2017年06月22日

高学歴=大企業に入社ではない



私がお会いした高学歴の介護職員に灘中、灘高、京大というエリートコースを歩んできた人がいる。初めて会った時は「なんで、介護職?」と疑問を持ったが、仕事ぶりを見ると妙に納得してしまった。京大卒だけでなく、関関同立を卒業して介護職員をしている人もいた。産近甲龍ぐらいで介護職はさほど珍しくない。


私なんか産近甲龍より下の大学を受験して落ちた人間なので、高学歴の人は大手企業に入るというイメージが強かった。実際は、大企業どころ入社どころか、中小企業の一般職にさえ引っかからず、新卒で介護業界に入る高学歴の人はいる。



suzu201606080I9A6770_1_TP_V.jpg



私は高学歴でも介護という仕事を選ぶ時代なのだと考える一方、バブルを経験している40代後半、50代の女性達は高学歴で介護職をしている人を「馬鹿じゃない」の一言で終わらせる。そういった人はいい大学に入学し大企業に就職するという方程式みたいな固定観念があるのだろう。


いくら高学歴であっても大企業に入社できるとは限らない世の中になっている。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 20:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

芦屋の東天閣でランチ



研修で芦屋に行ってきました。研修が午前中に終わったので、ランチでもしようとJR芦屋駅近くの大丸へ。1人だったら適当に牛丼なんかを食べるのですが、職場の同僚と一緒だったのでちょっとええ恰好しました。


大丸を通り過ぎて、「モンテメール」というショッピングモールに入り、中華料理の東天閣に入った。ランチのコースもあったのですが、何か物足りなさそうなので、汁そば1100円、あんかけチャーハン1500円を注文。


IMG_3256.JPG


IMG_3258.JPG


IMG_3259.JPG


炭水化物に炭水化物という組み合わせでお腹いっぱいになりました。


味は、両方ともあっさりしていて美味しかったです。


20代の頃は餃子の王将みたいに味が濃くて安い店でドカ食いするので満足でしたが、30代後半にさしかかると、こういったお店でランチするのもいいなと、思います。


機会があれば家族で食事したい。



貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

質より量で勝負するのは浅はか



かっぱ寿司が期間限定でお寿司の食べ放題を始めるみたいだ。全店舗という訳ではなく、全国347店舗のうち、青森県から大分県までの20店舗で実施される。男性1580円、女性1380円ですしやデザートなど80種類以上が食べ放題になる。


15081945019_TP_V.jpg


二十歳の時、梅田にあった「まぐろ亭」というお寿司の食べ放題の店によく行った。北新地と梅田ロフトの近くにあり、三宮にもあった。値段設定も1500円ぐらいのお手頃価格なのに寿司以外もバイキング形式で食べれた。そんな価格設定だから味はイマイチでしたが、若い頃って質より量。味なんかどうでもいいって感じで通い倒した記憶がある。


しかし、2002年頃には梅田の2店と三宮は閉店していた。量で勝負した結果が閉店ということになったのかもしれない。お金のない学生は行くけど、お金のある社会人は、わざわざ美味しくない物を食べに行こうと思わない。


かっぱ寿司も同じ道を辿らなければいいが・・・・


かっぱ寿司の業績は2017年3月期の決算で58億円の最終赤字に転落している。これはくら寿司やスシローに客を奪われている証拠。自宅の近隣にスシロー、くら寿司、かっぱ寿司はあります。100円の回転寿司に家族で行こうと思ったら、スシローとくら寿司の2択になる。美味しくないからかっぱ寿司に行く選択肢はない。


かっぱ寿司の質より量で勝負するコンセプトははたしてうまくいくのか。



貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする