2018年04月16日

老いることを考える



介護業界に転職して8年目の春を迎えた。7年間で有料老人ホーム、訪問介護事業所、デイサービスと渡り歩いてきた。7年前は仕事内容を覚えるのに必死で日々の業務に追われていたが、今は少しばかり考える余裕がある。それぞれ仕事内容は変わってくるが、介護をするということに関しては同じで、仕事内容は違うといえど、人間同士の付き合いは共通する。


デイサービスで利用者様と挨拶をする。1年前と同じように元気な人もいれば、この1年でガクッとADLが落ちた人もいる。施設に比べてデイサービスは比較的に介護度が重い人は少ないが、「老いる」ということを少しばかり考えるようになった。


アラフォーなので、自分自身が急激に老いるということを実感することはないが、成長というのは一歩一歩,
老いに近付いている。


歩けたのに今は車椅子がないと生活ができない。そんな感じで自分もできなくなることが増えていくことに少し、恐怖を感じたりする。


老いることと向き合って生き.なければいけない。



貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。