2017年09月21日

労働時間を時間給に計算しなおすととんでもなく安かった



先月のタイムカードを見て、ふと思いました。一体、自分は月に何時間働いているんだろうと。


green_ookawatime20141024223702_TP_V.jpg


8月は勤務時間は218時間でした。


我ながらよく働いたと感心しましたが、自分の時給は一体いくらなんだ?との疑問が出ましたので計算してみることにしました。218時間×12で年間の労働時間が2616時間。そんで、年収350万だから年間の労働時間で割ると、時給1337円


「安って」言いたくなるような時給で情けなくなりました。介護福祉士を取得しているパートさんとあまり変わらない時給です。


ちなみに年収400万だと時給は1530円です。


それでも安い・・・・・・



年収を上げるためには時間給を上げる


デイサービスは、売上に上限があり尚且つ決められた労働時間しか働けないので、年収を増やすためには時間給を上げるしかない。


時給が2000円になれば、2616時間働くと年収523万円で、それなりの年収になります。


まずは時給1500円を目指しましょうか。



貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 00:18| Comment(0) | ワーキングプア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

物欲がないのではなく、お金がないのです



小遣いは月に1万円貰っています。薄給なので、サラリーマンの平均の小遣いに比べるとかなり格安です。結婚すると自分の遣えるお金はありません。家賃、家族の生活費が優先されるので、小遣いを上げてくれとは言えない。


以前に、最近は物欲はないというような記事を書いた記憶があるのですが、物欲がないのではなくお金がないので買えないのが正しいのかもしれない。


末端の営業社員でありましたが、それなりに名の通った大手企業に勤めていましたので、サラリーマンの平均年収ぐらいは稼いでいました。しかし、介護職に転職したことで、高収入を得るということを放棄したのかもしれない。


手取り30万は無理でも、額面で30万貰えるぐらいになりたい。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 21:43| Comment(2) | ワーキングプア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

ワーキングプアの喫煙率は高い



私は1日1箱ペース吸う喫煙者です。幾度となく禁煙に挑戦してきましたが、1日や2日で断念します。煙草を辞めると、420円×365日で153300円のお金が浮きます。浮いたお金で、家族旅行に行ったり、妻に誕生日プレゼントを買ってあげたりできます。


貧困層ほど喫煙率が高いという統計が出ています。私みたいなワーキングプアが1箱420円の煙草を吸っていたら余計、貧乏になる。


年間153300円の節約になると、頭で理解していても辞めれない。


だから貧乏から抜け出せないという悪循環。


そういや、漂流家族〜竹下家の夫婦は、家のローンを滞納しているのに煙草を吸ってましたし、大家族坪井家も借金を1000万ぐらいあったのにカメラの前で吸ってました。


ワーキングプアの喫煙率は高い。



貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 21:30| Comment(2) | TrackBack(0) | ワーキングプア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする