2018年12月13日

コミュニケーションを大切にしよう



引っ越しが控えている中、会社でゴタゴタが起きたので自宅へ帰るのが深夜。引っ越しの段ボール詰めはほとんど妻にやってもらいました。



引っ越しが完了しても帰宅時間が遅いので新居で過ごす時間は短い。だからブログもなかなか更新できずにいました。今はゴタゴタが解決の方に向かって20時までの帰宅できて家族4人で晩御飯を食べれるようになった。



会社の騒動に少し巻き込まれた感じになりましたが、今回の騒動で介護ビジネスをする難しさが少し分かったような気がします。



施設などの箱もの商売では独立したくても資金面の問題があってできませんが、小資本で始めれる訪問介護事業ということになると、人ありきの商売。



独立なんて簡単にできます。起業する人が2か月は給料が出ないことを我慢できれば、100万もあればすぐに独立できる。




会社の騒動はコミュニケーション不足が小さな誤解を生んで袂を分かつ原因になりました。コミュニケーションさえ取れていたら未然に防げるはずです。



独立を後押しした人、独立する人を会社から追い出した人などが見え隠れしますが、トップがコントロールしていれば売り上げを持っていかれることなどなかったと思います。



本当に勿体ない



その点、デイサービスでは謀反を起こす可能性は少ない。小さな箱でデイを始めるのに1000万円以上のの初期投資がいります。後、軌道に乗るまでのランニングコストを考えると、よっぽどの自信がないと独立はできない。



エンジェル投資家がいても初期費用、ランニングコストの回収、利益の小ささから見ても投資なんかしない。



どんだけ早くても回収に2年はかかる。



そんなことを考えるとデイサービスの事業は訪問介護事業に比べると安心できる。



安心できるからと言ってコミュニケーションを疎かにするつもりはありません。今回の騒動を教訓にしてデイサービスで人が辞めない組織を作っていければいいと思います。







貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 23:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。