2019年01月07日

久しぶりに長男のことでも書こう



長男のことを書くと荒らす人間が現れるので触れずにいたが、久しぶりに書こうと思います。



長男は小学校3年で自閉症です。療育手帳を持っていてB2の判定が出ています。支援学校に通っています。得意なことは絵を書くこと。



小学校に上がる時に小学校の支援学級か、支援学校でさんざん悩みました。両方を見学した結果、支援学校を選択しました。同じ年ぐらいのランドセルを背負う男の子を見ては、自分の選択は正しかったのか? と、自問自答した時期もありましたが、振り返って思うと、支援学級で良かったと思っています。



支援学校では個に配慮した支援を受けられます。支援学級が悪いと言っているのではないです。ただ、長男に合っているなと親として思う。



支援学校は生徒8人に対して先生が3人いるので、より細かい所まで見てくれるので、変化があればすぐに電話で連絡してくれます。先生が熱心です。



3カ月に1回は地域の小学校と交流する機会もあります。基本、体育の時間に参加するのですが、サッカーや跳び箱をする姿は楽しんでいる様子が伺える。



長男がどう育っていくのか楽しみです。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 20:57| Comment(0) | 息子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。