2020年05月14日

コロナで20代の死亡は初



新型コロナウイルスで28歳の力士が亡くなった。厚生労働省が把握しているかぎり、20代以下の人が死亡したのは初めてで死亡の原因は多臓器不全のため。



発熱があっても医療機関ひっ迫していて速やかな検査や治療ができなかったとのこと。東京都は他の都道府県に比べて、感染者が多いので受け入れ先を見つけるのも難しい。重症患者が優先されるので20代の力士は軽症者扱いになったのかも。



先月4日から38度以上の発熱があり、師匠の高田川親方などが保健所に電話をかけたもののつながらず、7日の時点で医療機関も見つからなかったということです。

その後、先月8日になって、たんに血が混じる症状が見られたため救急車を呼んで入院先を探したものの、すぐには受け入れ先が見つからず、その日の夜に都内の大学病院への入院が決まりました。

この時点で簡易検査の結果は陰性でしたが、翌日の9日、状態が悪化して別の大学病院に転院し、10日の検査で陽性であることがわかりました。

そして入院から11日後の先月19日に、さらに状態が悪化し集中治療室で治療を受けていましたが、13日午前0時半に亡くなった。




コロナで20代が亡くなるのは衝撃的なニュース。お相撲さんなので糖尿病とかあったかもしれないので合併症で亡くなった可能性もある。



私も腎臓が悪いので他人ごとではない。私がコロナに感染すると死亡する可能性がある。



40代であること、腎臓が悪いこと。



持病のある人は、年齢関係なしにコロナに感染すると死亡するリスクがあると考えた方がいい。




貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 06:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。