2019年03月20日

小学校の時は半ズボンを強制された




今日は小学校の卒業式なのか、至る所でお洒落をした小学生が歩いていた。袴やドレスを着飾っている女の子もいれば、スーツを着る男の子。女の子は、それなりの見栄えだけど、男の子はスーツに着られている感じがしてホッコリした。



私が小学校の卒業式は27年も前になる。小学校の担任の先生は半ズボンを推奨する先生で、男は半ズボン、女の子はスカートだと決まっていた。



長ズボン履きたいときは、わざわざ連絡帳に理由を書いて長ズボンを履くことが許される環境だった。例えば、風邪気味なので、長ズボン履かせてくださいみたいな。



だから卒業式も半ズボンでお洒落をした記憶はない。










私が小学校を卒業したのは、1992年。バブルが弾けたとはいえ、景気は今より良かったはずだが、担任が変過ぎた。半ズボン以外にも1年中に半袖で過ごす人を褒める風習があって、年がら年中、半袖で登校する生徒が多かった。私は風邪をひきたくないので厚着してましたが、ジャンバーを着る人を叱責するような担任。



バブルの余韻が残る時代なのに他の学年と比べて貧乏くさい恰好ばかりした生徒がいた変なクラス。だから小学校の卒業式では、ほとんどの生徒があの変な担任から解放されるという気持ちで、感動して泣く人なんていなかったように思います。






貧乏日記 ブログランキングへ






posted by トモ at 23:20| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トモさん

→確かに私の小学生の時は、真冬でも毎日半袖半ズボンって言う男子が何人もいました。「子供は風の子」と言う担任も多かったです。現代では虐待にならないんですかね?(笑)

私も小学生の時の卒業式は従兄弟からの御下がりのジャージを着ていたように思います。
現代のような小学生でもスーツと言うのはあり得なかったですね。
Posted by たか at 2019年03月22日 04:47
>>たかさん

時代は変わりましたね。今のご時世、なんかあると先生は虐待と言われるし、モンスターペアレントも多いですので先生の立場は弱くなります。
Posted by トモ at 2019年03月22日 21:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。