2020年01月20日

売れる為には枕営業をするんですね




ライブドアニュースで柴咲コウが吉高由里子に対して「あの子は枕よ」と犬猿の仲であることを書いていた。週刊誌が元ネタでガセ記事のように見えるが、ドラマのガリレオのヒロインを奪われたことを根に持っているらしい。



ガリレオは柴咲コウの方が良かったと思っている。高由里子の声が苦手で演技もうまいと思えない。ガリレオしか知らないが・・・・



柴咲コウの方が知的に見えるし、刑事役が合っていなかった。










枕営業を告発する女性タレントがいます。やはり芸能界なので枕営業ぐらいはあるのでしょうね。島田紳助が全盛期の頃、紳助と深い関係になれば番組で使ってもらえるなどの噂がありましたが、あれって真実だと思います。西川史子に小林麻耶が紳助と手をつないでスタジオに入ったとかをテレビで暴露されました。紳助が引退していたからカットせずに放送したけど、かなりテレビに影響力があったと思われます。




m_manabe01.jpg




真鍋かをりとやしきたかじんのツーショット写真なんか見ると、やはり芸能界は一般社会とはかけ離れていると勘ぐってしまいます。



真鍋かをりは前に所属していた事務所と裁判沙汰になっています。そこで月給が420万円で、年収が約5000万円で発覚しています。当時の真鍋かをりは、20代ですよ。番組やCM出ていたとはいえ、20代で5000万円って、かなりの金額です。



一度、売れてしまえば人が一生涯かけて稼ぐ金額を数年で稼げる。売れる為には枕営業をする人はいるのでしょうね。





貧乏日記 ブログランキングへ







posted by トモ at 22:41| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。