2015年10月21日

亀田興毅は、記録にこだわった選手




亀田興毅の世界選後に「亀田興毅は強いのか」の記事にアクセスが集まっているので、今更ではありますが、亀田興毅について書きます。





4階級制覇を狙った亀田興毅が、WBA世界スーパーフライ級王者河野公平に0−3の判定で敗れて引退を表明した。




imageCAD8Q5DR.jpg





元阪神の新庄剛志が、「記録はイチロー君に任して、自分は記録より記憶に残る選手になりたい」と、発言したことがあった。もちろん、イチロー選手は記憶にも記録にも残る選手です。




亀田興毅は、記憶より記録にこだわった選手。




日本人初の三階級制覇、バンダム級で8度防衛。





言葉だけを見れば、ボクシング史に亀田の名前が刻まれてもおかしくない偉業ですが・・・・・




デビューから10戦フライ級で戦っているのに王者のいないライトフライに階級下げて、ミニマム級暫定王者ファン・ランダエタと戦い、疑惑の判定で勝利。2010年にはフライ級からバンダム級に飛び級すると、WBA世界バンダム級の2位にランクされ、引退して試合をしていない元スパーフライ級のムニョスが、いきなりWBA世界バンダム級5位にランクインして、2位と5位でWBAバンダム級の世界戦が行われて勝利し3階級制覇した。




もう少し、正規の路線というか、ボクシングファンが納得できるようなマッチメイクであれば、3階級制覇も称えられ、亀田選手は強かったと印象が残るんですけど、




不可解なマッチメイクが多すぎて、亀田興毅に強い印象は皆無。




父親の亀田史朗氏は、現WBCバンダム級チャンピオンの山中選手のことを防衛戦の相手が弱すぎると酷評していますが、まずは自分の息子でしょうと突っ込みを入れたくなります。




そんな記録にこだわり不可解な世界戦をしてきた亀田興毅ですから当然、4階級制覇にこだわってポイントを稼ぐ、アウトボクシングを予想していました。




蓋を開ければ、インファイトで戦う亀田。



作られた3階級制覇を払拭したかったのか、ラストマッチと決めたんで自分らしい試合をしたかったのか、河野を格下扱いしてインファイトでも勝てると踏んだのか。




亀田選手の心境は分かりませんが、久しぶりに亀田らしい試合でした。




亀田選手も試合後にコメントしているが、2Rのローブローが明暗を分けた。



ローブローを打つ前にボディがかなり効いているのは分かる。効いているのに雑に打つもんだからローブローが入って減点。



カルロス・ボウチャンとの試合は日本での試合なので、ローブローを見逃してもらえたのかもしれないが、世界戦が行われたのは、ボクシングの本場アメリカ。



レフリーの経歴は知りませんが、そう簡単に反則は見逃さない。




たらればですが、あそこで執拗にボディではなく、ガードが思いっきり下がっているので上を打っていれば、亀田のKO勝利もあったかもしれません。






引退して亀田興毅は実業家に転身するみたいですが、最後の試合はここ最近で一番いい試合だたっと、評価しています。






貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月22日

亀田興毅は強いのか

10年以上前に仕事の関係で西成区に住んでいた亀田家を訪問したことがあります。


親父さんからは、けんもほろろもない対応をされましたが、TBSのZONEで亀田家が放送された時はびっくりしました。それから亀田選手を応援するようになりました。


応援している一人として、8度目の防衛を果たした亀田興毅選手について書こうと思います。


亀田興毅選手はポイントを稼ぐアウトボクサースタイルですが、デビュー当時はボクサーファイターでした。


ガードを固めて相手に突進してタイの咬ませ犬達をKOする姿を何度も見ました。


いつからポイントを稼ぐアウトボクサーになったのか?


私はWBA世界ライトフライ級王座決定戦のランダエダ戦以降だと思います。


初めてダウンを奪われ疑惑の判定とまで呼ばれた試合以降にアウトボクサーに変化していった。


そして亀田選手の試合はつまらなくなった。


プロデビュー前に当時スーパーフライ級王者の徳山選手に対して「眠たい試合や。やらせてくれるんやったら徳山とやりたい」と発言したが、眠たい試合をしているのは現在の自分なのだから。


つまらない試合の一つとしてはパンチの当たらない距離で戦うことが多い。


これは打たれ弱くてパンチがないことを証明している。


今回の韓国の選手相手だったら亀田選手が打ち合っても優勢だと思うが、距離を取って戦う。


本人もKOしたいと思うが、あのスタイルでは判定で勝ててもKOするのは難しい。


バンダムは返上してスーパーフライ級に階級を落とすとだろうが、今のスタイルではスーパーフライ級に落としてもつまらない試合が続くだけでしょう。


強いのかについて書くつもりがかなり脱線してしまいましたが、今の戦い方では強い相手だろうが弱い相手だろうが同じようにつまらない試合になってしまいます。




貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 22:50| Comment(2) | ボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月03日

辰吉寿以輝

ボクシングが好きです。2つの拳のみで戦う男の戦いはシンプルで魅力的です。


K−1やPRIDEが流行ってる時はボクシングはケリないしとか寝技やパウンドないから迫力ないわと言ってくる人もいましたが、そっちに流されることなくボクシングばっかり見てました。


近年、長谷川穂積の10度防衛に2階級制覇、西岡のラスベガス、オリンピックで金メダル、日本人同士で統一戦などがあって、ボクシングの人気が復活してきた。


そんなボクシング人気をさらに加速させるようなニュースが飛び込んできた。


浪速のジョーこと、辰吉丈一郎選手の次男寿以輝君がプロボクサーを目指す


長男の寿希也君はすでにボクシングから離れてるみたいですが、寿以輝君は大阪帝拳に通っていてプロボクサーを目指すとのことです。


今年の1月にジムに通い始めた頃は体重85キロ(身長167cm)。ジム側からデビューの条件に20キロ痩せることを提示されたが、64.1キロまで落として今冬にプロテストを受ける予定。


身長167センチならバンダム〜フェザーかなと妄想したりします。


個人的には父親と同じバンダム級でやってほしいです。



貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 22:07| Comment(0) | ボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする