2017年06月23日

少子高齢化が進むと様々な問題がでる



 76歳の妻の首を絞めて殺害しようとしたとして、71歳の夫が逮捕されました。夫は「介護に疲れた。妻が痛みを訴えたため、思いとどまった」と供述しているということです。

 自称・無職の山口道雄容疑者は22日午前9時半ごろ、千葉県袖ケ浦市の自宅で、76歳の妻の首を両手で絞めて殺害しようとした疑いが持たれています。警察によりますと、山口容疑者は「妻の首を絞めた。殺そうと思った」と自ら110番通報していて、取り調べに対し、「介護に疲れた」と供述しているということです。また、山口容疑者は「妻が痛みを訴えたため、思いとどまった」と話していて、妻は病院に運ばれましたが、意識はあるということです。山口容疑者は妻と2人暮らしで、おととし10月ごろから脳梗塞(こうそく)を患った妻を自宅で介護していたとみられています。



デイサービスで送迎業務に入ると、老老介護をしている家庭の多さに驚く。私たちと違い、高齢者になると体力も落ちるので、いくら家族だからといっても介護するのは大変。家族を介護する生活に耐えきれず、要介護の家族を殺害する、一家心中するというケースも増える。


少子高齢化が進むと介護疲れ、介護離職だけでなく介護をする担い手の問題もある。日本の将来は問題だらけです。



貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

カイゴジョブフェスタで事業者と従事者のマッチング



介護・医療の情報サービスを提供する株式会社エス・エム・エス(代表取締役社長:後藤夏樹、東証一部上場、以下「当社」)は、当社が運営する介護福祉職向け求人・転職情報サイト「カイゴジョブ」主催の介護・福祉の適職フェア「カイゴジョブフェスタ」(以下「当イベント」)を全国7都市で開催します。6月4日に開催した東京会場では48法人がブース出展、468名の求職者が来場し、うち83%の方が次回の参加を「前向きに検討」と回答するなど、大盛況のうちに終えることができました。



「法人の経営理念や運営のあり方に対する不満」「職場の人間関係におけるトラブル」などで離職しないためにも適職フェアがあると、事前に確認できる。ちなみに大阪では、6月24日(土)梅田スカイビル タワーウエスト 10F アウラホールで行われます。私も休みをとっていく予定です。


カイゴジョブフェスタに参加できない人は求人サイトをチェックしましょう。


介護福祉士の声で生まれた【介護求人ガイド】



介護求人ガイドは、介護福祉士を取得している人向けの求人がたくさんあります。検索履歴があるので、あれのほうが良かったなという時は見つけやすい。



介護職の就業・転職は介護専門求人サイトかいご畑



かいご畑は専任のコーディネーターが介護での派遣就業や正職員での就業をサポートしてくれます。介護未経験でも親切丁寧に面接の時の受け答えを指導してくれます。



非公開求人多数!「介護のお仕事」



こちらも専任のコーディネーターが付いてくれます。転職に不安がある人にお勧めです。



求人数3万件以上【介護求人ナビ】



会員登録せずに利用できるのが便利です。他のサイトは会員登録が必須になりますから。ただし、求人によっては紹介会社経由もたくさんあるので、選び方によってはコーディネーターが付いてくれます。



≪未経験・初心者求人も多数!≫ 介護求人ならやっぱりカイゴジョブ



カイゴジョブは、60万人が会員として登録している介護求人サイトで、求人は全国で約5万件になります。介護で転職活動をする時に利用する王道サイトです。



個人的にはオープニングスタッフをお勧めします。私も人間関係が理由で離職した経験のあります。人間関係を理由に離職した経験のある人はまっさらな環境で仕事をスタートしましょう。



貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 22:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

行き場のない人が無届け老人ホームを利用する理由



法律で義務づけられた届け出を行っていない有料老人ホーム、いわゆる「無届け介護ハウス」のおよそ7割が、医療機関やケアマネージャーから入居者の紹介を受けていることが厚生労働省の委託調査でわかりました。高齢者を入居させて介護や食事などのサービスを提供する有料老人ホームは、都道府県などへの届け出が義務づけられていますが、設備が国の指針を満たしていないことなどから届け出を行っていない「無届け介護ハウス」が急増しています。

このため、厚生労働省は実態を把握するため初めて委託調査を行い、全国692の無届け介護ハウスにアンケートを行って、225件の回答を得ました。この中で、いずれも複数回答でどこから入居者の紹介を受けたか聞いたところ、「病院や診療所」が70.7%で最も多く、次いで「ケアマネージャー」が68.9%、「地域包括支援センター」が42.7%でした。

また、入居者側の動機は「1人暮らしで家族などの支援がないため」が66.7%、「病院から退院後、自宅に戻れないため」が62.7%、「介護が必要になったため」が58.2%でした。



無届け老人ホームの実態を聞いてきた」にも書きましたが、タコ部屋のような無届け老人ホームは存在する。


実際に働いてた人間が目の当たりにしたこと、体験したことを聞いている。


多くの施設がある中で、「無届け老人ホーム」に入居するのかを疑問に思っていました。この記事で病院やケアマネからの紹介で、環境を知らずに入居するケースが多いことを知りました。


紹介する方も無届老人ホームの実態を知って紹介しているのでしょうか?


全ての無届け老人ホームを否定するわけではありません。健全に運営している施設もあるでしょう。しかし、設備が国の指針を満たしていない施設なだけにまともなとこは少ないような気がします。



貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする