2019年01月14日

年収が上がるとモチベーションも上がる



たかさんからのコメントを引用させていただきます。



去年は年収が340万円でした。僕は介護歴7年目でヘルパー2級しか持っておりません。
去年、実務者研修を取りましたので、今年の施設の方針から手当てが5千円確保です。
介護福祉士なら1万円+αらしいです。α(アルファ〜)が気になるところです
確かに、今までに働いた施設では、年収は220万円くらいでした。

昨年、年収が一気に120万円程度上がったせいか、生活にゆとりができました。




年収とモチベーションは比例して上がります。私なんか70万円上がって300万円台から抜け出しただけで仕事を頑張ろうって気になりました。



住宅に興味がないので、高い家賃に住みたいとかの願望はないので、家賃10万3000円に引っ越すのはあまり乗り気ではなかったのですが、10万3000円払っても生きていけるぐらいの給料を貰えて会社に感謝してます。



年収308万円の時は、会社の不満ばかり思っていました。不満ばかり言うと仕事をするモチベーションが下がります。



ただ、生きる為だけに働く毎日。



嫌々、会社に行っていました。



年収が上がるとやれることが増えていきます。例え家賃が4万円高いとこにも住めるし、小遣いも2万円から3万5000円に増える。



小さいことですが、やれることが増えていくと人生が楽しくなってきます。



私の場合、朝7時半に出て帰宅は大体8時間。通勤時間を入れると1日の半分以上の時間を費やしています。



1日の半分以上の時間を費やす仕事を楽しめないと、モチベーションなんて上がるはずがないと思っています。



どうせなら仕事を楽しんで楽しい人生を送りましょう。





貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 23:07| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トモさん

→財布の中身は今までなら1万円しか入っていなかったのが、年収が上がったせいか2万円は入ってます。クレジットカードも持っていなかった人間が車を買った時に持ち出しましたし
気持ち的にモチベーションは上がってます。気持ちにもゆとりができました。

嫁と嫁の両親と夏冬のボーナス時は、外食や自宅で高価な焼肉を楽しみました。
なんやかんやで去年は年間に50万円の賞与がありましたし、今まで賞与なんて一切ない生活でしたので、何と言うか?今の生活が当たり前なんですが、変な感じです。

1か月の給与も今現在は額面25万円(手取り約20万円)くらいは問題なくあるので、以前なら額面21万円(手取り16万円)くらいでしした。


やはりトモさんも言う通り、介護で年収が300万円以上ってあり得ない業界ですので
ホンマにびっくりしてます。賞与があることにより、目的意識でお金を計算できるので
旅行なんかも旅費などもランクを上げて行けますし良かったと思います。

もう一つ言えるなら、今の職場は、老健です。
母体は社会福祉法人ですが、系列には巨大な総合病院、大学、専門学校、幼稚園、福祉施設などなど物凄い規模です。

もちろん、病院が系列にあるので、福利厚生もしっかりしてます。
例えば、自分が病気で系列病院に通院すると、治療費は無料で薬局だけがお金が要ります。

こないだ風邪を引いた時は、薬代だけでしたので660円でした。
これは、エンドレスです。何度行っても、治療費は無料です。
例えば、MRIなどレントゲン、検査系を受けても無料です。

職場のインフルエンザの予防接種も無料、健康診断も無料、
至れり着くせりです。
今までの職場では考えられないお金にまつわることです。

こんな掲載をしたら、法人がバレそうですが(笑)
またまた長文失礼しました。
Posted by たか at 2019年01月15日 02:30
>>たかさん

財布に2万円ていうのがいいですね。
私はスーパーで値段も見ずに6000円ぐらい買い物すると幸せに感じます。

福利厚生いいですね。うちなんかインフルエンザ自腹ですよ。年1回の健康診断だけ無料です

やっぱり、しっかりしている法人は違いますね。


Posted by トモ at 2019年01月16日 19:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。