2019年02月25日

夫婦仲に亀裂ができました




最近、妻と言い合いになることが増えました。教育についてやら、子供と過ごす時間をもっと作って欲しいとか、家庭的ではないと言われて、挙句の果てには給料が安いとまで言われて、かなりむかついています。



「給料が安い」は言ってはいけない言葉だと思います。



妻が子育てに専念するために、身を粉にして働いてはいるつもりでしたが、妻には分かってもらえてない感じです。



「誰のおかげで生活できているねん!」と、言いたいところでしたが、転職に関して散々、迷惑をかけているので堪えました。



一方的に言われると、「離婚」の二文字が頭を過ぎります。



仲の良い夫婦が別れるのは、こういう些細なことから離婚に発展するのだろうと思ったり、なんで結婚したんだろうと考えてしまう。



子供が二人いるので離婚することはないですが、次男が成人を迎えてこの状況が続くのであれば、可能性はあるかもしれません。



子供のことを第一に考えて、一方的に言われるのは一時的のことだと解釈します。



妻とはあまり接点を作らずに当たり障りなく生活していこうと思います。





貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 22:56| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トモさん

→僕ら夫婦も喧嘩はしますが、僕が絶えてます。
やはり「離婚」と言う言葉は頭をよぎります。
妻は、もう1年半仕事をしてません。家事をしたいと言っていたのに実際は遊んでいます。

僕は仕事の毎日、たまに行くパチスロも負けまくり、これも妻から言われてます。
パチスロで負けるんやったらそのお金で旅行へ行ける。とか、僕の趣味やプライベートまで批判する。結局は、こちらが悪くなくても謝罪して終わりです。

うちは子供がいない分、身軽ですし、旅行も半年に一度行きます。
去年は10月に琵琶湖へ、今回は5月で下呂温泉へ行きます。
これでも、妻は遊び足らずです。

そんなの僕が切れたら離婚なんて目の前になるのでなるべく喧嘩をするときは、
僕が席を外します。
Posted by たか at 2019年02月26日 04:55
>>たかさん


同じく耐えてばかりです。
自分が我慢すれば丸く収まると考えています。

仕事は珍しくうまくいっているので、家庭もうまくいってほしいとこです。
Posted by トモ at 2019年02月26日 22:19
現代は金銭第一主義の様相です。奥様は他所の家庭の話とかテレビや雑誌で紹介されるセレブ生活みたいなものに感化されてしまったのかも知れません。亭主に仕事があって、浮気もせず働いて家族を養ってくれることぐらいでは満足も幸福感も得られないのでしょう。平穏な暮らしが続くと、基準が上がってしまうようです。昔の母親はダメ亭主を立て、「他所は他所、うちはうち」「お父さんのお陰でご飯が食べられるんだ」と子供に言い聞かせていたと思うのですが、最早昔話か笑い話になってしまいました。お宅様の生活は登り坂期から平坦期に入ったんだと感じます、とりあえず大変じゃないから不平不満が出て来る。だから危機ではないと考え、とにかく仕事で実績をあげることに集中しましょう。
Posted by シニア at 2019年03月01日 13:11
えええ…この間吉野家の牛丼を食べたいいエピソードを読んだはかりなのに。゚( ゚இωஇ゚)゚。給料安いってのはだめですよね(奥様も本心じゃないはず)
妻の立場から言うと子育ても共有してほしいと思うし寂しいのではないかな。話を聞くだけでもいいと思います。離婚はよぎるのは夫婦間あるあるだけど、素直にぶっちゃけて話し合ってほしいです!
Posted by まきこ at 2019年03月03日 15:45
>>シニアさん

妻の基準は上がっています。

現実を考えるとお金は大事です。
理想だけでは生きていけませんから。

仰る通り、地道に仕事を頑張るしかないです。
Posted by トモ at 2019年03月04日 11:33
>>まきこさん


結婚すると女性は変わるものだと、しみじみ思います。
Posted by トモ at 2019年03月04日 18:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。