2020年06月06日

介護職員への慰労金はピンハネできないようにしてほしい



国の2020年度第2次補正予算案が5月27日に閣議決定され、介護職員にも慰労金が支給される見通しとなった。新型コロナウイルス感染症が発生、または濃厚接触者に対応した施設や事業所の職員には20万円、それ以外の利用者と接触する職員には5万円を支給する仕組み。



処遇改善加算の支給も事業所判断で支給しているので、ちゃんと支給している法人もあれば、していない法人もある。慰労金が法人に入るのであれば、満額支給されるのか分からない。


介護職員一人ひとりに支給するのは難しいことかもしれませんが、満額支給しない法人には罰則をつけてほしい。



勤続年数11年の介護福祉士の給与明細を公開!


https://www.youtube.com/watch?v=ctclE5T31vY


Youtubeにアップした動画で処遇改善加算を全額支給している法人の給与明細を紹介しています。どれくらいの法人が満額支給しているのか?こんな法人は稀です。


もちろん、私が働いている会社も満額支給しています。


コロナの感染リスクがある中、現場で働いている医療従事者や介護職員。


ピンハネする法人がなくなるよう願いたい。







貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 04:06| Comment(2) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
慰労金の支給には条件はあるのでしょうか?
Posted by 読者 at 2020年06月09日 22:26

読者さん

事業所に入るので、事業所判断になります。
Posted by トモ at 2020年06月14日 07:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。