2018年03月31日

日本の人口が爆発的に増えることはないので賃貸派でいきます



5年前に「賃貸か持家か」の記事を書きました。手取り18万円で家賃8万円のマンションに住んでいるので、将来的に自分の物になる持ち家の方がお得なのかなと書きました。



ゾッとする日本の未来年表2033年 全国の住宅の3戸に1戸が空き家になると書いている。






未来の年表は日本の人口、それに対して住宅の数を考慮して書いているので大きく外れることはない。そういったことから15年後は賃貸で借りる方がお得。2018年の現在でも新築住宅、新築マンションは建設されている。需要があるから建設されているが、住宅に関しては将来的には供給過多になる。


2033年は15年後の話。今は部屋を借りる人より貸す側の大家の方が強いが、3戸に1戸が空き家になる15年後は、借りる人の方が強い時代が来る。


死ぬまで賃貸の物件を転々とするのが賢いのかもしれない。



貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 22:31| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
我が家も賃貸です。うちは夫がのほほんと現状だけ見つめて生きてるタイプなので、「将来の住まいを確保するためにマイホームを買おう」とは言わないと思います。

周りの子持ちは持ち家が多いし、私は持ち家に住んだことがないので憧れもあるし、「持ち家は一種のステイタス」という風潮もあるのでので羨ましいと思いますが、「日本の未来は空き家だらけになる」という話を聞くと、賃貸派のほうが賢いのかなとも思います。子供が巣立って夫婦二人になったら広い家は必要なくなりますしね。

今は都会に住んでいますが、夫の定年後は二人でのんびり田舎暮らしもいいかもなと思っています。田舎だと家を買うにしも借りるにしても安いですもんね。
Posted by 星羅 at 2018年04月01日 02:46
コメント失礼いたします。

私は大家なのですが、大家は辞めて置いた方がいいと思いますね。少子化もありますしリフォーム代や修繕費等で満室でもそれほど儲かりません。実感としてお勧めできません。

持ち家か賃借がいいかは本人のライフスタイルの問題ですから、結論は人によって違いそうです。半年ほど前、私の家の隣の家が売りに出されていました。転勤で住む予定がなくなったので売るしかなくなったみたいです。この人の場合は賃借にすべきでしたね。

ただ、すぐにその家は購入され入居者が決まりました。気に入って住まれたのならいい買い物なのではないでしょうか。人それぞれですね。
Posted by 訪問者 at 2018年04月03日 09:36
今年末頃に注文住宅を建てる予定です。東京駅まで通勤圏内の駅から徒歩圏内。価格は総額3800万。私一人では無理なので妻と合算でローンを組みました。
これからの時代、持ち家より賃貸の方が金銭的には特ですが、家を建てることによって得られる快適感や「ローンがあるから頑張って収入をあげよう」というモチベーションのメリットを考え購入に至りました。
金額が金額なだけに出産後も妻が働くこと、家事を折半することを条件としています。
35年ローンを組みましたが、定年までに返済予定です。

頭金400万(妻と貯めた貯蓄や結婚お祝い金)、世帯年収850万(妻が育児休暇等の時は700万程)、車は軽自動車1台、親から1千万の相続等でなんとかやっていけるかなと考えています。
とりあえず働き続けられるよう健康管理をすること、今の職場で働き続け定期昇給せさていくことが目標ですね。
Posted by 峰不二子 at 2018年04月05日 11:21
>>星羅さん


日本人にとって持ち家はステイタスですが、空き家が増えることで変わっていくと思います。
20年、30年先に後悔しない人生を歩みたいです。
Posted by トモ at 2018年04月05日 22:42
>>訪問者さん

大家さんですか。羨ましいです。
買えない人間のやっかみに聞こえるかもしれませんが、賃貸で行こうと思います
Posted by トモ at 2018年04月05日 22:44
>>峰不二子さん

日本人にとって持ち家はステータスです。私も結婚した当初は、マイホームを夢見ていましたが。叶わぬ夢になりました。

日本の未来を考えると、今のままでいいかと思っています。
Posted by トモ at 2018年04月05日 22:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。