2019年04月16日

やよい軒のおかわり有料化は悲報




定食チェーン「やよい軒」が16日から、これまで無料だったご飯の「おかわり」を関東の一部店舗で試験的に有料化する。やよい軒を運営するプレナスの担当者が毎日新聞の取材に明らかにした。有料化するのは全国378店舗のうち、東京、千葉、栃木、茨城の4都県の12店舗(約3%)。




おかわりをしている人もしていない人も同じ値段を払うのは不公平とかで有料化を導入するらしいが、やよい軒をこよなく愛する人間として物申したい。



私はやよい軒の白飯が好きで好きでたまらない。



味噌カツに定食を頼めば3杯は食べれる。



吉野家の定食が時間限定ではあるけどおかわり自由にしているのにやよい軒が有料化なんて甚だしい。



時代に逆行しとるやないか。










長男が1歳の時。家計は火の車で2000円を握りしめて、家族3人でやよい軒に行った。



お金がない家族にとって、やよい軒の存在は凄く有難かった。



定食を2つ頼んで、妻と長男は分けて食べる。私はチキン南蛮定食か味噌カツ煮定食で腹いっぱい白飯をおかわりする。おかずがなくなっても卓上の戦士である高菜の漬物でどれだけ食べたことか。



やよい軒の経営陣に物申す。



赤字経営であれば、致し方がない。もし、利益が出ているのならおかわりは継続していただきたい。



今はそれなりの給料を貰っているけど、8年前、9年前はどん底の生活をしていた。そんなどん底生活の人間でも700円とかで、腹いっぱい食べれるというのがやよい軒だった。



格差社会は広がる。私のような人間は日本に少なからずいる。そういった人間を腹いっぱいにさせてくれるのが、やよい軒であることを伝えたい。





貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 23:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。