2019年06月16日

OA機器取扱センターには気を付けてください




デイサービスには色々な営業の電話がある。大抵は求人案件、水やコーヒーメーカーのレンタルです。余分な経費を遣いたくないので、電話で丁重にお断りをしているが、「OA機器取扱センター」という所から電話が架かってきたので紹介しておきます。



「OA機器取扱センター」を名乗る男性からの電話で、「今、事業所で使っている電話機は何台、メーカーは? 主装置は?」などを聞いてきた。どこの「OA機器取扱センター」かと伺うも、ビジネスフォン全般を取り扱っているメーカーから依頼されて電話を架けているとしか言わない。うちがどこのメーカーを使っているかご存じですかと尋ねるも、それを確認するのが我々の仕事。



何か詐欺的な臭いがしてきた。ここは一つ何も知らないフリをして付き合ってやるかと思いました。



アホなフリをして対応するので、向こうはカモが引っ掛けたくらいしか思っていないのでしょう。なんと、ビジネスフォンを扱っている全メーカーからお金をいただいて主装置の交換を行っているとか。それも無料で交換します。だって、うちはメーカーからお金を頂いているのですからと。



「無料で交換してくれるんですか。ありがとうございます。」と喜ぶと電話の男性も喜びました。やたらと無料で交換してもらうのはラッキーということを前面に押し付けてきます。一歩、遅ければ有償の交換になっていましたよとのこと。



ここからはアホなフリをして私の攻撃が始まります。「メーカー全社からサポートの依頼を貰っている会社なんで大きな会社なのでしょうか?」



「会社名は?」と伺うと、「OA機器取扱センター」です。「株式会社OA機器取扱センターですか?」と聞きなおすと「いや、OA機器取扱センターです」と。



「アナログの人間で、OA機器のことは全く分からないのですが、会社のホームページありますか?と聞くと「ない」との回答。



ビジネスフォンの全メーカーと取引している会社がホームページがない。「それって少し、おかしくないですか?」と聞くと、「全然、おかしくないですよ」と矛盾したことを言う。会社名も名乗れない。ビジフォンや主装置のことばかり気にする。ビジネスフォンのリース営業だと確信した。



この地区一帯を回っている人間がいるので確認させて欲しいとのアポ取りをしてきたので、軽く正論を言うと、ガチャ切りされました。ナンバーディスプレイにフリーダイヤルの番号が出てるのにガチャ切りするとは・・・・



電話の声や話し方からすると、大学生ぐらいでしょうか。若いのに詐欺っぽい営業に加担して可哀相に思った。



テレアポなので時給はいいのでしょうが、メーカーとタイアップしていると嘘をついてまでアポ取りをしてお金を貰うことに罪悪感はないのかな。






貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 11:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。