2018年09月30日

金がなかった頃はやよい軒にお世話になった



台風が来るので家でゴロゴロして過ごしている。暇なのでYOUTUBEを見てダラダラしていたんだけど、ユーチューバーがやよい軒で何杯ご飯を食べれるかという動画を上げていて、それをボケーっと見ていた。



お金がなかった頃、たまにの外食が、やよい軒だった。やよい軒は独りで食べに来る人が多く、家族で食べているのは私らぐらい。長男は小さかったので妻が頼んだ定食を二人で分けて食べ、私はチキン南蛮定食か味噌カツ定食を食べていた。



ご飯のお代わりが無料なので、チキン南蛮一切れと漬物で白飯1杯を食べる配分。無料であることを最大限活かして白飯4杯は食べていた。



白飯は腹持ちがいい。お腹が満たされると、人間幸せな気持ちになれる。



やよい軒は、ワーキングプア一家の強い味方だった。



今は、そこそこ収入が増えたので、やよい軒に行く機会がなくなった。また、家族でやよい軒に行ってお腹いっぱい食べたい。





貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 14:45| Comment(0) | ワーキングプア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。