2018年06月18日

理不尽な嫌がらせは相手にしないほうがいい




数日前にある方からコメントを頂いた。コメントを承認しないで欲しいと希望されていたので、詳しくは書かないが、とあるの施設で働居ている方で理不尽な嫌がらせを受けているとのことだった。デイのスタッフにも同じような経験をしている人もいれば、私自身も同じような嫌がらせを受けたことがある。私もデイのスタッフも転職することで回避した。



そういう会社の経営者はアホが多い。現場を問題のある人間に管理者を任せて自分はノータッチ。離職率が高かろうが、募集したらよいという考え方で、何年も同じ規模で経営をしている。そんなとことは早く縁を切って新しい職場を探すのが一番。




私は、ちょうど2年前に退院してから訪問介護事業所のサ責に腰掛のつもりで入社した。トントン拍子に物事が進み入社2年足らずで係長に昇進。現在は2店舗目のデイのオープンを予定している。傍から見れば、順調なサラリーマン生活を歩んでいるように見えるかもしれないが、気苦労が多い。4月から本社で勤務、月末は実績の関係でデイサービスで勤務する。ほとんどが本社勤務なので本社にいる時は気を遣う。ぶっちゃけ、私のことを良く思っている人は少ない。今回の昇進したのも役員の判断。私に近い立場の人間は、私の出世を疎ましく思っているのが伝わる。



でも、妬みなんて余裕で乗り越えれる。介護の現場で理不尽な嫌がらせを受けていた時期と比べると屁とも思わない。数カ月という短い期間だったが、会社に行くのが嫌で嫌で顔を見るだけでも胃が痛かった。



今では、あの経験があったから辛いことを乗り越えれる糧になっているが、あの時は辛かった。



職場で人間関係、理不尽な嫌がらせを受けている人は一刻も早く転職をした方がいい。我慢していると、身体が持ちませんから。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 21:58| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。