2019年01月12日

喉元過ぎれば熱さを忘れるの典型



腎機能の低下で2年半前に入院しました。退院してからは降圧剤と食事制限をしてクレアチニンが上がらないように気を付けていました。



人工透析が怖くて食事制限



透析にならないために気を遣っている5つのこと



クレアチニンが1,1ぐらいまで下がって安定してきた。医者からも少しくらいは食べてもいいと許可が出たので、ラーメンを週1で食べ始め。週1でラーメンを食べてもクレアチニンが安定している。そこから我慢していた焼肉やお寿司を解禁。



解禁してもクレアチニンは安定を続けるので食べる量がどんどん増える。退院から2年半経過したところで16キロ増えていることに気づく。



体重が増えると、日常生活で怠さを感じる。



朝、起きるのも辛くてやる気が起きない。



現場に出るのも億劫になるし、仕事でストレスを抱えようものなら炭水化物をドカ食いしてしまう。



仕事はうまくいっているけど、身体は蝕まれている感じがします。



食生活が乱れると、高血圧の心配、頭皮の状態にも悪影響になるので、食生活を見直さないと。





貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 00:19| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。自分も高血圧&腎臓要経過観察者です。効果に疑問を感じながら、医者からの指示なので2種類の降圧剤を服用する身です。2年で16キロ増ですか?ちょっと不安ですね。クレアチニン値って下がるものなんですか?自分の主治医は「一度上がったら二度と下がらないから」と言ってましたが、気をつけさせるための脅しだったのかも知れません。塩分・たんぱく質制限されると、ツマらない食事になります。でも、透析は恐怖ですから我慢です。
Posted by ルーベン・オリバレス at 2019年01月12日 14:58
>>ルーベン・オリバレスさん

クレアチニンは下がりますよ。医師の説明では生き残っている腎臓機能が頑張って動いているとか言ってました。
透析は怖いのでお互い気を付けましょう。
Posted by トモ at 2019年01月13日 10:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。