2017年03月22日

金の亡者は福祉事業から排除せよ



20170320-00000005-kantelev-000-3-view.jpg



兵庫県姫路市の私立認定こども園「わんずまざー保育園」(小幡育子園長)が定員(46人)の約1・5倍の園児を受け入れ、給食を十分与えないなど劣悪な環境で保育していたことがわかった。

おかずがスプーン1杯程度の子もいたといい、県と同市は、認定を今月中にも取り消す検討に入った。市によると、取り消されれば全国初という。

市によると、同園は0〜5歳児68人を常時預かり、定員を超える22人については、1人月額約2万〜4万円の保育料を徴収し簿外でプールし、一時保育も随時、受け入れていた。保育士数は定員46人の場合、13人必要だが、3人分を名義貸しで水増しし、市に報告していた。

市の2月の抜き打ち監査の際は一時保育を含め、73人の子供を預かり、昼食は42人分を分け合っていた。0歳児の食事は「省力化のため」と汁ものやご飯など全てを一つの食器に盛り、2歳児はおかずが大きめのスプーン1杯程度、アレルギーの子への対応食は冷凍していた以前の残り物を出すなどしていたという。

小幡園長は市の調査に、「保護者に頼まれ、受け入れた。残飯が出るのが嫌で給食の発注数を減らした。(独自徴収分は)施設の充実に充てるつもりだった」と説明。市は認定取り消しになった場合、在籍する園児は市内の他の保育施設で受け入れる方針。同園に2歳の子を通わせる女性(39)は「体重が増えず、おかしいと思っていた」と憤っていた。




子供は犬や猫ではない


73人分の食事が必要なのに、42人分しかなければ写真のような給食になる。さらに悪質なのは小さい子供にはおやつを出していなかった。何故、小さい子供におやつを出さなかったというと、小さい子供は帰宅しても親におやつを貰えなかったと訴えることができないから。保育園は仕事の都合で18時、19時と遅い時間まで預けることもある。このご時世、子供がお腹を空かせてひもじい思いをしていたことを想像すると、預けてた親の怒りは底知れない。


小幡園長は姫路市に、「保護者に頼まれ、受け入れた。残飯が出るのが嫌で給食の発注数を減らした。(独自徴収分は)施設の充実に充てるつもりだった」と言い訳をしている。73人に対して42人分の食事量は残飯が出るはずがない。


小幡育子園長は、金の亡者


保育士を水増し請求して保育士が遅刻をしたら罰金1万円を徴収。始業の15分前に来ていないと、遅刻として扱われる。勿論、水増し分は園長の懐に入る仕組み。不正請求に従業員から搾取する金の亡者。給食だけでなく冷暖房は親の送迎時のみだけにつけるということも徹底されていた。



介護業界でも劣悪な施設は存在する


介護業界でも生活保護受給者を集めた施設がある。生活保護の人は、家賃や介護サービスの1割負担分をとりっぱぐれることがないので経営者は率先して生活保護受給者を入居させる。朝ご飯は主食と味噌汁と漬物ぐらいしか出さず、日中でも職員2名とかで現場を回している。緊急コールさえない施設も存在する。


劣悪な環境の施設、保育所をなくすには、行政の抜き打ち監査しかない。超高齢社会、待機児童の問題があるので、行政も簡単に取り消し処分を出すわけにはいかないが、行政の抜き打ち監査は抑制に繋がる。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

孤独死する人は年間約3万人



亡くなっても誰からも発見されず、無残に虫の餌食になる痛ましい孤独死者数は、この10年間で3倍にも増加している。その中でも急速に増えているのが40代からの「団塊ジュニア」世代だ。今なぜ彼らは「孤独に死する」のか? その実態に迫る。




団塊ジュニアが直面する「孤独死大国ニッポン」



 誰にも看取られずに、たった一人でその最期を迎える孤独死――。無数の蛆が部屋中に散らばり、空中をブンブンと飛び交うハエ。業界用語で「人型」と呼ばれる、人が亡くなった部屋の痕跡には髪の毛がベットリと残っている……。


ニッセイ基礎研究所の調査によると、そんな悲惨な人生の末路である孤独死を迎えている人は、年間約3万人だとしている。しかし、’30年には3世帯に1世帯が単身世帯になることから、これからさらにその数は増えるだろうと懸念が広がっている。

 孤独死というと高齢者の問題だと捉えられがちだが、深刻なのはむしろ現役世代のほうだ。孤独死が起こる原因としては、なんといっても、血縁、社縁、地縁、趣味縁など、さまざまな縁から隔絶された末に起こる「社会的孤立」の問題がある。

 この孤立度がOECDの20か国のなかでも日本は圧倒的に高い。同じくニッセイ基礎研究所の調査では、団塊ジュニア世代で105万人が「孤独死予備軍」ともいえる孤立状態だとされ、これは8人に1人という計算になる。その数は、団塊世代の3倍以上にものぼることから、40代こそが「孤独死予備軍」となる。


目下、家族の結びつきは薄まり、生涯未婚率は上昇。地域社会は空洞化し、地縁はもはや形をなさない。就職氷河期のあおりを受けた団塊ジュニアは、非正規雇用によって労働環境も流動的で、何かあったときに訪ねてきてくれるような職場の繋がりも途切れがちだ。

 そんな「縁」難民に待ち受けるのが、孤独死だ。

 事実、孤独死大国へのカウントダウンは、始まりつつある。それは、孤独死の後始末を引き受ける特殊清掃業界の事業者が増加していることからも窺える。現代ニッポンに迫る未来図はどうなるのだろうか。





この記事を見て、特殊清掃員の動画を思い出した。特殊清掃員は、過酷な仕事で、誰かがやらないといけない仕事。慣れるまではご飯もまとも食べれないだろうし、バックレる人も多い。



ザ・ノンフィクション 特殊清掃員を見て



結婚しない人が増えれば、孤独死するケースも増える。現に身寄りのない利用者宅に訪問しているので、「孤独死予備軍」と思われる人とリアルに接している。


未婚でも甥っ子や姪っ子が老後をみてくれるケースを稀に見るが、圧倒的に未婚の人は孤独で親戚付き合いもない人が多い。そんな人は、訪問するヘルパー、担当のケアマネージャーで安否確認をする。


そういう人たちと接していると、家族がいることの有難みを感じる。ワーキングプア予備軍になってもいいが、孤独死予備軍にはなりたくない。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

罰金制度が報道されるけど、世の中には賃金を払わないブラック企業がある



 
急に欠勤したら「罰金」を払うという契約をアルバイト店員5人に結ばせたとして、愛知県警は23日、名古屋市にある大手コンビニエンスストア加盟店の、いずれも30代で中国籍のオーナーと店長の男女を労働基準法(賠償予定の禁止)違反の疑いで書類送検した。捜査関係者への取材でわかった。

 関係者によると、このコンビニは名古屋市北区にある「セブン―イレブン」の1店。

 捜査関係者によると、2人は昨年9〜12月の間に、女子高校生を含む10〜30代のアルバイト店員の男女5人に、正規の雇用契約とは別に「急に欠勤した場合は1万円の罰金を徴収する」という内容の書類に署名させ、契約を結ばせた疑いがある。このうち1人には、遅刻した時に罰金を払わせたという。

 労働基準法は雇う側に対して、欠勤などで労働契約の内容が実行されなかった場合に違約金や損害賠償を払わせる取り決めをあらかじめ結んでおくことを禁じている。

 コンビニでのアルバイトをめぐっては、1月に東京都武蔵野市のセブン―イレブンの加盟店が、風邪で欠勤したペナルティーとして、アルバイトの女子高校生のバイト代から9350円を差し引いていたことが発覚。フランチャイズ本部の「セブン―イレブン・ジャパン」は「ペナルティーの理由が不適切」などとして、店に高校生への謝罪と全額の返還を指示したという。




欠勤したらペナルティと称して罰金を取る企業で働いた経験がある。1日の欠勤で数千円の罰金だったけど、就業規則に記載があったし、当時はそれが当たり前と思って働いていた。労働基準法を確認すると、1回の額が平均賃金の1日分の半額を超えないければ違法ではないとされている。


日本には働いたのに賃金を払わないブラック企業がある。私の友達がそのブラック企業で働いていたけど、辞めた月の給料は貰えなかったらしい。その会社は倒産してないが、谷町九丁目にあったOA機器の販売会社。


友達には働いた分は貰うべきだと諭したが、ブラック企業とは関わりたくないと言い、泣き寝入りしていた。


給料の未払いは、「30万円以下の罰金」に処せられる犯罪行為ですが、日本には給料を支払わないブラック企業は存在します。





貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする