2020年06月27日

テレビにフィルターを付ければNHKの受信料を払わなくていい



 
 東京都文京区の女性がNHK放送を視聴できないテレビを自宅に設置し、NHKを相手取り受信契約を締結する義務がないことの確認を求めた訴訟の判決が26日、東京地裁であり、小川理津子裁判長は女性の訴えを認めた。

 女性が設置したテレビはNHKの信号だけを大幅に弱めるフィルターが取り付けられていた。NHKによると、同様の仕組みのテレビを設置して契約義務がないことの確認を求めた訴訟は過去に4件あり、3件で原告の敗訴が確定。1件は取り下げられており、NHK敗訴の判決は初めて。
 
 判決によると、女性はNHKによる受信料の強制徴収に批判的な意見を持っていた。インターネット上で、筑波大准教授がNHKの信号だけを減衰させるフィルターを開発していることを知り、連絡。2018年10月、准教授が代表理事を務めるNPOからフィルターを取り付けたテレビを3000円で購入し、自宅に設置した。

 NHKは、フィルターを取り付けたとしてもテレビの構造上、NHK放送を受信できる機能が備わっており、復元も容易だと主張。女性は受信契約の締結義務を負っていると訴えていた。




私もNHKの強制徴収については批判的。テレビがなくてもワンセグの携帯を持っているとか、車のカーナビとかに受信料を払う義務があるとかで無理やり契約を迫って徴収するのはヤクザのみかじめ料と同じ。


ヤクザは逮捕されるけど、NHKはなんでもあり。


BS放送が見れない高齢者の世帯にBSの契約を無理やり行っている。NHKの営業は委託された会社で代理店の人間。どんな手段を使っても契約が取れたらいい。だからBS放送が見れないのに歩合のいいBS放送の契約を行う。何も分からない高齢者はNHKということで、騙されて契約する。


3000円のフィルターをつけるだけで払わなくてよくなるんだったら、付ける人が続出すると思う。価値のない物を押し売りされたくないから。


できればフィルターをネットや量販店で購入できるようにしてほしい。





貧乏日記 ブログランキングへ









posted by トモ at 09:19| Comment(2) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月24日

サバクトビバッタで食糧危機



アフリカでサバクトビバッタが繁殖して作物が被害を受け、食料が不足している。体長は5センチほどと小さいが、1日に自分の体重と同じ量の植物を食べるサバクトビバッタ。その数は2000億匹〜4000億匹とか。



国連食糧農業機関によれば1300万人以上が深刻な食料不足に陥っている。



やっかいなことに1日に150キロ移動するそうで南西アジアなんかも危ないとされている。サバクトビバッタは砂漠という名前がつくぐらいだから日本の気候に合わないし、日本はそもそも島国なので日本に来ることはない。




サバクトビバッタは数カ月で500倍に増えそうと予想されている。今で何千億匹いるので500倍になると兆単位の数になる。


それだけ数が増えるサバクトビバッタは食べることはできないだろうか? イナゴとかだと食べる人はいるけど。食用にできれば、食料不足も少しは解決できるかもしれない。た





貧乏日記 ブログランキングへ






posted by トモ at 11:40| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月31日

キャッシュレス化は浪費の元凶になる



キャッシュレスとは、クレジットカードや電子マネーを利用して現金を使わずに支払いを行うことです。初めてクレジットカードを持った時に、ちょっとした買い物でもクレジットカードを利用していました。ポイント貯まるし、小銭を出さなくて済むのでメリットがあるように思えましたが、思いのほか遣いすぎてしまい引き落としの時に金額に驚いた記憶があります。



経済産業省は2025年までに日本のキャッシュレス決済率を40%にするという目標を掲げていますが、私みたいにずぼらな人は遣いすぎてしまう。



現金だと、財布からなくなったお金の分だけ遣ったことになるので支出のコントロールがしやすい。キャッシュレス化が進まない一つとして、日本人は現金主義が多いということもあるが、浪費してしまうのを防ぐためにキャッシュレスにしない人も一定数いると思う。



高齢化が進む日本で、キャッシュレス化は便利になっていいのか?高齢の方の中には、銀行のキャッシュカードを持たず、印鑑と通帳でお金をおろしている人もいる。



キャッシュレス化は高齢者に優しくない施策に思える。






貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 09:43| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする