2018年05月18日

10年前より10年先の自分を想像しよう




30歳になった時に二十歳に頃に戻れないかなと妄想していた。20代前半は定職に就かず、職を転々とした結果、30歳になっても薄給だった。もし、今の記憶、能力で20歳の頃に戻れたらかなりの確率でいい人生が送れると思ったから。30歳で長男が1歳。先行き不安な人生に嫌気がさして妄想することで現実逃避をしていただけ。



妄想することは悪いこととは思わない。妄想することで精神が安定することもある。華やかな人生を妄想すると、気分が落ち着く。気分が落ち着くと言っても、妄想は妄想。妄想して現実逃避したことで妄想が現実になるわけではない。



介護業界に転職して8年目、私は38歳になった。この8年で転職したが、介護という一つの分野で仕事をしている。30歳の頃に10年前の二十歳の頃に戻って人生をやり直したいと妄想したことがあったが、38歳の私は10年前の28歳の頃に戻りたいとは思わない。転職を繰り返してきた割に、中小企業ではあるが係長というポジションで仕事をしている。私からすると身の丈に合った会社に所属して今の暮らしに満足している。28歳の頃より、経済的にも精神的にも安定しているとも思える。



「あの時、ああしてれば良かった」「あの時、頑張たら良かった」過去の出来事を嘆いても戻ることはできない。



だったら10年先の自分の未来を変えよう。10年先に後悔しない人生を送っていようと今は考えている。過去は変えることはできないが、未来は変えることができる。よくある言葉ですが、最近は本当にそうだと思う。10年後、過去に戻りたいと現実逃避する自分にはなっていないようにだけしたい。





今の会社に転職したのは2年前の6月。訪問介護事業所のサ責から始まりデイサービスの立ち上げた。会社からチャンスを貰い、いろんな人達と出会った。デイサービスの立ち上げの時は投資する金額に驚き、自分ではなくて他の人にやって欲しいと思ったことは1度や2度ではない。でも、なんとかデイサービスを立ち上げ、1年で90%以上の稼働で利益の出るデイサービスに成長した。



デイサービス2店舗目の物件が決まった。居抜き物件で1店舗目より低投資でデイサービスを出すことができる。今、うまくいっても必ずうまくいかない時もある。ただ、今やっていることは10年先の自分の未来への投資だと思ってやっていきたい。





貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 23:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。