2019年03月07日

3年前を懐かしむ



3年前にこんあ記事を書いています。



貧乏を楽しんでいます




3年前は16万もあれば、家族4人が生活できる。余裕を持たせて20万あればいいとか。手取り27万円になっているのに余裕がないのは何故だろう?確かに家賃は4万ぐらい上がったけど、お釣りがくるはず。



子供が年々、大きくなっているので生活費も比例して上がっていると思っておこう。



お金のことは置いておいて、3年前は夫婦仲は良かったです。夫婦で協力してやっていたのを懐かしく思います。



いつからこんな風になってしまったのか?



いきなり溝ができたのはなく、少しずつ夫婦に溝ができていたのだけど、私が気づいてなかっただけなのかもしれません。



女性って、小さな変化に気づいて欲しいですよね。



職場で女性スタッフが髪形を変えたりしていると、「似合っているね」と声を掛けると喜びます。



ここ3年、妻にそういったことを言ってなかった気がする。



10年以上居れば、そうなるものだと思ってはいましたが、それは私の勝手な思い込みだったのかもしれない。



修復するのは時間がかかりそうですが、少しずつコミュニケーションを取ろうと思う。





貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 01:53| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トモさん

→想像以上に喧嘩の溝が大きいんですね。
まず解決策としては、会話より外食ではないですか?うまく行けば旅行?
トモさんの予想だと離婚まで行きそうな喧嘩なんですか?

Posted by たか at 2019年03月07日 06:06
貧乏で大変な時は手を取り合って二人して頑張ったけれども、生活が安定するにつれマンネリや不満が出てくるものです。貧乏時代を懐かしく思えるのは悪いことではありません。幸いお宅様には2人の子供に恵まれている、子供たちの将来を夢見ながら夫婦協力して荒波を乗り越えていってください。
Posted by シニア at 2019年03月07日 16:46
>>たかさん

さすがに離婚という選択はありませんが、次男が成人すると可能性は上がりそうです。
私の遺族年金目当てで結婚生活を続けてくれればうれしいのですが。
Posted by トモ at 2019年03月07日 22:43
>>シニアさん

仰る通り、子はかすがいの意味が凄く理解できるようになりました。
Posted by トモ at 2019年03月07日 22:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。