2020年07月29日

世の中は不公平だ


 3歳と1歳の女児2人を自宅に11日間置き去りにしたとして、保護責任者遺棄の疑いで両親が23日逮捕された事件。21日夜、通報を受け駆けつけた警察官は何も着ていなかった次女を毛布でくるみ、抱きかかえて保護した。

 21日午後7時半すぎ、サイレンをけたたましく鳴らしたパトカー4台が鹿児島市新屋敷町の集合住宅前に次々と止まった。警察官5、6人が足早に最上階5階の現場へ。騒然とした雰囲気にもかかわらず、次女は泣かずにしっかりと目を見開き、おとなしかった。住民らが心配そうに見守る中、救急車に運び込まれていった。この3時間ほど前には、長女が近くの路上で迷子として保護されていた。

 両親が逮捕された23日、この家族が住んでいた部屋前には悪臭が漂い、ハエもたかっていた。住民の30代男性は「臭いがきつく、ごみが散らばっていることもあった。若い金髪の男性と女性が住んでいるが、最近はあまり見掛けなかった」と語った。

 同じく住民の若い女性は「約2週間前、子どもが泣き叫ぶ声が部屋から聞こえた。1時間ほどで泣きやんだから気にしなかったが、助けてほしいサインだったのかと思うと胸が痛い」と暗い表情で話した。




28歳と24歳の夫婦が3歳のと1歳の子供を家に置いてホテルに連泊していた事件。二人の子供をほっていける神経が分からない。片時も目を離せない年頃なのに。


旦那は無職で嫁が派遣社員。転職マンの私が言える立場ではないけど、嫁の稼ぎで暮らしているのだから子供の面倒くらいは見ろよと思う。


私は低収入だし、無職の時もあったけど子育て関してはしているほうだと自負している。稼ぎが少ないのに子育てもしなかったら私の価値はない。元々、価値は低いけど。


こういうニュースを見ると、不妊治療して子供が欲しい夫婦もいれば、子育てを放棄しているのに次ぎから次へと子供ができる夫婦もいるので世の中は不公平だと思ってしまう。




貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 09:22| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月27日

テレビにフィルターを付ければNHKの受信料を払わなくていい



 
 東京都文京区の女性がNHK放送を視聴できないテレビを自宅に設置し、NHKを相手取り受信契約を締結する義務がないことの確認を求めた訴訟の判決が26日、東京地裁であり、小川理津子裁判長は女性の訴えを認めた。

 女性が設置したテレビはNHKの信号だけを大幅に弱めるフィルターが取り付けられていた。NHKによると、同様の仕組みのテレビを設置して契約義務がないことの確認を求めた訴訟は過去に4件あり、3件で原告の敗訴が確定。1件は取り下げられており、NHK敗訴の判決は初めて。
 
 判決によると、女性はNHKによる受信料の強制徴収に批判的な意見を持っていた。インターネット上で、筑波大准教授がNHKの信号だけを減衰させるフィルターを開発していることを知り、連絡。2018年10月、准教授が代表理事を務めるNPOからフィルターを取り付けたテレビを3000円で購入し、自宅に設置した。

 NHKは、フィルターを取り付けたとしてもテレビの構造上、NHK放送を受信できる機能が備わっており、復元も容易だと主張。女性は受信契約の締結義務を負っていると訴えていた。




私もNHKの強制徴収については批判的。テレビがなくてもワンセグの携帯を持っているとか、車のカーナビとかに受信料を払う義務があるとかで無理やり契約を迫って徴収するのはヤクザのみかじめ料と同じ。


ヤクザは逮捕されるけど、NHKはなんでもあり。


BS放送が見れない高齢者の世帯にBSの契約を無理やり行っている。NHKの営業は委託された会社で代理店の人間。どんな手段を使っても契約が取れたらいい。だからBS放送が見れないのに歩合のいいBS放送の契約を行う。何も分からない高齢者はNHKということで、騙されて契約する。


3000円のフィルターをつけるだけで払わなくてよくなるんだったら、付ける人が続出すると思う。価値のない物を押し売りされたくないから。


できればフィルターをネットや量販店で購入できるようにしてほしい。





貧乏日記 ブログランキングへ









posted by トモ at 09:19| Comment(2) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月24日

サバクトビバッタで食糧危機



アフリカでサバクトビバッタが繁殖して作物が被害を受け、食料が不足している。体長は5センチほどと小さいが、1日に自分の体重と同じ量の植物を食べるサバクトビバッタ。その数は2000億匹〜4000億匹とか。



国連食糧農業機関によれば1300万人以上が深刻な食料不足に陥っている。



やっかいなことに1日に150キロ移動するそうで南西アジアなんかも危ないとされている。サバクトビバッタは砂漠という名前がつくぐらいだから日本の気候に合わないし、日本はそもそも島国なので日本に来ることはない。




サバクトビバッタは数カ月で500倍に増えそうと予想されている。今で何千億匹いるので500倍になると兆単位の数になる。


それだけ数が増えるサバクトビバッタは食べることはできないだろうか? イナゴとかだと食べる人はいるけど。食用にできれば、食料不足も少しは解決できるかもしれない。た





貧乏日記 ブログランキングへ






posted by トモ at 11:40| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする