2019年04月09日

スタッフと話すことが仕事になっている




朝は本社に出勤して、午前は1号店に行って午後から2号店。そして本社に戻って帰宅するコースになっている。



スタッフと喋って1日が終わることが週の半分くらいある。あっち行き、こっち行きしたり、社長がいる本社で勤務していることを大変だと思う人もいるが、私からすると週の半分はスタッフと喋っているだけで給料が貰える感覚。



この仕事量で月給35万円は、実においしい。



2号店は軌道になっていないので、それなりにアドバイスをしたりするが、1号店に関しては私が何も言わなくても売上が立てれている。私が居なくても回る組織の完成。



2号店も1号店のようになってほしい。そうなったらわざわざ現場に出向かずに電話で指示が出したり報告を受けたりできるので合理的。



年金が当てにできないこと、退職金がないことを考えると、最低30年は働かないといけない気がする。



長いサラリーマン生活を送る。いかに体力や精神を消耗せずに働くことを考えないといけない。






貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 23:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。