2018年05月15日

悪質タックルについて




アメフトの試合で日大の選手が関学の選手に悪質なタックルをした問題が波紋を広げている。動画で見る限りは、わざと相手を潰すような悪質なタックルで、アメフトのルールさえ知らない私もゾッとするような光景。


しかも動画から悪質タックルを仕掛けた選手にチームメイトが肩をポンポンと叩いたり、タッチしたりする光景があった。その動画から「よくやった」と肩を叩いているに見えるし、タッチした姿も「ナイス、タックル」といったような感じに見えた。



たぶん、チーム内で悪質タックルを容認していて、最初から関学の選手を潰すつもりだったのだろう。



ワイドショーなんかで再三、取り上げられるものだから悪質タックルを仕掛けた選手の名前、顔写真をネットで公開されている。悪質タックルの彼は、たった1試合の反則行為で世間に極悪な人間だと晒されることになった。



勝つため、監督の指示など、いろんな見方があるがあそこまで名前や顔写真がネット上に流失してしまうと、彼の今後の人生に少なからず、影響がでる。



一生にネットに残る。今後のアメフト人生もそうだけど、就職するときに人事がネットで検索したら悪質タックルの彼にヒットして、数年前に悪質タックルをした子というレッテルが貼られる。



平気で反則をする人間を人事が採用するだろうか? 私なら採用しない。彼の将来を考えると、正直に話して謝罪したほうがいい。



監督の指示でやったのであれば、責任は監督にある。






貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 22:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。