2017年03月27日

妻と同じ職場で働いてます



妻が登録ヘルパーとして同じ訪問介護事業所で働き始めました。慢性な人手不足で事業所的には大助かりで、パート代も入って世帯収入も増えて家計も大助かり。


妻は私のことを仕事のできない人間だと思ってたみたいです。小さい事業所ではありますが、重要なポジションについていることに少々、驚いている様子。結婚前も結婚後も転職を繰り返していると、自分の夫は仕事ができる人でないと思うのが普通。ぶっちゃけた話、仕事ができる、できないというより社員二人しかいませんので、仕事をしないと事業所が回らないだけです。


職場のみんなは、妻の容姿に驚いているというか、私の妻であることに驚いています。本社の人がたまたま来ていて、「綺麗な人が入ったね」と、言われたんで、「俺の嫁です」と言うと、驚いた表情をしてました。どうやら私と妻は夫婦であるとリンクしないみたいです。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 09:31| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

中途半端な人間が管理者に



37年の人生を振り返ると、「これを頑張った」「これをやりきった」ということはない。はっきり言うと、やることなすこと中途半端。こんな欠陥だらけの人間でも結婚して二児の父親でいれることを有り難く感じている。一番、感謝しているのは妻。よくも私みたいな人間と結婚したなと感服する。妻ならちゃんと仕事をして年収600万ぐらいの人と結婚できたはず。


自分の良い所を探すも悪いとこだけが突出しているので、良い所が見当たらない。



チャンスを逃したくない


本社で取締役や執行役員らにデイサービスの管理者をやることを任命された。「もし、断るとどうなりますか?」と、質問をした。執行役員は笑顔で「辞令出すから」と。もはや断れる雰囲気ではないことに気付く。


数カ月間ではあるが、私には有料老人ホームの施設長経験がある。あの時は、施設長の力が伴っていなくて、施設長の重圧に押しつぶされて逃げることを選んだ。あの時は、ベストの選択をしたと思っている。重圧から逃れた後は水を得た魚のようにイキイキした。


転職10回もした私が最速で施設長になれた訳



でも、その後の転職はあまりうまくいかなかった。施設に転職するが人間関係で退職。福利厚生が充実している大手有料老人ホームに転職するも入院で退職。そして、今の訪問介護事業所に拾われた。


事務作業も好きですが、現場も好きな私はケアに入ることは嫌ではなかった。施設と違って1対1の介護ができるし、退院したばかりの自分にはちょうどよいと思っていた。訪問介護事業所に転職したのは6月の半ば。7月、8月の猛暑の中、汗だくになって自転車を漕いでいると頭を過ぎるのは、「少し前は施設長だったのにな」


日に日にその思いは増していき、自分の人生はどこで狂ったのだろうと、自問自答した。施設長の重圧から逃げたことを後悔し続けた。


その後悔は転職活動へと繋がった。


ファミレスに行った時、ドラックストアに行った時など、無料の求人誌を持ち帰った。サ高住の施設長、住宅型有料老人ホーム内の訪問介護事業所の管理者。目に飛び込むのは、そういった求人欄ばかり。


ブログに書きませんでしたが、妻に隠れて2社に電話して受けに行った。2社とも採用の連絡を貰っている。


しかし、訪問介護事業所に拾ってもらった恩、転職することを妻に言い出せず、2社とも断っている。


中途半端に生きてきた割には、私にチャンスが回ってくる。今度こそは、チャンスを物にしたい。もう、後悔はしたくない。今はそんな思いでいっぱいです。


デイサービスの立ち上げは、生優しい物じゃないと重々承知している。中途半端に生きてきた人間のラストチャンスだと思って、挑戦したい。



貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 22:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

私に必要なのは嫁ブロックなのかも



既婚男性が妻に転職を反対されることを「嫁ブロック」と言う。ある転職支援サイトの調査によると、35歳以上の男性ユーザーの4人に1人が「嫁ブロック」を受けた経験があり、その半数近くが「嫁ブロック」を理由に内定を辞退している。


せっかく転職活動をして内定を勝ち取ったのに勿体ない話です。


転職を得意としている私ですが、我が家には「嫁ブロック」は全くない。妻に転職することを反対しないのか、「嫁ブロック」が発動しないのかを聞いてみたところ、借金がないというのが「嫁ブロック」が発動しない一番の理由らしい。


我が家には借金はない。家は賃貸だし、車は新車を父親に一括購入してもらい月々返済していくことで完済している。クレジットカードは5枚くらい持っているけど、大きな買い物を滅多にしないというか、カードは利用しないニコニコ現金払い。カードの請求が来るのは、たまにETCの請求が2000円来るぐらい。


家賃も収入の3分の1以下に収まっているので、一般的に身の丈に合った生活ができている。例え収入が大幅に減っても市営住宅などに引っ越せばいいと考えているし、最悪の場合は実家に帰ることもできる。


考えてないようで、自分なりに最悪のことは想定して生きている。最悪のことが起こらないのが一番いいですけど。


でも、妻にはそろそろ「嫁ブロック」を発動してもいいと私は思っていますけど。




貧乏日記 ブログランキングへ



タグ:嫁ブロック
posted by トモ at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする