホームラン王どころかシーズン通して試合にでることさえできずである。



規定打席に到達して3割を打つのは、糸井の一人。戦力から見ると最下位であってもおかしくない戦力。5位でいるのは投手の踏ん張りがあったから。



強打者を育てれないのが阪神の弱点。北條なんて1年我慢して使ってもいい素質を持っている。不調だとスタメンを外し、そしてファームに落とすことをしていては育たない。



甲子園が打者に不利なことも育たない理由の一つではある。神宮、東京ドーム、横浜スタジアムであればホームランが増えるので打率も上がる。



横浜の筒香が38本打っているけど、甲子園だったら30本も打てない。40本打った金本、ブラゼルの凄さが分かる。



甲子園だけラビットボールの使用かラッキーゾーンを復活させればいいのに。





貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 17:07| Comment(4) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

数少ない高卒入団の生え抜き選手が流出



DeNAは30日、阪神をフリーエージェント(FA)となっていた大和内野手(30)を獲得したと発表した。背番号は「9」で、年俸1億円(推定)の3年契約で4年目は球団側に選択権があるオプションとなっている。



内外野を守れる人間はいると思うが、大和の場合はどこを守らせても守備は一級品。今年はスイッチヒッターに挑戦して打率・280の成績を残している。


一級品の守備力がありながら1軍のレギュラーとして定着できなかった


金本監督は売り出し中の北條の起用、北條が調子を落とした時にルーキーの糸原を積極的に起用した。


そして阪神愛の強い大和の心変わりしたのは10月5日の中日戦である。


10月5日の中日戦2回裏。一打席も立たずに代打が送られたのだ。交代の理由は、守備時に右足をひねったため。後日、試合に復帰しているので軽傷だったようだが、チームでの評価を痛感させられた。「交代したのが高卒3年目の植田海。今季は金本監督の要請で左打ちにまで挑戦したものの、いつまで経ってもレギュラー扱いしてもらえない。メンツ丸つぶれで、悶々としたものが爆発したようです」



表向きでは、出場機会を求めてと言っていたが交代には納得していなかった。交代した選手が高卒3年目の植田というのも大和のプライドを傷つけたのかもしれない。例え、阪神がDeNAより良い条件を出そうがFA宣言をして阪神を退団することは決めていたのかもしれない。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 22:52| Comment(2) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

鳥谷が三塁で初のGG賞



鳥谷選手が三塁手部門で初のゴールデングラブ賞に選ばれた。打撃も上がり2000本安打達成、安定した守備で1年間出場し続けたので三塁手へのコンバート正解だった。


鳥谷はコンバートするべき


打率は2割9分3厘。5月早々に顔面に死球を喰らい鼻を骨折。フェイスガードをして代打として出場し続けた。視界が悪い中、3塁の守備につく姿にプロ魂を感じた。


数字だけを見れば年俸4億円分の働きをしているかと言われれば疑問です。生え抜き選手としてチームへの貢献度、安定した守備力を差し引いても少し物足りない。来季は37歳。野球選手としては下り坂に入っているが、金本も40代でキャリアハイを叩きだしているので、3割は最低のノルマとして1年間フルに出てほしい。



貧乏日記 ブログランキングへ



ラベル:GG賞 鳥谷
posted by トモ at 21:38| Comment(4) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする