2017年03月05日

37カ月の成果



メインの口座から自動的に毎月5000円ずつの積立定期預金をしていた。長らく、積立定期預金の通帳記入は行ってなかったですが、久しぶりに通帳記入にいくと、185000円と少しの利息が貯まっていた。


185000円ということは、37カ月積み立てたことになります。


我が家の貯金残高(2016年11月24日時点)


昨年の11月時点で52万円と報告した貯金残高ですが、185000円をプラスすると、貯金が70万を超えていた。子供のお年玉貯金を合わせると、100万近くになり、妻の結婚前の貯金を合わせると、世帯の貯金は400万近くになりそう。


妻の貯金はいくらあるかは知りませんので、あくまでも予想です。


妻と子供の貯金は手を付けるつもりはありません。遣うのは、あくまでも給与が振り込まれる普通預金と積立定期預金のみ。


今の目標は、何かがあって仕事ができない状態になっても1年ぐらいは生活できるお金を確保することです。



貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | お金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

家族との時間を優先する



YK0I9A6202_TP_V.jpg


12月分の給料は額面で30万以上、手取り25万5000円でした。給与明細を見て驚いたのですが、所長が便宜を図ってくれたのことです。


私の会社はタイムカードがありません。何時から何時まで働いたという自己申告で、それを本社に提出します。何時間働こうが、決められた時間を超えて提出をしないという暗黙のルールがあります。


毎月、所長が提出してくれるのですが、11月に限っていうと、6万円分の残業代をつけて提出してくれたみたいです。提出した時はそんな残業代は認められないといことで、突き返されたのですが、会社の偉いさんがいる部署に稟議書を再度送り、残業を認めさせたとのことです。


稟議書には私が頑張っていること、サ責が退職したことで私がいないと事業所の運営はできないこと、求人募集をかけても面接すら来ない等が書かれていました。やる気がない私にそこまでしてくれて恐縮します。私にはそんな価値はない。


所長がそこまでしてくれても頑張る気は起きない。残業代に関しては11月のみの特例です。仮に毎月同じ額の給料を貰えるということになれば頑張るかというと、頑張らない。もう、身体が今の仕事量に慣れてしまっているのです。


今はいくら遅くても18時半には帰宅。19時以降のケアには入らないことを徹底している今、どんな稟議書を見せられても心に響くことはありません。


入院をしてからは、お金のことより自分の身体を最優先に考えます。保守的と言えば、保守的ですが、多額のローンを抱えている訳でもないので、家族と過ごせる時間が長い、今がいいのです。





貧乏日記 ブログランキングへ



ラベル:給料 額面 サ責
posted by トモ at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | お金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

我が家の貯金残高(2016年11月24日時点)



rg3988924.jpg



久しぶりに我が家の貯金残高を報告します。11月分の家賃や光熱費分をのけると貯金残高は51万円になりました。


我が家の貯金残高(2016年4月10日時点)


4月に比べると30万ほど減っています。入院したし、働けない期間もあったし、転職で給料が下がったので、しょうがないです。むしろ、私一人の収入で家族4人が生活して貯金30万減らしただけで済んでいるので上出来です。


来年の3月までは現状維持で頑張って、4月からは共働きパワーで、貯金100万まで回復させようと考えています。



世帯全体の貯金残高


貯金残高51万円というのは、あくまで私が働いて振り込まれる通帳の残高になります。子供二人の郵便貯金は、24万ぐらいはあります。


そして、我が家で一番の金持ちは妻です。妻はたぶん250万ぐらいの貯金を持っていると思います。私は結婚した時に自分の通帳を妻に渡していますので、私自身はへそくりはないです。


私の把握している範囲で、全部合わせると330万ぐらいはありそうですが、妻の貯金と子供二人の郵便貯金はないものだと考えています。


人のお金を当てにすると、碌なことがない。家族ぐらいは自分で稼いだお金で養っていきたい。




貧乏日記 ブログランキングへ



ラベル:貯金残高
posted by トモ at 22:12| Comment(6) | TrackBack(0) | お金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする