2018年04月15日

無理な階級で試合をさせるのは辞めてほしい



 日本ボクシング史上初の失態だ。プロボクシングのダブル世界戦(15日、横浜アリーナ)で3度目の防衛を狙った世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者の比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)は14日、体重超過で王座を剥奪された。日本選手の現役世界王者が体重超過でベルトを失うのは初。所属ジムの具志堅用高会長は「ファンに申し訳ない」と深々と頭を下げた。




先月にネリに関する記事を書いたばかりで、日本人の世界王者が体重超過でベルトを剥奪されることになった。


フェアではない試合で戦った山中選手


プロだから世界チャンピオンだからリミットに合わせるのは当たり前という意見と具志堅を批判して比嘉を擁護するような真逆の意見に分かれている。


私は比嘉選手の友達でもなければ、喋ったこともないが、今回の体重超過は故意ではないと信じている。


リミットオーバーした理由を考えると、前回の試合から2カ月しか経っておらず試合間隔が短い。比嘉選手の身体は明らかにフライ級が適正ではないの2点が考えられる。


2018年2月4日に行われた地元沖縄での防衛戦。1ラウンドでKO勝ちを収めてダメージは少ないかもしれないが短期間で減量をするのはリミットに合わせるのは過酷極まりない。そして以前より、比嘉選手はフライ級のリミットに合わせるのは難しいので、テレビなどでも階級を上げたいとジム側に直訴していたのが聞き入れてもらえず防衛戦をすることになった。


具志堅会長も「申し訳ない」と謝るぐらいだから、ジム側にも非がある。


テレビでもジムの経営が厳しかったことを具志堅会長は明かしている。比嘉選手が世界王者になったことで投資分が回収でき。比嘉選手が世界戦をすることでジムの経営も安定して資金も潤う。そういったことからお金に目が眩んでフライ級に留まらせたのではないか。


明日の試合、比嘉選手が勝っても負けても後味が悪い。勝てば体重超過で勝てたと言われる。


15試合15勝15KOのパーフェクトレコードを歩んでいる比嘉選手。具志堅会長と肩を並べるぐらいのボクサーになっていたかも知れないが、ジム側の意向で日本人初の体重超過での王者剥奪という不名誉な記録がついてしまった。


もう、無理な階級で試合をさせるのは辞めてほしい。ジムの経営は慈善事業でないことは分かっているが、選手の意向を尊重して試合を組んでほしい。



貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 00:21| Comment(0) | ボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月01日

フェアではない試合で戦った山中選手



 ボクシングのWBC世界バンタム級タイトルマッチが1日、東京・両国国技館で行われ、挑戦者の同級1位・山中慎介(35=帝拳)が前王者のルイス・ネリ(23=メキシコ)に2回TKO負けを喫し、昨年8月以来の王座返り咲きはならなかった。




山中選手は不利な状況で戦っていた。


世界タイトルマッチなのに2,3キロ体重超過の選手が相手。実質2階級上の選手と戦わないといけなかった。


ボクシングは体重によって階級が別れているスポーツ。1階級違うだけでパンチ力が変わる。ネリのパンチが山中選手にちょっこと当たっただけで山中選手はダウンしている。



ネリの体重超過は確信犯


山中選手はバンダム級を12回防衛。具志堅用高の記録に並ぶ13度目の世界戦でネリと対戦して王座から陥落した。ネリ選手から禁止薬物が検出されたが、食べた肉から出ているとお咎めなし。ネリはメキシコ人、WBC(世界ボクシング評議会)はメキシコにある団体であり、自国の選手を追求しなかったと私は勘ぐっている。


体重超過であろうが試合をするのでファイトマネーは貰える。本来であれば、階級を上げないといけない状況だったが、ネリはジャパンマネーを目当てに体重超過のまま戦った節がある。


山中選手はネームバリューもある。無理に減量してバンダム級のリミットに合わせるより、王者剥奪されても2階級上のアドバンテージ持って試合をしたほうが有利。剥奪されても山中選手を倒した男として階級を上げれば、スパーバンダムやフェザーで上位にランクインされる。


これらを踏まえてネリは確信犯的に体重超過したと思われる。


負けた山中選手は完敗を認めて引退を表明している。ネリが人間的に問題があると発言しているが、不利なルールで戦ったことに対しての文句はない。私であれば、1時間ぐらいどれだけ不利な状況で戦ったかをアピールしそうだが。


試合後に山中選手は引退を表明した。


今回は神の左を見ることなく終わったが、山中選手の左は世界トップクラス。まさしく神の左と呼ぶに相応しかった。


戦い続けた山中選手にお疲れさまと言いたい。



貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 23:36| Comment(2) | ボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

亀田大毅の男気と興毅の現役復帰宣言



AbemaTVで「亀田大毅に勝ったらお年玉1000万円」の放送があった。1試合目こそ引き分けに終わったが、2試合目からの3試合は亀田大毅の現役当時を彷彿させせる左ボディを何度も打ち込んだ。2試合目のホストを左ボディ一辺倒でKOし、インタビューで俺が10代の頃のボクシングをしたと言い放った。3兄弟の中でボクシングの才能がないと言われた次男大毅。何かとテレビでは父親に怒られるシーンが多く流れていたが、私は美器用な大毅のボクシングスタイルが好きだった。


4試合目の元暴走族を早々KOした大毅の左肩は痣が目立ち、満身創痍の状態に見えたが、「新年あけましておめでとうございます。ごぼう先生に申し訳ないので、肩が痛いので1ラウンドだけでいいなら受けて立ちますよ」とコメント。せっかく会場まできた、ごぼう先生を気遣う大毅に男気を感じた。


予定になかった第5試合もKO。試合後は大毅の歌あり、興毅の現役復帰宣言で番組は終わった。


興毅の現役復帰宣言には正直、驚いた。やり残したことがある。2年以上もブランクがある。もしかすると井上尚弥との対戦? 


今後も亀田一家に注目したい。




貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 12:00| Comment(0) | ボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする