2018年09月25日

竹下家を見ると住宅ローンを組むリスクが分かる



YOUTUBEに大家族の竹下家がアップされていました。削除されても何度もアップされますしアップされると、ついつい見てしまう。



このブログでも2回ほど竹下家を取り上げました。「漂流家族〜竹下家の9年〜」と「安易な転職が失敗だった竹下家」です。



どちらかと言えば、私は竹下家の父親のような人間であります。なんとか仕事は続けていますが、今の仕事を35年続けれる保証はありません。今の家賃とかわらない金額で住宅ローンが組めたとしても、躊躇します。



私も新築一戸建て、分譲マンションに憧れを持ったことがないわけではありません。今でも心のどこかで憧れはあります。でも、安易に35年の住宅ローンなんか組んでしまうと、73歳まで返さないといけません。死んだらチャラになる保険があるようだけど、住宅ローンを組んでしまうと無駄に長生きして返済に追われてしまうのではないかと不安になるのです。



竹下家の身内の方に非常に失礼になりますが、竹下家の父親はアホだと思います。過疎地に借金2000万円して一戸建てを建てるとこや、仕事が嫌になり、仕事を辞めて埼玉に行って二重ローンのような生活を選択するとこです。



初めから二重生活なんかうまくいかないことなんか分かります。ただ、目の前の嫌なことから逃げたいがために無職で埼玉に行っているだけ。結果、保証人の桜庭さんに迷惑をかけただけ。



無計画な父親の為に子供も高校を辞める羽目に。



自分のプライドが許さないと仕事をすぐに辞める父親。しょうもない見栄で一戸建てを建てたことが不幸の始まりです。



私も持ち家に憧れがないわけではありません。竹下家を見て、身の丈に合った住居にすまないといけないと思います。






貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 22:55| Comment(2) | 大家族の番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。私はなぜか2019年の元旦早々からYOUTUBEで竹下家を見てしまいました。
いつもの習慣でパソコンを立ち上げたら、YOUTUBEのお勧めに出ていたので、つい…。
なかなか衝撃の番組でした。衝撃過ぎて他サイトの感想まで読みにいってます。

あの北海道の一軒家、2018年11月の情報で、今も中古物件として売りに出ています。
築15年で1680万円だそうです。

ビッグダディの奄美行きがテレビ局主導だったと聞き、こちらも「もしや最初から最後までやらせでは?」と疑いつつ見ていたのですが、物件がある以上は、桜庭さんのローンひっかぶりも実話なんでしょうね。

その旧竹下邸ですが、2階に8畳間が4部屋もあって、当時の8人家族&娘たちが大きくなる過程ならちょうどいい広さなんですけど、10もたてば娘たちはいなくなるのに、残った老夫婦だけであの広さの家ってどうだったんでしょう。たまの里帰り用のゲストルームにするにしても。
長々と失礼しました。
Posted by なな at 2019年01月02日 12:02
ななさん


家を購入する場合、子供が巣立った後のことを考えないといけません。
うちは賃貸なので、子供が巣立ったら妻と2DKぐらいのアパートでひっそり過ごしたいと思っています。

保証人の桜庭さんは可哀相です。埼玉にUターンで帰ってから一度もローンを払わない人間の気がしれません。
Posted by トモ at 2019年01月03日 13:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。