2018年03月27日

シャアハウス投資の崩壊



シェアハウス投資トラブルの動画を見た。「家賃保証」という甘い言葉に誘われて億単位の借金をしてシェアハウスを建てるも入居者がゼロ。入居者がいなければ、家賃保証を約束した会社もオーナーに家賃が払えず資金がショート。億単位の借金だけが残るという内容だった。


番組では供給過多が原因と言っていたが、販売会社はだいぶ利益を乗っけてシャエハウスを売りつけている。これが数億円する物件かと、疑うような建物だった。


ぼったくられた建物を売りつけられたら、家賃も相場より高くなる。狭い部屋に7万円も払う人はいないので、1年経っても入居者ゼロには納得。今どき、利回り10%、30年間保証の投資話などない。普通に考えれば、初めはうまくいっても途中で行き詰まることは予想できる。今回のシェアハウス投資は初めからコケていたんだけど。


いくらオーナーが話が違うと言っても、建物のローンが払えなくなると、任意売却せざる得ない。


1億円で購入した入居者ゼロの物件はいくらで売られるか?


都内にあるシャアハウスを安く買い取って、介護ビジネスをする会社が出てくるかもしれない。




貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 22:52| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。