2018年07月30日

3カ月のブランクを実感




現場を3カ月離れると、利用者との接し方を忘れているというか、「どうやってたかな?」 と、戸惑う。



たった、3カ月離れているだけで、感覚が鈍くなるものです。ボクサーは、一日練習をサボるとそれを取り戻すのに三日かかるとか聞いたことがあるけど、本当にその通り。



現場に出た時は身体の疲れ方が違う。家に帰宅して2時間ぐらい寝てしまう。時にはそのまま朝まで寝ることも。身体が鈍っている証拠です。



私の場合、疲れていると鼾をかくのですが、妻に聞くとかなり大きめな鼾をかいているそうです。



施設勤務時代の夜勤明けはしょっちゅう鼾をかいていましたので、久しぶりに鼾を聞いたそうです。次男は「うるさい」と身体を揺するらしいですが、私は気づかず鼾をかき続けているそうです。



完全に身体がなれるまで1か月ぐらいかかりそうです。






貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 22:57| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。