2018年04月08日

デイサービスの数字



会社の決算で前年度より6000万円の売上減となった。うちの規模で6000万円減は見過ごせる数字ではない。本社会議では役員から叱責が飛んだ。怒られ慣れていない人は戦々恐々としていたが、私はどこ吹く風と、いつも通りに過ごした。


今時、体育会系は古臭い。しかし、私は体育会系は嫌いではない。気合や根性で乗り切れるわけではないが、ああいった縦社会は時には必要だと思う。


その本社会議で各々の事業所に売上の目標が課された。ちなみにデイサービスには、年商4000万円、利益1000万というノルマだった。他の事業所の管理者は、現状のままでは達成不可能な数字で、無理だという顔をしていた。


現状で達成できるのは恐らく3拠点のみ。


私が所属するデイサービスの年商4000万、利益1000万は達成できない数字ではない。月商すると334万、月の利益84万出せれば達成できる数字で達成できる3拠点の一つ。


私は、主に管理業務(お金・人・物)に9割の時間を割いている。株式会社なので運営を継続するためにも数字を作ることを求められている。


利益を出し続けるデイサービスであり続けるためにも、管理業務に力を注いでいきたい。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 14:51| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以前は現場に出ない管理職は駄目みたいなこと言ってたような
Posted by 休業中の介護士 at 2018年04月09日 06:22
>>休業中の介護士さん

1割は出てますよ
Posted by トモ at 2018年04月09日 10:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。