2018年05月27日

若い世代の台頭




2018年5月25日、WBA世界バンタム級タイトルマッチが行われた。挑戦者の井上尚弥は、10年間無敗のチャンピオン、ジェイミー・マクドネルを1RKO勝利で日本人歴代最速となる16戦目での世界3階級制覇を達成した。



バンダム級へ階級を上げたこと。マクドネルが10年間無敗であること。井上が勝つと信じてはいたが、1RでKOするとは想像もしていなかった。マクドネルが10年無敗の王者であることに首をかしげたくなるぐらい井上尚弥の強さは規格外だ。もう、井上尚弥の負ける姿が想像できない。



野球の大谷翔平、キックボクシングの那須川天心、将棋の藤井聡太。どれも今までになかった規格外の結果を残している。



私が20代そこそこの時に、今の私ぐらいの世代に「今の若いものはなっとらん」とよく聞いたものですが、彼らの活躍を見ていると、アラフォーの私はそんなこと言えない。



貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 09:09| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トモさん

→そうですよね?
大谷選手なんて23歳で堂々としてますよね?
藤井棋士も堂々としている。
どちらも緊張は全く感じられないくらいですね。

情けないです。職場で申し送りや会議などで緊張するとは訳が違います。

Posted by たか at 2018年05月27日 10:54
>>たかさん

私も会議で緊張して声が裏返ります(笑)
見た目は図太そうに見られますが、小心者です。
Posted by トモ at 2018年05月28日 21:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。