2017年04月26日

無届け老人ホームの実態を聞いてきた



知り合いが「無届け老人ホームに転職したが、あまりにも酷かったのですぐに退職した」と、告白した。聞いた内容があまりにも悲惨だったので紹介したいと思います。


無届け老人ホームとは、都道府県への届け出をせず運営している施設のことです。主に無届け老人ホームには、特養に入居できない、有料老人ホーム、サ高住に入居できる経済力がない、施設への入居を断られた、高齢の生活保護受給者が入居されている。


知り合いが働いていた無届け老人ホームは、10畳ぐらいのスペースに4人の高齢者が住んでいる。部屋が3つあって、全体で12人の高齢者が生活していたとのこと。勿論、部屋にはベット4台置いているので、ギュウギュウ詰めで生活をしている環境。


朝食はご飯に漬物だけ。昼と夜は業務スーパーで安く買ってきたものを分けて提供。業務スーパーで安く購入したおかず8人分を12人分けていたので、入居している高齢者は常にお腹を空かせていたとのこと。


1人でトイレに行けない人は、寝る前におむつ交換をしたら朝まで放置が基本。パジャマへの更衣、口腔ケアなどのナイトケアはなし。夜間の巡視や入居者の記録物もないので、夜勤中の介護職員はテレビを見て朝まで過ごすだけ。


全ての無届け老人ホームが、同じなのかというと、私は働いたことがないので分かりかねる。中にはちゃんとしている無届け老人ホームもあるでしょう。でも、少なくとも知り合いが働いていた無届け老人ホームは人間が暮らせるような環境ではなかったとのことでした。酷い話ですね。


知り合いは行政に通報しようと考えたみたいですが、行き場がない人たちのことを考えると、できないそうです。



貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

煩わしい人間関係が嫌な人にはオープニングスタッフがお勧めです



本社の人とデイサービスの職員の面接をしました。正社員4名募集に12名の募集があり、パートスタッフの募集もそれなりに多くの応募があり、良い人たちを採用することができた。やはり、オープニングスタッフは人気がありますね。0からのスタートなので、煩わしい人間関係がないのが一つの理由かもしれません。


コミュニケーション能力が割かし高いほうであると、自負していますが、そんな私でも人間関係が出来上がっている所には溶け込みにくいです。前々職の時みたいに溶け込めたと思っても一人の癖のある人間から嫌がらせを受けることがあります。嫌がらせを受けてた期間は、4カ月ほどでしたが、その4か月間は精神的にきつくて4カ月がめちゃくちゃ長く感じました。同じ月日でも楽しいはあっという間に感じますが、辛い時期は途方もなく長く感じます。



0から人間関係を作りたい人は、オープニングスタッフの求人を探しましょう。みんな一斉のスタートなのでやり易いです



≪未経験・初心者求人も多数!≫ 介護求人ならやっぱりカイゴジョブ



求人数3万件以上【介護求人ナビ】



福祉の資格を活かすなら【介護求人ガイド】




比較的、オープニングスタッフが多い求人サイトになります。現在、介護職の人間関係に悩んでいる方、これから介護の世界に飛び込もうとされる方は、煩わしい人間関係のないオープニングスタッフに応募してみてください。



貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

訪問介護、通所介護の介護報酬の適正化に向けて



国の財政を議論する「財政制度等審議会」の20日の会合で、財務省は今後の社会保障制度の改革を俎上に載せた。 当面の大きな焦点の1つとなる来年度の介護報酬改定にも言及。訪問介護や通所介護の利益率が高いという見方を示し、その報酬のさらなる引き下げを検討することの必要性を指摘した。加えて、機能訓練に力を入れていない通所介護を減算の対象にすべきと提言している。


財務省はこの日、トータルでマイナス2.27%とされた前回改定の影響を探った調査(2016年度経営概況調査)の結果を紹介した。厚生労働省が昨年末に公表したもので、施設・事業所の2015年度の経営状況を明らかにしている。それによると、全21種類のサービスのうち16種類で収益が悪化していた。利益率の平均は改定前の前年度より1.1ポイント低い3.8%。中小企業の平均(2014年度:3.6%)とほぼ同じレベルだった。


訪問介護は5.5%、通所介護は6.3%。財務省はこうした結果を取り上げ、「在宅サービスの利益率は高水準にとどまっている」と説明した。そのうえで、「引き続き適正化すべきことは実施」と主張している。




施設勤務時代は介護報酬の改定があろうが、他人事のように気にしていませんでしたが、訪問介護に転職してからは敏感に感じるようになった。それは、実際に事業所にどれくらいの売上があって、どれくらいの利益がでているかを把握できるから。

高齢化が進み、社会保障費が膨らむことを考えると、介護費用を抑えるのは当然のこと。会社はデイサービスに参入する。2018年に控えている介護報酬の改定の時期前に最低でも単月で黒字化にしないと生き残れない。



貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする