2020年06月27日

テレビにフィルターを付ければNHKの受信料を払わなくていい



 
 東京都文京区の女性がNHK放送を視聴できないテレビを自宅に設置し、NHKを相手取り受信契約を締結する義務がないことの確認を求めた訴訟の判決が26日、東京地裁であり、小川理津子裁判長は女性の訴えを認めた。

 女性が設置したテレビはNHKの信号だけを大幅に弱めるフィルターが取り付けられていた。NHKによると、同様の仕組みのテレビを設置して契約義務がないことの確認を求めた訴訟は過去に4件あり、3件で原告の敗訴が確定。1件は取り下げられており、NHK敗訴の判決は初めて。
 
 判決によると、女性はNHKによる受信料の強制徴収に批判的な意見を持っていた。インターネット上で、筑波大准教授がNHKの信号だけを減衰させるフィルターを開発していることを知り、連絡。2018年10月、准教授が代表理事を務めるNPOからフィルターを取り付けたテレビを3000円で購入し、自宅に設置した。

 NHKは、フィルターを取り付けたとしてもテレビの構造上、NHK放送を受信できる機能が備わっており、復元も容易だと主張。女性は受信契約の締結義務を負っていると訴えていた。




私もNHKの強制徴収については批判的。テレビがなくてもワンセグの携帯を持っているとか、車のカーナビとかに受信料を払う義務があるとかで無理やり契約を迫って徴収するのはヤクザのみかじめ料と同じ。


ヤクザは逮捕されるけど、NHKはなんでもあり。


BS放送が見れない高齢者の世帯にBSの契約を無理やり行っている。NHKの営業は委託された会社で代理店の人間。どんな手段を使っても契約が取れたらいい。だからBS放送が見れないのに歩合のいいBS放送の契約を行う。何も分からない高齢者はNHKということで、騙されて契約する。


3000円のフィルターをつけるだけで払わなくてよくなるんだったら、付ける人が続出すると思う。価値のない物を押し売りされたくないから。


できればフィルターをネットや量販店で購入できるようにしてほしい。





貧乏日記 ブログランキングへ









posted by トモ at 09:19| Comment(2) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トモさん

→NHKに関して僕も払う気は全くありませんね。
マンションを購入して6年が経過してますが、3回程度、集金の男性がきました。
ただ、毎度話していると、玄関まで来られてしまい、追い返すにも全く口では集金人に歯が立たない為、ある作戦を某動画で思いつきました。

トモさんもご存知の通り、立〇孝司さんです。この方の名前を出してみるとNHKの集金人は消極的になります。あとは「おかえりください。」この一言、要らんことは言わんでもいいです。

集金人が帰らなければ110番(警察)に電話しますよ。と言います。
これで大概、そそくさと変えられますよ。

皆さんも「〇花孝司さん、」「おかえりください。」この2つだけで十分です。
物凄く効果的です。
Posted by たか at 2020年06月27日 16:00
>たかさん


ナイスです。やはり立花さんの力は絶大ですね。
相手にしないのが一番。
無価値なものに契約する必要はないです。
Posted by トモ at 2020年06月27日 21:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。