2020年03月17日

過去を美化したってしょうがないけど、今の自分を否定しまいがちになる



さっき、昔のことを思い出しながら動画の撮影してたんだけど、31歳の時に介護に転職した時の給料って手取り17万円だったことを思いだした。身の丈に合わない家賃8万2000円のアパートに住んで営業時代に貯めた貯金を切り崩す日々。仕事は楽しかったけど、生活が安定しなくて不安だった。



そんな私も今年の春で介護業界10年目を迎える。この10年の間に何回も転職をして家族に迷惑をかけた。こんな性格なので、転職はしないなんて約束はできないけど、5年ぐらいは辛抱してみようかなと思っている。



かつて働いてた有料老人ホームの同僚たちは管理者として活躍している。都道府県の情報公表というやつで確認できるのだけど、活躍する同僚達を羨ましく思う。



同僚として働いてた時は、仕事ができる出世頭気分で仕事をしていた。かなり調子に乗っていたと思う。でも、同僚たちは少しずつ自分のできることを増やしていっていたんだな。変に器用貧乏で要領がいいところがあるから他人からの評価が自分の実力以上に高くて勘違いしてしまった痛い奴です。



同僚らは、一つのとこで辛抱をして続けた結果、管理者という立場なんだろうなんだろう。あの時、辞めるという選択をしていなかったらとか、実力がないのに出世に行き急いで介護士を続けていたら違っていたのではないかと考えてもあとの祭り。私は仕事に慣れてきた時に仕事に飽きてしまう性分なので、すぐに違うことをしたくなり仕事を変えるので、きっと同じ結果になっていたのだろう。



そんな20代のツケが今になって回ってきている。40歳になると過去のことを美化しがちになる。もしかすると、今回の転職もあと何年後かに後悔する可能性があるな。



65歳まで働くとすると、あと25年は働かないといけない。後悔しない人生なんてないのかもしれなが、できるだけ家族に迷惑をかけずに生きたい。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 17:55| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一つ疑問ですが、

前の嫌な職場で給料5万円上げるといわれたときに思いとどまらなかったのは何故ですか??

年収500万越えるし、今の年収の1.5倍以上なので、個人的には留まってもよかったのではないかと思います。自分自身が嫌なことに我慢したら、奥さんや子供に楽をさせてあげられるので
Posted by 浜田 at 2020年03月20日 08:54
仕事つまらなくてもいいじゃないっすか。

自分が嫌や思いするのを我慢してればいいだけ

おくさんと子供のために年収500マンをとるべきでへないでしょうか??

そのへんの見解をききたいです
Posted by 浜田 at 2020年03月20日 08:56
トモさん、過去にしがみついても明るい未来には繋がりませんよ。「過去と他人は変えられないけど、未来と自分は変えられる」をモットーに私は生きてます。
後悔が全くない人なんてきっといません。後悔から何を学ぶかです。トモさんの経験はきっとどこかで役に立ちます!
応援しています。
Posted by ふぅちゃん at 2020年03月20日 10:12


>浜田さん


我慢できないのが私の悪い所です。
たぶん、一生お金に困る人生になるでしょう。
Posted by トモ at 2020年03月20日 18:16
>ふぅちゃんさん

過去を美化してしまいがちになります。
「未来と自分は変えられる」いい言葉です。
今度、ブログの記事か動画で使わせていただきます。

少しでもいい未来になるように頑張りますね。
応援ありがとうございます。
Posted by トモ at 2020年03月20日 18:20
動画で私のコメントを取り上げてくださってありがとうございます。私もテンションが上がりました(笑)。

動画の中で私の仕事について質問されていたので、お答えしますね。

本業はカルチャースクール講師です。私、過去に大学院で古典文学を研究しておりまして、本も出しているんですよ。普段は育児のかたわら文学研究&レジュメの作成をして、月に2回、古典文学講座をしています。委託契約です。

受講者数が多ければ多いほど私の収入も増えるのですが、コロナの影響でやはり欠席する方々もいらっしゃいました。早く収束してほしいです。

これだけでは収入が少ないので(会場費をオーナーさんに払わないといけませんからね)、副業としてイベントスタッフをしています。コンサートやイベントで売り子や警備をしている人がいますよね? あれです。周りはほとんど大学生ですが、自分から言わなければ三人の子持ちだとバレることはないのでいいかなと(笑)。

こちらは夫が休みで、家族の用事がない日曜日に働いています。自分の都合の良い日だけ、1日単位で働けるのでありがたいです。ただ、募集人数に定員があって、早い者勝ちなので、自分が希望した日全部働けるわけではないのが難点ですが・・・。私は月に3日ぐらい働きたいと思っているのですが、実際は月に1日ぐらいしか働けていません。

しかし、コロナでコンサートやイベントが中止になってから、仕事の紹介が一切なくなりました。このまま自粛が続いたらイベント会社が倒産するんじゃないかと心配です。

長文失礼しました。



Posted by 星羅 at 2020年03月21日 22:37
>星羅さん

講師業に憧れます。私も喋りが得意な方なので介護の資格の講師に誘われたことがあるのですが、忙しくて行けず。

コロナで民泊事業をしている会社も事業を辞める話を聞きます。イベント会社もですよね。

本当にいつになったら収束するか。
伊丹のデイケアみたいに名前が公表されないように職員は予防を徹底するしかないです。
Posted by トモ at 2020年03月21日 23:45
返信ありがとうございます。

私の従姉も約20年介護の世界で働いているのですが、従姉は実務のかたわら介護の資格の講師をしています。週に1回かな? 楽しいみたいですよ。

トモさんは講師業に憧れているとのことですが、私は逆にユーチューバーになることを勧められました(笑)。古典文学講座の会場を貸してくださってるオーナーさんから「YouTubeで古典文学の話をしませんか?」と言われまして。

「機械に弱いので動画を撮れないんです」と伝えたら、オーナーさんが「撮影しますよ」と言ってくれました。子供三人(未就園児含む)がいて撮影に通う時間がないので、実現はしなかったんですけどね。
Posted by 星羅 at 2020年03月22日 11:24


>星羅さん

古典文学、私には無縁ですけど、ユーチューバーになると再生数伸びそうですよ。ライバル少なそうですし。
私も被り物を被って、ホワイトボードを使ってやるのが理想なんですが、場所とか編集とかが時間取りそうです。

再生回数はなかなか伸びませんが、今のスタイルで投稿していきます。
Posted by トモ at 2020年03月22日 21:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。