2019年03月07日

貯蓄ゼロが23パーセントという事実




 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が発表した「30代・40代の金銭感覚についての意識調査2019」によると、30代・40代の貯蓄額 「貯蓄ゼロ」がは昨年比6ポイント上昇の23%になり、平均額は52万円減少していることがわかりました。


 現時点で、どのくらいの貯蓄ができているか聞いたところ、「0万円(貯蓄ができていない)」が23.1%となったほか、「1万円〜50万円以下」(24.6%)にも回答が集まり、100万円以下までの合計は60.5%となり、貯蓄額が100万円以下という人が多数派であることが伺えました。

 他方、「500万円超〜1千万円以下」(8.0%)や「1千万円超」(9.8%)との回答もそれぞれ1割程度みられ、貯蓄額の調整平均(※3)は195万円に。これを昨年(2018年)の調査結果と比較すると、貯蓄ができていない人(「0万円」)の割合は、2018年17.1%→2019年23.1%と、6.0ポイントの増加となりました。




妻のへそくりを入れなければ、「1万円〜50万円以下」(24.6%)に当てはまります。



たぶん、妻は300万ぐらいのへそくりがあると思いますが・・・・・



私は確実に貧困の部類に入りますが、格差社会がこれかれも続き、富裕層と貧困層の二極化になるのが予想される。



貯蓄ゼロが23%いるの数字を見て安心するのか、努力して1歩でも富裕層に近づきたいのかで、これからの自分の立ち位置は変わってきます。




貧乏日記 ブログランキングへ





posted by トモ at 22:41| Comment(0) | ワーキングプア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。