2018年07月27日

介護保険料滞納で差し押さえが過去最高



 介護保険料を滞納し、市区町村から資産の差し押さえ処分を受けた65歳以上の高齢者が2016年度に全国で約1万6千人となり、過去最多だったことが26日、厚生労働省の調査で分かった。高齢者の増加や保険料の上昇で支払いに困る人が増えているとみられる。

 543自治体で1万6161人が差し押さえ処分を受けた。厚労省によると、大阪市の872人が最多。千葉県習志野市、広島市、長崎市、横浜市と続いた。

 65歳以上が支払う介護保険料は原則、公的年金から天引きされるが、受給額が年18万円未満の場合は自治体に直接納める。差し押さえを受けた人は直接納付の人がほとんどとみられる。




年金収入のみで生活している人にとって介護保険料は負担になる。70歳過ぎてもアルバイトをしている人は立派に思う。



生活保護受給資格があるが、生活保護を受給するのに抵抗があって受給しないで頑張って働く人が介護保険料を滞納で財産を差し押さえられるのは不憫でならない。



のうのうと生活保護を受給してパチンコ屋通いしている人が、介護保険料の負担なし、介護費用の負担もないのはいかがなものか。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 05:33| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。