2019年03月20日

退職金のない中小企業に勤める人間の悩み



不動産の家賃収入で暮らしている親戚がいます。月に200万ぐらいあると言っていたかな? 税金の支払いが大変だと嘆いてはいましたが、羨ましいと思いました。



不動産などの不労所得があれば精神的に楽になると思います。月200万とは言いません。労働だけの収入だけではなく、不動産の家賃収入や株の配当などで年間100万あればいいなと思います。



私の場合、月に30万も入ってくれば、今の仕事が疎かになります。今は眠たくても目を覚まして出勤してますが、月30万あったら今日は休むかと、ズル休みしそうな気がします。



理想は月に8万ぐらいですかね。それぐらいの金額だったら仕事で手を抜いたりしません。










年間100万の不労所得があると、10万ぐらいは税金で持ってかれるのかな? 手取り90万として20年貯めれば、1800万円になって退職金の代わりになる。退職金がない会社に勤めていると、老後が心配になります。公務員だったら退職金ウン千万とかあるし、介護でも規模の大きい法人だったら退職金や年金がいいと聞きます。



退職金がなければ、定年を迎えても75歳ぐらいまではアルバイトをしたりして食つなぐしかない。年金が支給されても生活できるくらいの金額は貰えない。



介護に関わる仕事をしていて不謹慎かもしれませんが、自分は70歳くらいでぽっくり行きたい。人生100年時代とか言われていますが、長生きをして得することなんかない。特に寝たきりになってまで生きたいとは思わないです。



だから定年を迎えた時に1000万円でも手元にお金があれば違ってくると思います。心に余裕ができます。



話は変わりますがYOUTUBEで無職の50歳男性が貯金を切り潰して生活する動画を上げています。今は残高1000万円あるかないかぐらいです。



半世紀生きたからもう働きたくないというキャッチフレーズで動画が始まります。特に面白い動画ではありませんが、家賃、生活費を含めて月に30万円ペースでお金を遣っています。働いていないので月30万ペースで遣えば3年後には0円になり破綻しますが、月30万円ペースでお金を遣っています。



1000万円あるので心に余裕ができているのか、それとも破綻した時に生保などでお世話になろうという魂胆があるのかは分かりません。



ただ、働いている人並みにお金を遣っています。



私は貯金が1000万円あって余裕があるのだと、思っています。たぶん、貯金残高が300万円を切ったりしたら節約したりして破綻を延命したりすると思います。







貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 00:29| Comment(0) | ワーキングプア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。