2019年07月17日

芸人になるよりサラリーマンの方がいい




吉本の芸人の初舞台のギャラが250円という記事を見た。吉本の社長はギャラの体制を変えるつもりはないとか。闇営業は安いギャラが問題で起きたのではないと話している。ギャラが250円で交通費500円だとしても舞台に立って自分たちの漫才をすればそれ以上の価値があるというようなことを語っているが、本当にそうなんだろうか。



名前の通った宮迫やロンブーの亮が行ったのは、お金目的だと思います。




しかし、月給の少ない芸人なんかは、アルバイトをして生計を立てている。闇営業で1日3万とかの話がくれば行ってしまうのはギャラの安さが問題。



ダウンタウンもテレビで初舞台のギャラをネタにしているたが、今は芸能人の長者番付の上位に位置している。売れている歴代の芸人が吉本のシステムに従ってきたので、今更、変えようがないというか、売れている人達も変えようとする動きはでない。



売れるまでは安い給料で買い叩かれて、売れれば○億円稼ぐこともできる。なんか宝くじみたいですよね。



夢はないがサラリーマンの方は気が楽です。




貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 22:58| Comment(0) | お金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。