2018年06月30日

亡くなった故人に請求するハイエナNHK




何かと問題になっているNHKの受信料問題。受信機があり視聴していたら払わないといけないのはもちろんだが、見てない世帯や受信機すら無いのに強引に契約させようとして日々被害を訴える人が後を絶たない。NHK側も受信料をより多く取れるようにネット接続環境があれば取れるように検討しているとのことだ。

そんなNHKにまつわるツイートが問題となっている。

亡くなってから何年も経つ母親宛にNHKから未払い分の受信料の督促状が届いたのだという。家にはもう誰も住んでおらず、屋根にはBSすら映らないVHFアンテナしかない。NHKにこのことを電話すると仕事の分まで払えの一点張りだという。更に転居先の情報を全部渡さないと解約手続きができないとまで言われた。

転居先の情報を渡したら渡したで新たに受信料を払えと言ってきそうなものだが。

今回の問題に対してツイッターでは「色々調べましたが、同じような人がいらっしゃるようですね…」、「全く同じ経験をしました」、「5年無視したら時効成立します」という意見が投稿されている。

これから高齢化社会がすすみ、同様の問題が更に多くなりそうだ。私はNHKが好きなのであえて受信料を払っているが、見てない人まで払わされるのは納得がいかないだろう。もちろん見ていたら払う義務が生じる。

見ていても払わずに督促状を無視し続ければ裁判沙汰となるだけである。そんな面倒に巻き込まれるなら受信料をさっさと払ってしまい、受信機出来る環境を家から無くして解約するのが一番だろう。





振り込め詐欺ぐらい悪質な話。NHKは契約者があの世でも放送を見られる様に設備を整えてくれるのか? 一人暮らしをしている高齢者の方が亡くなると、NHKを解約することはできない。



うかつにNHK契約すると死んだ後に血のつながる身内に迷惑がかかる。



こういった問題を解決するには見る人だけから徴収するペーパービュー方式にすればいい。



でもNHKは収入が減るから絶対にやらない。無価値の物を国民に押し付けて国民が嫌々支払っている人が多いのが現実。



NNKの年間の収入は7000億円を超えている。職員の給料も高給で贅沢三昧。そして職員から犯罪者が出ても報道しない。



一層のこと国営放送にして受信料収入が国庫に入るようにすれば良い。





貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 22:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。