2019年03月17日

子は鎹(かすがい)は身に染みる言葉である




子は鎹(かすがい)という言葉がある。



鎹(かすがい)って何?と思ってはいたので、調べてみました。



両端の曲がった大きな釘ってこんな奴。



que-1433781729.jpg




ついでに子は鎹の意味も



子は鎹(かすがい)

夫婦仲が悪くても、子への愛情のおかげで夫婦の縁を切らずにいれるということ。 子が夫婦の縁を保ってくれるということのたとえ。 「鎹(かすがい)」とは、材木と材木とをつなぎとめるために打ち込む、 両端の曲がった大きな釘のこと。

引用元:故事ことわざ辞典





私が結婚生活を続けられているのをも二人の子供がいるからで、子は鎹(かすがい)は身に染みる言葉です。



仕事、家庭とか関係なく、嫌なことがあっても無邪気な子供の顔を見ると忘れる。妻のことは置いておいて、子供は私が生きる原動力となっている。



これからも妻と喧嘩したり言い合いになることがあると思いますが、子供のことを優先に考えていこう。





貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 23:30| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トモさん

→結構、夫婦喧嘩の日数が長いですね。
凄く気になっているのが、子供が居なければ離婚するような投稿です。
何が原因なのか?お聞きもしませんし、聞きたくもないですが、
喧嘩って、普通はどちらかが折れますよね?それがないんですか?
毎日奥様との雰囲気が悪いと子供さんがかわいそうですね。
大丈夫なんでしょうか?心配です。
Posted by たか at 2019年03月19日 15:13
>>たかさん

喧嘩というかギクシャクしているだけです。
妻にとっては何気ない一言だったのかもしれませんが、私にとってはかなり頭にくることです。
子供の前では普通なので気づいていないと思います。
Posted by トモ at 2019年03月19日 21:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。