2017年04月12日

ユーチューバー・ヒカルがテレビ出演で月収を暴露



屋台のくじで15万円遣って検証したユーチューバーのヒカル。屋台くじの動画はサンデージャポンでも放送されて4月12日の段階で970万回再生されている。ユーチューバーの収益は1再生当たり約0.1円。屋台のくじで15万円は遣ったが、動画で約97万円を回収していることになる。


PAK95_sunadokei20141018123010500-thumb-1000xauto-5549.jpg



屋台のくじが大反響だったのか、関西の地域で放送されている「おはよう朝日」に出演した。「おはよう朝日」とは、宮根誠司が局アナ時代に出演していた番組で、1979年から放送されている長寿番組。小学校の時は、おは朝を見てから学校に行っていたことから朝起きてテレビをつけると、とりあえず6ちゃんに合わせてしまうぐらい。そんな関西を代表するような朝の情報番組に出演したヒカル。


個人的には、テレビでヒカルのトーク力を披露してほしかったのですが、テレビでは質問に対して淡々と答えていた。「月収はいくら?」の問いにサラッと、「2月は1500万円」「多い月は4000万とか5000万」と、答えるヒカル。


ちょっと、待ってくれ。ヒカルは25歳。ユーチューバーは人気があれば稼げると聞くが、稼いでる額が桁外れ。月収1500万でも驚くが、多い月は3倍の4000万〜5000万円って・・・・・


金銭的にもそうですが、好きなことをしてお金を稼げるというのは魅力。小学生のなりたい職業の上位にユーチューバーがランクインする訳です。


ユーチューバーはストック型のビジネス


ヒカルはYouTubeで活動することをビジネスとして取り組んでいる。実の兄をカメラマンとして雇い、他にも数人の従業員を雇って、組織として取り組んでいる。屋台くじの動画だけで、970万回再生されて約97万円の広告収益を得ているが、テレビなどで取り上げられると、他の動画の再生数も連動して増加する。


さらに広告収入が入る仕組みです。


過去の動画も再生されて広告収入が入るので、動画が増えれば増えるほど、どんどん収益になる動画が積み上げられていく。まさにストック型のビジネスです。企画費、動画を編集する人件費でそれなりのコストがかかると思いますが、YouTubeは無料で使用することができるので、利益率が高い。


ヒカルはYouTubeで年10億稼ぐことを目標にしている。YouTubeのアカウントが停止しない限り、達成できるでしょう。もっと、若ければ私もユーチューバーに挑戦していたかもしれません。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

私に春は訪れるのか



デイサービスの管理者になるということで、会社と雇用契約を結びなおした。4週8休で、基本給が少し上がり、管理者手当などがついて全体的に給与は上がったが、競合する市場で介護事業をしないという契約のおまけもあった。競合する市場で介護事業をしないという(ある一定期間を設けている)文言を見た時は署名するかを躊躇った。年齢も37歳であること、新しいことに挑戦することで失敗するリスクを考えると、この会社に骨を埋めるのも悪くはないかと考えた。


施設の介護職などで転職活動をすれば、今でも転職する自信はあります。でも、自分の年齢が40歳に刻々と近づいてくるとなると、20代の時みたいに安易に転職を考えて退職するとドツボに嵌まるような気がするのです。特に私みたいな人間が起業なんかすると、借金をこさえてにっちもさっちもいかなくなる可能性だってある。



0I9A093815030132ryouude-thumb-1000xauto-19187.jpg



サービス提供責任者の給与は妻が始末してカツカツの生活でした。妻の遣り繰りのおかげでなんとか借金せずに生活はできましたけど、子供がどんどん大きくなると私の給与だけでは足らず、妻がパートに出て助けてもらわないといけない。


デイの管理者として新たに契約した待遇は、始末しなくても普通にやってればなんとか私の給料だけでやっていけそうな金額。そして私が通勤時間を我慢すれば、妻の収入は丸々貯蓄に回せる。パート代は年100万ぐらいは稼ぎそうだから年間100万ペースでの貯蓄。こうなってくると、将来の見通しも少し明るくなる。


施設長の仕事から逃げて転職したり、病気になったりと、不安定な生活が続きました。不安定な生活の期間は自分の人生の中でもこんなにうまくいかなかった期間は初めてで、歯がゆい思いもした。一からデイサービスを立ち上げることは生易しいものではないと思っていますが、長かった冬の時代が終わろうとしている。デイサービスを軌道に乗せて春を迎えたいです。




貧乏日記 ブログランキングへ





posted by トモ at 00:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

闇を突いた代償



昨年の入院中にYouTubeばかり見ていた。たまたま、ユーチューバーのヒカルの動画を見て面白かったので、チャンネル登録してそれ以来は毎日見ている。ヒカルはどんな人物なのか説明すると、普通の人ができないぐらいのお金を遣いまくる動画を制作しているユーチューバー。ヒカルチャンネルは登録者100万人を超える人気チャンネル。


kjkdasjdjkjdka



そんなユーチューバー・ヒカルが昨日、屋台のくじ引きを買い占めて当たりくじがあるのかの真相を確かめるという動画をアップした。その動画は神動画と称賛され1日経過した現在で440万回も再生されている。


動画の内容は、金持ちユーチューバー・ヒカルが300万円を用意して屋台のくじに突撃。15万円遣ったが当たりくじがでなかったという動画。


ヒカルが次々とくじを買い占めると、香具師の兄ちゃんの動揺して、店主、輩のオッサンが出てきて言い合いするという光景が生々しくて警視庁密着24時を見ているような感覚だった。


店主が言うには、当たりは出たかも分らんからくじの中に当たりがあるか分からないという言い訳をして「屋台のくじには当たりはありませんよ」と言っているようなもだった。当たりの景品を並べている時点で、当たりくじがあるか分からないというのは筋が通らない話であるが、屋台のくじなんてそんなもの。


小学生の頃、親と住吉大社に初詣に行った時、ゲームボーイの箱が30台ぐらい並んでいる屋台のくじがあった。1回500円ぐらいだったと思うが、ゲームボーイを目の前にして1回だけくじ引きをしようとしたらしたら親父が「当たらんからやめとけ」と制止された記憶を思い出した。止めてくれた親父に感謝している。


この動画見て、屋台のくじ引きをする人は減ると思う。なんせ440万回も再生されており、これからも再生数は増えていき拡散される。


そうなると、当たり前の話だが、テキヤの商売は上がったりになる。







一説によると、テキヤは「七割商人、三割ヤクザ」であるというぐらい、テキヤとヤクザは近い関係にある。今回の屋台のくじはどんな関係かは分からないが、もしヤクザが絡んでいるとなると、面目丸つぶれになる。


面白い動画取りたいというヒカルの行動に称賛を送るが、その後のことを考えると裏社会の闇を突くような動画をアップしないほうがよかったのでは。


今のところ、ヒカルチャンネルには新しい動画がアップされているので、ヒカルの身に危険は及んでいないと思われる。


例えがあっているかどうか分からないが、触らぬ神に祟りなしです。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 23:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする