2020年02月26日

令和の虎に出ている林社長のお金を出す金額が半端ない



「令和の虎」という「マネーの虎」のパクリ番組がある。色んな社長が虎として参戦しているが、本家のマネーの虎と比べて見劣りする。マネーの虎は私が二十歳そこそこでやってた番組で、出演していた虎の面々も私より一回り以上離れた年齢なので大人に見えたことは確かではあるが、なんか凄みを感じないというか薄っぺらく感じる。



そんな虎の中で林社長と株本社長は気になる社長で今日は林社長について書こう。



林社長は本家マネーの虎の高橋がなり社長が驚くぐらいお金を出す。がなり社長がめちゃくちゃ出してた記憶はあるけど。直近でマスザワ内閣というYouTuberに1人で2000万出したのには驚いた。



総額5000万円ぐらいは出してるんじゃないかな?



少子化だけど塾経営って儲かるんですね。私が小学校の時に行っていた塾の先生は冴えないオッサンで、学校の先生になれないから塾で雇われ講師をしている感じしかしなかった。



今のご時世は実力のある人は起業して年商何十億という額を売り上げて高収入を得るんですね。



学校の先生は公務員。安定した公務員は林社長のように豪快にお金使ったり銀座で高いクラブで飲んだりすることができないですもんね。



こんなことを言うと、負け犬か何、言ってるんだとか思われるかもしれませんが、投資しているお金って塾の月謝から出ているお金です。



私が子供を塾に行かせている親なら、ちょっといい気はしないかなと。



人が稼いだお金をどう使おうと関係ないはなしなんですが、そんなことを考えてしまう。





貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 21:40| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トモさん

→「怠け者を作り出す制度をなんとかしたい」の動画を見ました。
トモさんは僕とは長い付き合いだと動画で話されていました。
嬉しかったですね(笑)

僕も正直に言いますね。
僕もその昔1年くらいかな生活保護を貰ってました。

あの時は、それしか方法が無かったからです。
前の職業がダメになり、仕事を失い、躁うつ病に掛かりました。
心療内科の先生から診断書を書いてもらい
弁護士に相談し、弁護士と役所に出向き、即生活保護になりました。

生活保護ね。僕らの時は、1か月7万円の生活費を貰ってました。
十分すぎる生活でしたね。

でも、躁うつ病で散々泣いて、喚いて、した挙句、1年くらい生活をしていた、ある日でふとヘル2を取得して、心療内科の先生からは100%働くことはNGを言われながらも、契約社員からフルタイムで働きました。ユニット型特養で夜勤8回で手取り15万円でしたね。
役所の障がい福祉課の担当者からは、「生活保護を貰うのは楽です。しかし、抜け出す人はそうそういません。まぁ〜あなたも無理ですね。」とキッパリ言われました。

でも1年で抜け出しましたね。
何か?働かない毎日、体重も増加し嫌気をさし、アルバイトでも良いから稼いで絶対に抜け出してやる。と誓いましたね。もう10年前の話しです。
今は普通の生活をしています。

先日、当時の障がい福祉の担当者と役所でばったりあいましたが、
笑顔で元担当者が「凄すぎます。まさか生活保護から抜けるとは思いませんでした。」と言われました。

僕にも嫌な過去はあります。
生活保護の事は、嫁にも話しましたし、心療内科にも通院していることも了解のもと結婚しました。


Posted by たか at 2020年02月27日 21:53


>たかさん

甘い汁を吸うとなかなか抜け出せない中、抜け出したので偉いと思います。

担当者を見返してスッキリしましたね。

働けなくて保護を受けるのは納得できます。たかさんみたいな努力をしない人がたくさんいます。

今は社員として働いて若い奥様と一緒で幸せですね。

Posted by トモ at 2020年03月02日 10:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。