2014年12月09日

杉本彩を見て色んな事を考えた




昨日、職場の人に杉本彩を見に行かないですかと誘われた。杉本彩は動物愛護団体を設立していて、動物愛護に関する話をするとのこと。




私は動物が好きだが、ペットは飼わない人間。生き物を飼うことは、人間より寿命が短いことから自分より先に死ぬ可能性が高い。その悲しみに耐えられないので、私は金魚さえ飼わないと決めている。




こんな私がそのような場所には不釣り合いだと思ったが、会社の人から誘われるのは珍しいことなので、行くことにした。




会社の人の車に乗って、A市に連れて行かれると・・・・・




あれ?



政治家のポスターだらけだ・・・・・・




杉本彩の話を聞きに来たんだよねと聞くと、「そうですよ」と笑顔で言って、建物に入って行く。



車で連れて来てもらってるし、帰れんないしと思いながら着いていくと、政治家が話をしていた。



途中から入ったんだけど、杉本彩の話が10分で、後は政治家の話だった。(杉本彩はすごく綺麗で細かった)





image.jpg




ぼかして書こうと思っていたが、ググると杉本彩は創価学会に入信してるよう? なので、ぼかさずに書くことにする。



衆議院選挙が近くて、A市から公明党が立候補する。その立候補者に対して、杉本彩が応援していますよという感じであった。



しかし、私はA市在住ではない。だからA市から立候補する議員に票を入れることはできないし、会社の人もA市在住ではない。



何故、私を誘ったのか? 2点考えられる。



1点目は、昨日は月曜日ということで、土日に比べて人が集まらない可能性がある。杉本彩が来るのに人が集まらないと、学会員的に問題? なのかもしれないのでサクラとして私を誘った。



2点目は、学会員以外の人間を連れてくるノルマがあった。





あくまで私の予想だけど、当たらずといえども遠からずで、いい線だと思う。



【追記】

杉本彩さんは学会員ではないですよのコメントを頂いたので調べなおして訂正しました。学会員だと確証できるサイトではなかったです。






貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 17:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月25日

ブラック企業

ワタミの社長が参院選で自民の比例から出馬して当選したことを知った。


落ちるもんだと思ってたが、比例で滑り込み当選とのこと。ワタミの社長と言えば、「365日、24時間、死ぬまで働け」でネット上ではブラック企業だと認定されてる。


私は転職を10回しているので、ほとんどがブラック企業と呼ばれるとこで働いてきた。10社中8社が2ちゃんねるの光通信板でスレが立っていて、スレッドが立ってないのは新卒の1社目と現在の会社の。


何回も転職も繰り返せば、入れる会社もおのずと少なくなってきますし、30歳超えると受け入れてくれなくなる。


そんな9社を渡り歩いた私を受け入れてくれた今の会社には恩義を感じています。思い返せば、2年前の3月に中途入社で今の会社に入りました。そして翌月に新卒が入ってきた。


新卒ということと、男で関西の名門中の名門の大学を卒業しているので、会社から期待されてかなり大事に育てられてました。しかし、9カ月を過ぎた頃に新卒が冬の賞与を貰ってすぐに辞表を出した。


ほぼ同期なので、仲の良かった私は新卒君に理由を問いただすと新卒君は「ここブラックですよ」と・・・・


新卒君にしては年間休日100日以下はブラックらしい。


私の会社は4週8休制度で年間休日96日。ゴールデンウィークの月だろうがお盆の月だろうが正月だろうが月の休みは8日。


この点が彼にとってはブラックだったらしいが、そんなこと入社する前から分かってたことだろうと問いただしたかったが辞めた。去る者に問いただしたところで意味がない。


確かに年間休日は少ないが、私は今の会社がブラック企業だとは思わない。施設長が傍若無人にふるまっているだけで、働きやすと言えば、働きやすい。


うちの会社はビルの8階とか9階から、「今すぐここから飛び降りろ!」と言われたりしないですから。




貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 21:27| Comment(7) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする