2020年02月24日

サバクトビバッタで食糧危機



アフリカでサバクトビバッタが繁殖して作物が被害を受け、食料が不足している。体長は5センチほどと小さいが、1日に自分の体重と同じ量の植物を食べるサバクトビバッタ。その数は2000億匹〜4000億匹とか。



国連食糧農業機関によれば1300万人以上が深刻な食料不足に陥っている。



やっかいなことに1日に150キロ移動するそうで南西アジアなんかも危ないとされている。サバクトビバッタは砂漠という名前がつくぐらいだから日本の気候に合わないし、日本はそもそも島国なので日本に来ることはない。




サバクトビバッタは数カ月で500倍に増えそうと予想されている。今で何千億匹いるので500倍になると兆単位の数になる。


それだけ数が増えるサバクトビバッタは食べることはできないだろうか? イナゴとかだと食べる人はいるけど。食用にできれば、食料不足も少しは解決できるかもしれない。た





貧乏日記 ブログランキングへ






posted by トモ at 11:40| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。