2019年12月27日

自分を過大評価していたことを恥じる




退職日が早まり、有給休暇が20日ほどある。1月はほとんど出勤しなくていいので、転職先の社長に相談したら「1月は空いている日に出勤しても構わないよ」と言われた。2月は今の会社から1カ月分まるまるの給料が支払われる。そして1月は空いている時間にバイトするので1ヶ月限定ではありますが、手取りは増える。妻のパート代をあてにしなくても3月までは乗り切れそう。



妻が6万ぐらい稼いでくれたら、お好み焼屋のアルバイト代と合わせて転職前の手取りにはなる。私の我儘で転職することになったので、いかに家族に迷惑をかけないようにと考えていたが、妻が協力的で感謝している。



伊達に結婚11年ではない。自分のことをATMとして見ていないと、妻を疑っていたことを恥じている。









2020年はお金よりメンタルを優先する。もう、年収にこだわるのは辞めよう。はっきり言って、しんどいだけ。



施設長時代にケツを割っている私は人の上に立つ器ではない。2番手で活きるタイプなんだと思います。人材難の会社で役職をつけられて踊らされてしまった。



自分の実力を過大評価して調子に乗ったのが恥ずかしい。







貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 14:05| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以前にも書きましたが、共働きなら普通に生活できます!
それに今は大学生かせるのも、奨学金でいかせられます。

貯金に目がいきがちですが、稼いで今を楽しむのも悪くありません。
Posted by 浜田 at 2019年12月28日 05:31
>>浜田さん

来年はのんびりするし。
妻も働いてくれるので。
Posted by トモ at 2019年12月28日 16:36
初めまして
松山尚人の検索からここにたまたまたどり着きました
彼の人生とは真逆の内容に惹かれいくつかの記事を読ませて頂きました

トモさんは素敵な方ですね
奥さんもお子様たちも同じく心優しい方に思えました

私も人生で色々な流転をしましたが結局はトモさんの記事にある
>お金よりメンタルを優先する。もう、年収にこだわるのは辞めよう。
ここに辿り着きました

私は以前かなり稼いでいた時期があったのですがしばらくして友人に言われたのですね
「お金を持っていても全く生活変えないよね」と
貧乏な家で育ち、若いころはそれなりに遊んだせいで、30過ぎてからお金を持っても何も行動が変わらなかったんですね
そして溜まったお金で一発逆転目指して投機で全部溶かしてお金は全てなくなりましたがw

でもまぁ友人にも恵まれ、なんとなく始めた今の仕事もたまたま性に合い、結構楽しい人生ではあります

で、おすすめなのが私の今の仕事です
向き不向きが非常に大きい、かつある程度都市部ではないと求人がないのですが、コールセンターいいですよ(少なくとも給料面ではね)
とにかく人材が流動的なので(つまりお察し下さい)その職場環境が悪ければさっさと辞めて他に行くってのを繰り返すと、たまに凄く環境や条件のいいところに当たります
今いるところだと9割がた主婦ですが、その内半数は扶養抜けるレベルでシフト入れていますw
シフト変更や休むのもかなり自由な点で若いバンドマンとかもよく見かけますね

ほんと向き不向きがはっきりしている業種なので無理にはおすすめできませんが、今後何かの時のご参考になればと

まずは新しいスタート頑張って下さいね!
Posted by とろんと at 2020年01月25日 11:50
とろんとさん

記事を読んで頂いてありがとうございます。
私はお金を稼ぐ能力が著しく低いので、家族との時間を大切にしてメンタル重視で生きて行こうと考えています。

コールセンターですか。実は私も働いていましたよ。下記の記事を読んで頂けたら有難いです。

http://nensyu308man.seesaa.net/article/373926743.html


確かに時給も良いし、私は話すのが割かし得意な方なので性に合っていました。
ただ、33歳の時で最年長で少し居づらかった思い出があります。
お金を稼ぐだけと考えれば、コールセンターもいいですね。

Posted by トモ at 2020年01月28日 06:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。