2020年05月16日

長生き=幸せとは思えない



施設に入居している方の個人ファイルを整理していたのだけど、90歳以上の方の多さに驚いた。あの人は、あんなに元気なのに91歳なの?と、感心してしまった。前職のデイサービスで働いていた時もほとんどが80歳以上で90代の方もチラホラいた。私の家系は短命なのか分かりませんが、祖父母に関しては70代で亡くなっているので80歳でも長生きって感じる。


日本は長寿大国として世界に知られている。「人生100年時代」とか言われているが、元気ならいいけど寝たきりの要介護5で長生きするのは幸せではない。


死にたいけど死ねないと思って生きている人はたくさんいる。仕事上、そういう人をたくさん見てきたので長生き=幸せとは言えない。



誰しもが思うことかもしれない。私は家族に迷惑をかけて生きるのだけは御免だ。妻や子供の負担にはなりたくない。家族にお金を残せない上に介護負担をかけることだけは避けたい。



80歳まで生きると仮定したら人生の折り返し地点にいる。残り40年あるけど、何年働けるのか?



ワーキングプアなので死ぬまで働かないといけないかもしれないが、何年働ける?



せいぜい30年が限界なのか。



お金の為に1年でも長く働ける身体でいたい。




貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 07:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。