2018年07月16日

ちゃんこ料理店で起こった不憫でならない事件




昨年12月、滋賀県草津市のちゃんこ料理店経営、糸岡真二さん(60)が客に因縁をつけられ、暴行を受け、殺害された事件。先月29日、傷害致死容疑で滋賀県警に逮捕された不動産仲介業、浜野慶治(46=草津市)と土木作業員、関一也(45=大津市)両容疑者のえげつない犯行の様子が明らかになった。




アルバイト従業員の雑炊の作り方に因縁をつけて2時間に渡って殴る蹴るの暴行。糸岡さんは午前4時20分、搬送先の病院で左右肺損傷により死亡した。滋賀で数店舗ちゃんこ料理店を経営していたが、店は閉店した。



糸岡さんもそうだけど、残された家族も不憫でならない事件。



私は仕事柄、高齢者と接する。元ヤ〇ザで身体に絵が描いている人を介護したこともある。人を殺して20年刑務所に入っていたとか武勇伝を聞かされたことがあるが、のうのうと生活保護を受給して暮らしている。



一生懸命に働いて国民年金を納めた人より、人の命を奪って刑務所で服役していた人間のほうが、優遇されている現実。



不動産仲介業、浜野慶治(46=草津市)と土木作業員、関一也(45=大津市)両容疑者も刑務所に入って出てくるときは60歳ぐらい。働けないし、生きていくには生活保護を受けることしかできない。





貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 23:28| Comment(0) | 生活保護問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。